映画の感想

    「終着駅」見た

     ←旅路より・トミ →海外ミステリ15位 シャドー81 ルシアン・ネイハム
     ブログDEロードショー参加。イタリアネオレアリズモの代表といってもいいデ・シーカ監督によるメロドラマだそうだ。恋愛映画はあまり得意なジャンルではないのだが、90分で終わるんだったらまあ見てみようか、である。「真昼の決闘」と同様、上映時間と映画内の時間がシンクロしている趣向らしい。これなら恋愛映画苦手の自分でもついていけるかもしれない。

     見た。

     面白かった。「感動して涙を流す」タイプの映画というよりは、見終わった後にコートの襟をちょいと立てて哀愁と無常を味わう、そんなタイプの映画である。

     ベタベタなまでの不倫もの。ヒロインを演じるジェニファー・ジョーンズはわたしのストライクゾーンから完全に外れたところにいる顔をしているのだが、「外国まで来て夫と子供がいる身で浮気する女」の生活感と独善性、それでいて妙にモラリスティックな面を見事に演じている。

     こんな女に惚れてしまったイタリア人青年をモンゴメリー・クリフト。こいつがまた情熱的、というより思い込みが激しいやつであった。

     傍から見ていると、「くっついたところでどっちも不幸になることがわかり切っているカップルなんだからさっさと別れちまえ」なふたりなのだが、映画を見るにつれこれは「そうでもしなければ満たされないものを抱えたどうしようもない男と女の話」なのだということに気づき、映画の進行とともに「ふたりを応援してしまう」自分に気がつくという映画なのだ。

     ネオレアリズモの映画らしく、画面からはしっかりと生活感が、いささか過剰なほどに流れてくる。

     こういう「大人の苦み」がぎっしり詰まった映画である以上、別れる結末になろうと結ばれる結末になろうと、「哀愁」と「無常感」しか出てくるわけがないではないか。

     そんな意味も含めて、いい映画である。濃密な90分だった。満足。
    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【旅路より・トミ】へ  【海外ミステリ15位 シャドー81 ルシアン・ネイハム】へ

    ~ Comment ~

    Re: LandMさん

    本人含め関係者全員が不幸になる「愛」ってのもあるよね、

    それを清算しようとすると修羅場になるよね、

    という映画かなあ、皮肉な視点で見ると……。

    NoTitle

    ふっふっふ~~。
    それが不倫なのさ!!
    (´▽`*)

    ってことですね。

    確かに不倫っていうのはどこにいっても損なことの方が多い。
    得することはあまりない。

    だけど、結ばれないと満たされない。
    倫理では説明できない、合理性では説明できない。
    情動という愛がそこにあるってことですね。

    Re: 宵乃さん

    なにせ10枚組のDVDセットを買ったので、見ておくうちに見ておかなければ、と。

    いまのところハズレを引いたな、と思ったのがヴィスコンティの「郵便配達は二度ベルを鳴らす」だけだったので、そのレベルの高さに驚き興奮しています(^^)

    いいなあ映画って。

    Re: blackoutさん

    この映画、主役のふたりがあまりにもどうしようもないので、自分の中の「ダメ性」がそんなふたりのダメダメさをわかってしまうというか、たぶんこれを日本語吹き替えでやられたらわたし最後まで見ていられなかったろうと思います。

    男も女も身勝手で……。

    NoTitle

    >「そうでもしなければ満たされないものを抱えたどうしようもない男と女の話」

    不倫ものは苦手ですけど、そういう視点で観れば案外楽しめそうかも。ポールさんも苦手な恋愛ものなのに楽しめたようですし。
    苦手なタイプも魅せてしまうイタリア・ネオリアリズム…深いですね~。
    4作品目もご参加ありがとうございました♪

    NoTitle

    愛、特に性愛は麻薬みたいなもんですからねぇ(汗)

    え!?

    なんで??

    でも、そこまで相手を想えるならおk

    って感じですしw
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【旅路より・トミ】へ
    • 【海外ミステリ15位 シャドー81 ルシアン・ネイハム】へ