ゲーマー!(長編小説・連載中)

    1979年(2)

     ←生きてるぞー! →海外ミステリ33位 寒い国から帰ってきたスパイ ジョン・ル・カレ
     修也の答えに父はうなずいた。

    「ゴンドラでも見ていたんだろう。あれに乗るのが大好きだったからな。さて、なにか食べよう。……何にする?」

     食堂は食券方式だった。自動販売機で食券を買い、店員に半券をちぎってもらうやりかたで会計がされていた。

     修也は堂々と発言した。

    「おこさまらんち」

     母親は嘆息した。

    「……まだ幼稚園気分が抜けてないのね」

    「いいじゃないか。お子様ランチに別れを告げるのが、今すぐでなくてもいいはずだ。おもちゃもついてるし、誰も文句はいわないさ。まだな」

     そのおもちゃは、特撮番組『円盤戦争バンキッド』に出てくる、ペガサスと呼ばれる主役のヒーローの人形だった。バンキッドが放送されたのは、この二年前のことである。在庫処分以外の何物でもない。ジャッカー電撃隊が不振に終わって、男児たちの興味はコン・バトラーV、ボルテスV、闘将ダイモスといった巨大ロボットアニメのほうに向かっていた。修也のお気に入りはコン・バトラーVだった。どうしてボルテスVも、闘将ダイモスも、あんなに話が重苦しくていらいらするんだろう、というのが修也の感想だった。革命ものであるボルテスVは、どうして罪もないボアザン星人の下層の市民があそこまで苦しまなければならないのか、ということでいらいらしたし、戦争ものである闘将ダイモスは、主人公があまりにいじめられすぎた。闘将ダイモスが終わってから始まった特撮新番組のバトルフィーバーJは怪人がやたらと気持ち悪く、ヒーローの顔もロボットの顔も怖かった。

     来週から「機動戦士ガンダム」という新番組があるそうだけれど、面白いのかな、修也はそう思った。修也が期待していたのはむしろ、「ザ☆ウルトラマン」のほうだった。月刊誌「てれびくん」はアニメのウルトラマンのことでもちきりだった。修也はわくわくしていた。

    「修也は学校でやっていけるかしら」

     両親の対話を修也は何となく聞いていた。

    「幼稚園であれだったでしょ。学校の集団生活はもっと厳しいから……」

    「やってけるに決まってるだろ。普通。あれだけ字を書かせたし、絵本で足し算も引き算も理解している。それだけできれば、なんとかなるもんだ。なあ修也!」

    「うん」

     修也は生返事を返した。両親の話よりも大事なものがあった。自分の干支に百円を入れるとカプセルに入った紙が出てくる占い機。修也はやってみたくてたまらなかった。そこにはどれだけわくわくすることが書いてあるのか。修也にとってはこれもゲームだった。しかしポケットに百円はなかった……。

    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【生きてるぞー!】へ  【海外ミステリ33位 寒い国から帰ってきたスパイ ジョン・ル・カレ】へ

    ~ Comment ~

    Re: フラメントさん

    いやーそうでもないですよ。テーマのシリアスさや設定の緻密さでいえば今のほうが断然上です。

    それが生かされているかは別として、と答えなければならんのが残念。

    でも「レッドマン」とかをようつべで見ていると、あそこまで何も考えてないストイックな構成に驚くことしきりです。是非ともあの「何も考えてなさ」を今の番組に(無理……(^^:)

    巨大ロボットアニメは好きです

    一時期のそれらのアニメ 今でも続くスパー戦隊もの 今でもみてますw

    特撮にしても アニメにしても 壮大なテーマが当時は あったと思うのですが

    子供故 そんなことは意識せず 楽しんでいた記憶があります

    Re: 椿さん

    ジャッカーは序盤の話がやたらと暗くて、途中からギャグものに転身しましたね。

    方針変更も功を奏しなかったのか、本来なら一年かけて倒すはずだった悪の組織を、わずか9ヶ月で倒しています。スピード記録(^_^;)

    デザインは好きなんですけど。

    バンキッドのコスチュームデザインは今見ても素晴らしいです。これでアクションがかっこよければ良かったんですがとほほ。

    Re: LandMさん

    あれは子供が食べてこそ、です。

    ビンボーな大人がなんでおもちゃや盛りつけでかさ上げされた値段の食事なんかを……。

    といいながらオムライスはいまだにときどき食べたくなる。デミソースじゃなくてトマトソースのかかった、ふわとろ「ではない」やつ。(^_^)

    NoTitle

    お子様ランチ、いつごろまで食べていたかなあ。中学年くらいまでは食べていた気がしますwww

    懐かしい! ジャッカー電撃隊大好きでしたよ! 個人的にはゴレンジャーより面白かった。(不振だったのか……この頃からマイナー好きの血が……)

    コンバトラーも燃えましたね。ボルテス、そんな話でしたか?(返信シーン以外覚えていない……) 一番女の子受けしそうなダイモスは習い事の時間とかぶってしまい見てないのですよね;;
    しかしバンキッドは知りません!!(^-^;

    占い機! 私も気になりました! やってみるとガッカリするものベスト10に入りますが、卓上にあれがあると無性に気になりましたよね……。

    NoTitle

    ちなみに今は大人のお子様ランチが繁盛しているらしいですぞ。
    (*ノωノ)
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【生きてるぞー!】へ
    • 【海外ミステリ33位 寒い国から帰ってきたスパイ ジョン・ル・カレ】へ