ゲーマー!(長編小説・連載中)

    1978年(2)

     ←海外ミステリ28位 初秋 ロバート・B・パーカー  →海外ミステリ29位 血の収穫 ダシール・ハメット
     スペースインベーダー。説明するまでもない、日本が生みだしたビデオゲームの伝説的傑作である。

     「攻撃してくる敵を」「こちらからも撃って」「殺す」という、当たり前すぎるほど当たり前な人間の闘争本能に訴えかける、斬新すぎるほど斬新なコンセプト。聞いたこともないようなサウンド。そして見たこともないようなクリーチャー。

     ヒットしない理由がなかった。日本中の人間が競って機械に百円玉を食べさせ、この初めての「狩り」、いや、「戦争」に参加していった。

     殺して、殺して、殺しても、誰も傷つかない戦争! 将棋は戦争を愛する王を慰めるために発明されたと伝えられているが、いま、人類は真の意味で、初めて戦争の代替物を手に入れたのだ。

     ゲームセンターが次から次へとできた。喫茶店にも筐体が入り、デパートにも……。

     しかし、修也はそれに触ることは許されていなかった。一般的な認識では、ゲームセンターは「不良の溜まり場」とされていたからである。

     当時の百円玉の価値も考える必要がある。なにせ、三百円あれば文庫本が一冊買える時代だ。親が幼稚園児に十五秒で消費させるような額ではない。

     それに、修也のゲーム好きを知っていたかはともかく、家にはすでにゲーム好きの心をとらえて離さないアイテムがすでに備わっていた。

     こういうわけで、修也は違うゲームに触れることになった。

     オセロである。



     オセロ!

     昭和以降に発明された、日本発祥とされるゲームで、このゲームよりも世代を超えて愛されているものは、おそらくスーパーマリオブラザーズくらいしかあるまい。

     正直な話、母親がその折りたたまれた緑色のプラスチックのケースを開くまで、修也はそれがゲームだとは思っていなかったのだった。

     ルールを説明された修也は、単純さに驚いた。石を挟んでひっくり返す。最後に多かったほうが勝ち。

     間違えようすらないルールである。

     そして実際に遊んでみた修也は、そのダイナミックさにさらに驚いた。石を置くことにより、列をなしていた大量の石がひっくり返り、形勢が一変するのである。

     しかもこのゲームはおそろしいまでに奥が深かった。幼い修也には、だいたいの流れはわかっても、「どうやれば勝てるのか」がまったくわからなかったのだ。

     言葉を変えれば、偶然の左右しない、プレイヤーの技術のみが純粋に問われるゲームなのである。
    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【海外ミステリ28位 初秋 ロバート・B・パーカー 】へ  【海外ミステリ29位 血の収穫 ダシール・ハメット 】へ

    ~ Comment ~

    Re: フラメントさん

    お小遣いを吸い取ったあの頃のゲームも、いまではフリーソフトでいくらでもできるんですから、時代を感じずにはいられません。

    オセロも将棋も以後も、こちらが勝つまでつきあってくれるのだから上達する人はするんでしょうな。しかも上を見上げればプロ棋士にさえ勝つんだからすごいもんであります。

    インベーダーゲームは喫茶店で

    でも お小遣いが少なくて あまりやらなかったです

    オセロは好きだけど 下手であります

    幾つかのゲームができるやつのなかで やったのが初めてかな??

    Re: LandMさん

    インベーダーゲームにはまるのはこの次の年です。

    LSIゲームが大侵略を開始してからなのです(^_^)

    Re: 椿さん

    冷房が喫茶店しかなかったりしてね(笑)

    我ながら年がバレる(^_^;)

    だから親と最初に喫茶店で食事をしたときはほんと怖かった(笑)

    NoTitle

    インベーターゲームは確かに革新的ですよね。
    これにはまる物語・・・と思いきや、オセロときましたね。
    たまたま。私もオセロをアプリでやっていますねえ。。。
    ヒマつぶしにはもってこいですよね。

    NoTitle

    インベーダーゲームに話が行くのかと思ったらオセロきた!
    オセロ楽しいですよね♪ 本当に奥が深い。
    ……そうそう、ゲーセンどころか「喫茶店」も不良が行くとこだと思ってましたよ(笑) 子供のいく場所じゃない! って感じで。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【海外ミステリ28位 初秋 ロバート・B・パーカー 】へ
    • 【海外ミステリ29位 血の収穫 ダシール・ハメット 】へ