ささげもの

    或る高校三年生男子の夜(「ダメ子の鬱」二次ショートショート)

     ←1977年(4) →海外ミステリ27位 Xの悲劇 エラリー・クイーン
    「多迷ダメ子さんへ

    (……よし! 出だしは完璧じゃないか。とはいっても名前しか書いてないわけだけど)

     ずっと前からあなたを見ていました。
     ぼくはあなたのことが

    (これじゃストーカーじゃないか! もうちょっとマイルドな方法はないのか)

     ずっと前からあなたを見ていました。が気になっていました。

    (こっちのほうがマシだな)

     ぼくはあなたのことが好きで 気になって まぶしくて 好きで 愛おしくて

    (違う~~!)

     ぼくはあなたのことが好きで 気になって まぶしくて 好きで 愛おしくてあなたにどこか惹かれるものを感じたのです。

    (よし、この線だ)

     あなたの瞳は美しい。まるでおびえた鹿のような

    (詩的だけれどこれじゃ変態じゃないか!)

     あなたの瞳は美しい。まるでおびえた鹿のような静かな知性を感じさせる瞳。まるでひとりであわてふためいて善後策を探そうとしているかのようです

    (こんなこと書いたら嫌われるじゃないか!)

     常に物静かで、謙虚で、表舞台には決して立たないよう逃げ回って自己保身し

    (おれは喧嘩を売っているのか!)

     常に物静かで、謙虚で、表舞台には決して立たないよう逃げ回って自己保身しどうすれば皆が幸せになれるかだけを考えている姿はほんとうに素敵です。

     一度ご一緒してお話でもしたいと思います。どうかそれくらいの友達になってください。」

    (モロじゃないか……謙虚なふりしていきなりデートの要求かよ)

    (清書して……)

    (停電っ……!)


     そして朝が来て鳥が鳴き、たっぷり十分間の赤面ののち草稿はちぎって破いてゴミ箱へ。そして次の夜もほとんど同じことが。まったくダメな男って奴はほんとうにダメで……。


    ※ ※ ※ ※ ※



     解説が必要だろう。多迷ダメ子さんとは、「ダメ子の鬱」というオリジナル漫画ブログで主役を務める高校生の少女である。うちのブログにもときにコメントに来てくれるが、性別不明の「中の人」ではないかという噂があったりなかったりもする、まあ謎だけどポジティブに考えたい人である。

     そのブログの登場人物に「チャラ」くんという人物がいるのだが、そんな彼にも想ってくれる人がいるのである。

     ということは、「ダメ子」さんにもそういう人がいるのではないだろうか。この命題の否定である「ダメ子さんにそういう人はいない」という命題は成立することは不可能であることを、ウィトゲンシュタインは論理的に実証している。

     かくて書いてみた。

     古人も言っている。

     「蓼食う虫も好き好き」
    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【1977年(4)】へ  【海外ミステリ27位 Xの悲劇 エラリー・クイーン】へ

    ~ Comment ~

    Re: 宵乃さん

    ブックオフに出かけて3本ほど仕入れてきました(^^)

    どれを見るか悩み中です。

    「チップス先生さようなら」で行こうと思っているのですが、変えるかもしれません。

    ちなみに1939年度アカデミー主演男優賞をチップス役のロバート・ドーナットが取っています。

    22日まで耐えろわたしの好奇心!(^^)

    NoTitle

    漫画の方は初めて読みましたが、このショートショートは場面が想像できて面白かったです。心の声が青春っぽいですね。

    ところで、今月はファミリー映画企画を行います。
    期間は2週間後の4月22日(金)~末までなので、それまでに見たい作品を探しておいて下さい。
    よかったら今月もみんなで映画を楽しみましょう♪

    Re: ダメ子さん

    だってチャラくんにすら陰で思っている後輩がいるんですよ!

    ウィトゲンシュタインもラッセルとの有名なエピソードでいってるじゃないですか!「この部屋にカバはいない」という命題は成立しない、と。

    だからダメ子さんにもそういう人がいないという命題は成立しません!

    少なくともシュレーディンガー方程式の波動関数としては存在します!(おい(^^;))

    記事にリンク張るの忘れてました。張っときますね(^^ゞ

    NoTitle

    逃げ回って自己保身…ガーン
    とはいえ、皆が幸せになることだけを考えている、よりも正しいような…
    でもそれでなんで私のことが好きになるんだろ…///
    …ってそれより、ずっと見ていた?まさか今も?キョロキョロ


    …と手紙は出されなかったので、私はそんなこと知る由もありません
    それに私を好きな人なんて実在するはずが…
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【1977年(4)】へ
    • 【海外ミステリ27位 Xの悲劇 エラリー・クイーン】へ