ゲーマー!(長編小説・連載中)

    1976年(3)

     ←海外ミステリ22位 グリーン家殺人事件 S・S・ヴァン・ダイン  →海外ミステリ23位 わらの女 カトリーヌ・アルレー
     麻雀牌。細かいことは修也にはわからなかったが、そのデザインの美しさと、手に持った時のなめらかさは、ゲームには「恍惚感」を覚えるものもあると伝えていた。

     むろん、好奇心旺盛な三歳児がやることは決まっている。親に「遊び方」を聞いたのだ。その結果も決まっていた。三歳児には「理解不可能」な遊びであったのだ。

     1970年代のコタツというものは、今のコタツに比べれば、「風情」というものがあって、天板をひっくり返すと、緑色をしたラシャ……ラシャと呼べたとしたらばの話だが……の面になっていた。

     おもむろにその面を表にした修也の父親は、牌を並べ、修也にはわからないやりかたで牌を組み合わせると、

    「これで上がりだ」

     といった。

     もし、修也から麻雀を遠ざけようと思うのであれば、まさに効果的な一撃であった。修也の心に、「麻雀とは大人にならないとできない、難しくてたいへんなゲーム」という印象が刷り込まれたのである。

     修也に兄弟がいなかったことも、そんな印象の一因だった。四角いコタツのテーブルで三人麻雀をやるのはかなり困難な話だったし、三人麻雀のルールも、そのころは一般的ではなかった。インターネットなど存在しない時代である上に、修也の父親は雀荘などに出入りするような人間ではまったくなかったのである。

     二十年以上過ぎてから、修也はまた家にある麻雀牌を確認することになるのだが、そこに付属していた点数表は、現代で主流になっているリーチ麻雀の点数のつけ方とは、まったく異なっていた。当時の修也には、相対性理論で使われる、十七次偏微分方程式を解け、というようなものであったろう。

     目をぱちぱちすることしかできなかった修也に、父親は、

    「それじゃトランプやるか。神経衰弱」

     といった。

     たしかに、このラシャ面が有効に使えるトランプのゲームとしたら、ポピュラーなものでは七並べか神経衰弱くらいしかないし、それがいやならかるたでもやるしかないのだ。

     修也は半ば泣きたくなる思いで神経衰弱をした。

     父親は手を抜かない人間だった。

     修也は、自分は父親にかなうことは一生ないのではないかという、そんな疑念を覚えるようになっていったが、その中でも重要なステップだっただろう。

     修也はまだ知らないことだが、この1976年という年には、ある革命的な機械が発明されていた。それはすべての娯楽産業を一変させてしまうほどの可能性を秘めたものであったが、ほとんどの者にとっては単なる「高いだけの変なオモチャ」でしかなかった。

     それはチャンネルFといった。

    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【海外ミステリ22位 グリーン家殺人事件 S・S・ヴァン・ダイン 】へ  【海外ミステリ23位 わらの女 カトリーヌ・アルレー】へ

    ~ Comment ~

    Re: かえるママ21さん

    アマゾンで「こたつ 天板 麻雀」で検索したら、一辺75cmの正方形限定ではありますが、きちんと伝統のマージャン卓になるコタツ天板は売っているみたいですね。

    ……買おうかな(笑)

    http://www.amazon.co.jp/%E5%B1%B1%E5%96%84-YAMAZEN-%E3%82%AB%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%81%93%E3%81%9F%E3%81%A4%E7%94%A8-75%C3%9775cm-NT-75G/dp/B0045I6FHA/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1458124249&sr=8-1&keywords=%E3%81%93%E3%81%9F%E3%81%A4%E3%80%80%E5%A4%A9%E6%9D%BF+%E9%BA%BB%E9%9B%80

    こんばんは

    緑のフエルトがついたコタツがないと、麻雀ってできないものだと思い込んでるかえるままです。花札も緑のフエルトがついたコタツじゃないとダメです。
    処分してしまって後悔しまくってます。 ( ; ; )

    「エターナルサンシャイン」はブログdeロードショーのお題ない率99、99%の近所のレンタルビデオショップにもあったので、きっと大丈夫!?

    Re: LandMさん

    そういう人には「麻雀トランプ」が簡単でスピーディで麻雀をやる上でのノウハウを学ぶのにいいですよ。

    と書いたのはいいけれど今でも売ってるのかな。

    とりあえずは点数計算ができる人を用意する必要が……。

    Re; miss.keyさん

    サイクルヒットですか(^^)

    大学のサークルの冬の合宿で、国士無双と四暗刻をアガった次の日、スキー場で腕を折った天罰覿面な男だったりします(^^;)

    NoTitle

    麻雀は確かに今だにルールを覚えてないじぇ。。。
    ゲームが好きでも、そういったことの方面はなかなか疎い。。。
    小学生でも覚えるのが大変なのが、麻雀。
    それを子どものころから見るのは狂気とも言えますね。

    完璧!!

