ゲーマー!(長編小説・連載中)

    1980年(1)

     ←海外ミステリ37位 あなたに似た人 ロアルド・ダール  →海外ミステリ38位 はなれわざ クリスチアナ・ブランド
    1980年

     年が変わった。劇場版ドラえもん第一作「のび太の恐竜」は大ヒット映画になり、テレビ画面ではウルトラマン80が怪獣と死闘を繰り広げ、ハンガリーからはコンパクトで操作しやすくしかも恐ろしく難解なパズル「ルービックキューブ」が上陸して善男善女を睡眠不足にしていた。

     むろん、コロコロコミックと「ゲームセンターあらし」の面白さは衰える気配はみじんもなかった。ギャラクシアン、バルーンボンバー、平安京エイリアン、ドラキュラハンター……次から次へと出てくるゲームは、修也を別次元へ連れていくかのようであった。いや、行こうと思えばその「別次元」へ行くことはじゅうぶん可能だった。百円玉を握りしめ、ゲームコーナーへ向かえばいいだけの話だ。

     しかし修也は、自分はそれにはまだ釣り合わないということも知っていた。五百円という大金を携えて行っても、わずか五分でなくなってしまうとあれば、いかな修也でももうちょっとなにか考えよう、という気分になる。また、修也は「あらし」のようにゲームをすることは自分にはできないことも理解していた。猛烈な勢いでレバーを左右に動かすと、自機は左右にわずかに動くだけで、ゆがみもしなければ消えることもなかったのだ。

     よって、別の手段を講じてみることになる。たとえば、デパートのおもちゃ売り場に置いてある、あのオレンジ色がまぶしいテレビゲーム「ブロック崩し」のデモプレイにいそしんでみるとか、それとも、発売されたての電子ゲームのデモプレイを楽しんでみようとか。デパートのおもちゃ売り場はあたかも無料のゲームセンターのごとき有様を呈していたのだ。

     だけれど。

     修也は別なコーナーに行った。

     こっちも面白そうなものばかりだ!

     そこはボードゲームとポケットメイトのコーナーだった。

     ポケットメイト。当時主流だった、携帯式のゲームである。プラスチックのケースの中に精巧なミニチュアとベアリングの小さな球が収まっており、箱を傾けたりばねではじいたりして球を動かして遊ぶアナログゲームである。罠だらけの迷路を突破するタイプのゲームが多く、アスレチックやレース、コリントゲーム(釘の打たれたボードに点数が書かれた穴が複数あり、はじいたボールを入れて遊ぶゲーム。ピンボールやスマートボール、パチンコなどの原型)、野球、そしてさらには箱から出してコースを組み立てるゴルフゲームまであった。

     そしてさらに奥を覗くと、透明なプラスチックのケースの中で、ふわふわと色とりどりなプラスチックの球が浮いていた。

     修也は近づいて行った。
    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    【海外ミステリ37位 あなたに似た人 ロアルド・ダール 】へ  【海外ミステリ38位 はなれわざ クリスチアナ・ブランド 】へ

    ~ Comment ~

    Re: LandMさん

    残るでしょうね。とうじあれだけハマりましたもん。

    後は、F先生いない今、「大長編の新エピソード」を書けるシナリオライターと絵を描ける漫画家をどうそろえるかでしょうねえ。「新」とやって同じ話やるのにも限界があるでしょうし。

    Re: 椿さん

    幼稚園児のころの自分には、生まれる前にはあんなすごいことがあったのか、と、「ウルトラマン」「ウルトラセブン」……といった特撮ものを「現実の事件」と考えていた時期がありまして(笑) それだけ円谷の特撮がすばらしかったこともありますが。

    ルービックキューブは、「どこをどう動かせばどのような位置関係になるか」の公式を覚えてしまえば、後は単純作業なんですよね(^^;) 最近のルービックキューブの大会がどうなっているかは知りませんが、「……という状態から……回転で6色にそろえろ」とかいう問題が出たりしてるのかなあ。紋様も美しいものは全部出尽くした感があるし。

    Re: らすさん

    なにしろ揺れる飛行船の上でインベーダーのコンソールの上に逆立ちして「船がいかに揺れようとマシンと一体なら関係ないっ!」と断言してしまうマンガでしたからねえ。

    その回では、ゲームセンターでゲームをインチキな硬貨で行う事例や、ゲームをしたいがためのカツアゲなんかもネタにしていて、社会啓蒙的な面もあったのではと思われます。

    まあ「ゲームセンターを荒らす」マンガだったことは否定しませんがワンコインで長時間居残りプレイされたら店側たまったもんじゃないし(^^;)

    NoTitle

    ドラえもん。。。
    映画は好評でしたよね~~。
    私も子どもの頃は見ましたね。
    やはり、あの時のドラえもんの映画の思い出はとても鮮烈に残っております。。。
    今の子どももドラえもんが記憶に残るのかなあ。。。

    NoTitle

    ウルトラマン80……懐かしい……。
    昨日うちの子が、ドラえもんの映画(最近のリメイク)を見ていて、
    「ドラえもんの映画って新っていうのがついてるの多いよね、何でだろう」
    と言っていたので「それはリメイクなんだよ」と教えてやったら不思議そうな顔をしていました……8歳児には自分が生まれるずっと前からドラえもんがやっていることが不思議なのだろうか。

    ルービックキューブ、はまりましたね!
    今は一番上の娘が(彼氏の影響で)はまってます。今も大会があったりするそうで、彼氏くんが出ていると聞いてびっくりしました。

    NoTitle

    こんばんは(´∀`)

    「ゲームセンターあらし」は最初、
    その名の通りゲームセンターを荒らす漫画なのかと思っていました。
    まぁある意味荒らしているのかも知れませんが…
    あんな無茶な操作をしたら筐体が壊れちゃうでしょう(・・;)
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【海外ミステリ37位 あなたに似た人 ロアルド・ダール 】へ
    • 【海外ミステリ38位 はなれわざ クリスチアナ・ブランド 】へ