映画の感想

    「ドイツ零年」見た

     ←「戦火のかなた」見た →海外ミステリ14位 火刑法廷 ジョン・ディクスン・カー
     ブログDEロードショーに参加するため、「無防備都市」「戦火のかなた」と続くロッセリーニ監督の三部作の最後、「ドイツ零年」を見た。

     これまたすごい映画だった。主人公の少年を取り巻く環境がこれでもかこれでもかとばかりに悪化していくのだ。

     家族にも合わせる顔がなく、周囲の人間たちからも仲間に入れてもらえず、ただひたすら廃墟のベルリンをさまよう少年の孤独は、ロッセリーニ監督が見た戦後のドイツそのものだろう。冷徹なまでのカメラワークが、その絶望感を引き立てる。

     無言の彷徨の末、いささかの救いもなく終わる結末。

     暗いにもほどがある映画なのだが、見た感想としては、「面白かった」である。

     なんというか、ね、もう、ね……主役の少年がね……。共感できちまうんだよなあ。

     自分が十二歳の少年だったとして、あの立場におかれて同じようなことをしないといえるか、と聞かれたら、たぶん無理です、と答えると思う。

     あれから七十年経った今でもこう心に響くのは、人間が持っている『危うさ』というものをきっちり捉えているからだろう。

     われわれは皆、多かれ少なかれ、あの少年と同じような少年期を過ごしてきたのだ。そしてわれわれがここで普通に生きていられるのは、単に運がよかったからにすぎないのだ、そんなことを思った。

     ……だが、冷静に考えてみると。

     一連の不幸のそもそもの原因はカール兄さんにあるのではないか?

     きみが捕虜収容所での死に怯え、引きこもっていたせいで、家族はじゅうぶんな収入もなく配給切符も足りず……。

     え……。あ……。まあその……。

     人を責めるのはやっぱりよくないね。とほほ。
    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【「戦火のかなた」見た】へ  【海外ミステリ14位 火刑法廷 ジョン・ディクスン・カー】へ

    ~ Comment ~

    Re: LandMさん

    口の悪い人は「敗戦に救いはない」というところですが、

    国の末期はたいていこういうものです。

    無理をしないで健康管理をしっかりするのが長寿の道ですが、

    なんか今の日本は自分から進んでドリンク剤呑んでカゼでも会社へ行くみたいな外交しているからなあ。このままほっとくと肺炎になっちまうんじゃないかなあ、とぶつぶつと深夜。

    NoTitle

    戦争に救いはない。
    ・・・ということを表すには十分なんでしょうね。
    そういうことはポールさんの文章からも伝わります。

    Re: miss.keyさん

    性格的にはこの映画の主役の少年、家族のことを考えてなんとか家計を支えようとするけなげさにあふれた少年なんですよ。

    それがああいう運命をたどるとは……。

    いい映画ですが、見るにはある程度心に余裕があるか、どうしようもなく沈んでいるかのどちらかであったほうがいいかも、です。

    Re: 宵乃さん

    ええ~、マジでいい映画ですよ。ご覧になっていいと思いますよ。

    78分ですし、内容も、「縞模様のパジャマの少年」に比べればだいぶ明るく……(そうか?(^^;))

    Re: blackoutさん

    絶望感というよりは、「無常感」といったほうが近いかもしれませんね。

    あくまでも淡々と少年の悲劇を描いていきますからロッセリーニ監督。

    また子役が実にいいのであります。


    作中で人が死ぬことでいったら、わたし何回全人類をひどい目にあわせたっけかなあ……(^^;)

    我は如何に幸運に恵まれているか

     時代という格差が有ります。国と言う格差もあります。環境と言う格差もあります。個人的素養の差もあるでしょう。でもまあ、何とか自力で食っていけるわたくしは恵まれてますな。我々とは言いません。他の人の幸不幸は判断できませんからねぇ。

    PS: ところで、何か変なのが涌いてますね。鬼の藤ですか。スパム扱いで良いんじゃないですか。

    NoTitle

    負の面で共感できてしまう作品も案外必要だったりしますよね~。
    自分の中にある切り離せない部分ですから、たまには肯定してあげるというか、誰しもそういう部分はあるんだよと思うことで少し安心できます。
    まあ、今のところ観る勇気はないですが(汗)
    2作品目もありがとうございました!

    NoTitle

    絶望感をかき立てるといえば、自分の小説たちもその部類かも(汗)

    次回作も、人がそれなりに死ぬかもです(汗)
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【「戦火のかなた」見た】へ
    • 【海外ミステリ14位 火刑法廷 ジョン・ディクスン・カー】へ