     立ち親、満貫、ハネ満、倍満、三倍満、総てツモ。まさに完璧。PC相手ですがそんな奇跡が起きたのがつい先日。お陰でそれ以来、どんなに勝ってもつまらない。困ったものである。

    Re: ダメ子さん

    わたしも神経衰弱はやっているうちにマジになりシャレですまなくなるほどイライラしてくるので好きではないです(^^;)

    この麻雀の話はけっこう引きずって、思いもかけぬところで出てくるので、とりあえずこうご期待。といってもまずはポンジャンからですが。(知らんか……(^^;))

    Re: 野津征亨さん

    1976年に好物ジャンルが存在するわけがない(笑)

    いや赤木しげるはそのころ鷲頭麻雀をやっているはずですが、あれはあくまでもフィクションなので。

    鷲頭麻雀はかけるにしても単行本十巻くらいでケリをつけるべきだったと思うんだがなあ。というか鷲頭麻雀は飽きたから曽我の武勇伝のほうが読みたいぞわたし(笑)

    Re: 宵乃さん

    いちばんルールが簡単なゲームって何だろう……。

    えーと、「百メートル走」っていうゲームがありまして、同じ位置に一列になって並び、用意ドンでいっせいに走り出し、最初に百メートルを走り切った人間が勝つというゲームで……(コラ(^^;))

    「エターナル・サンシャイン」、近所のゲオを探してみます。ネットに押されたのか、バス路線沿いからレンタルDVD店がほんとばたばたと消えていて、もうどうしたものかと……。

    Re: 矢端想さん

    人間の考えだした中でもずば抜けて面白いゲームなんですがねえ麻雀って。

    じゃあ今度会った時はポーカーでもやりますか西部劇風にドローポーカー(^^)

    NoTitle

    私は小学生の頃におじいちゃんの家で覚えました

    今考えるともっと有意義なことを教えてくれればよかったのにと思わなくもないですが…でも仕方がないです…

    神経衰弱は覚える以外の戦略がないのであまり好きじゃなかったです

    「麻雀」の文字を見て、「すわ、わたしの好物ジャンルに繋がるお話か?!」と一瞬期待してしまいました(笑)

    NoTitle

    麻雀は子供の頃にファミコンゲームが家にあったけど、昔から取説を読むのが嫌いな人間なので未だにルールがわかりません。麻雀どころか、ゲームやスポーツのルールを覚えられた例がないんですけどね(汗)

    ところで、3月もブログDEロードショーを開催します。
    今回の作品は「エターナル・サンシャイン」。ふたりの思い出を捨ててしまった彼女と、捨て切れない彼の、切ないロマンティックコメディです。匿名の方からリクエスト頂きました。

    開催期間は3月18日(金)~20日(日)。
    よかったら3月もみなさんと一緒に映画を楽しみましょう♪

    Re: 椿さん

    覚えさせるのであれば、口で説明するよりも、実際にファミコンと麻雀ソフトを与えて、最低限の操作だけ教えて後はほっておくのが一番かと。

    実際にわたしもだいたいのやりかたを覚えたのは大学生協の店頭販売のマッキントッシュの付属ソフトでしたし。

    マウスのだいたいの扱い方まで覚えたし得しました。毎日のようにMacの前から動かずに半荘やってしまうのは迷惑行為だったかもしれません(迷惑や!)

    NoTitle

    おお、そういえば最近はコタツの天板の裏は緑色のアレじゃないのかな。
    うちは4人家族だったので子供のころよく家族麻雀やり(付き合わされ?)ました。役とか覚える気まったくなくて、適当に三個とか二個そろえてました。親父は嫁とチビ相手に麻雀やって楽しかったんだろか…まあ自分のテリトリーで家族ぐるみで遊べて嬉しかったんでしょうね。後年、兄貴は友人を家に招いてノートつけてよくやってましたが、僕は今でもほぼ興味ありません。

    NoTitle

    確かに、麻雀は難しいですね……。(いまだに点数計算できない)
    子供たちがやりたい(親がPCゲームやってるから)と言うので、この前家族で囲んでみたら、2局目で最年少の長男(小2)が教えられるのに飽き、ぬいぐるみを卓に投入し終了となりました。
    覚えるまでに時間がかかるところがハードル高い。そこがいいんですけどねえ。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【海外ミステリ22位 グリーン家殺人事件 S・S・ヴァン・ダイン 】へ
    • 【海外ミステリ23位 わらの女 カトリーヌ・アルレー】へ