ゲーマー!(長編小説・連載中)

    1980年(2)

     ←ナーヴァ「The death of friends」備忘録日記 →ナーヴァ「The death of friends」備忘録日記2
     珍しくもないおもちゃだった。いくつかの球とピンボールかパチンコのようなギミックが納められた透明なケースに水を入れて密封し、親指でバルブを押して、水圧を変化させてプラスチックの球をはじき、得点の穴に入れて楽しむ、単純なゲームである。

     修也はバルブを押した。水と比重がほぼ同じな球は、ふわふわとケースの中を舞い上がり、ゆっくりと動いて、内部の赤い籠におさまった。

     修也はその他愛ないおもちゃの前にいつまでもいた。

     これなら、並んだりすることもなく、ひたすら遊ぶことができるからだった。

     バルブを押し……離し……押し……離し……。球はゆらゆらと……。浮いては沈み、沈んでは浮き……。

     そんな白昼夢をひっくり返す、おそるべきゲームが、すぐそこまで近づいていることに、修也はいまだ気がついていない。



     そいつは、ある日突然、テレビのコマーシャルを通じてやってきた。

     軽快なメロディと、わかりやすい名前。修也は曲を口ずさみながらデパートに行き、そいつを試すために混雑するおもちゃ売り場に並んだ。

     任天堂の名を一気に高からしめた、「ゲーム&ウォッチ」の登場である。

     修也がはじめて触れたのは「ファイア」だった。修也は目を見張った。それはあまりにも小さく、軽く、そして……鮮明だった。これまでのテレビゲームの荒いドットや、電子ゲームの光電管ではない、「液晶」の画像のシャープさは、あまりにも衝撃的だった。それを引き立てていたのは、装飾が極限までぎりぎりに削られた機能的で美しいゲーム機本体のデザインだった。「ゲーム&ウォッチ」は、なにもかもが「新しい」ものだったのである。

     修也は「GAME A」のボタンを押した。ゲームが始まった。

     「ファイア」は、火事で燃え盛るビルから、必死の思いで飛び降りてくる住人を、トランポリンを使って救急車までガイドするゲームである。ゲームに使用するのは、トランポリンを左右に動かす右ボタンと左ボタンだけ。至ってシンプルなゲームである。

     だが。

     「ファイア」は面白かった!

     修也はまだその言葉を知らなかったが、「ゲーム&ウォッチ」はどれをとっても「ゲームバランス」が非常に良好だったのである。やさしすぎるわけでもなく、難しすぎるわけでもない。それによって、どのゲームも、遊んでいて適度な満足感と、「あと少し続けたい」という気持ちとをかきたてるようになっていたのだ。

     修也は次々と脱出してくる人間たちを、軽快なブザー音とともに宙に舞わせた。
    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【ナーヴァ「The death of friends」備忘録日記】へ  【ナーヴァ「The death of friends」備忘録日記2】へ

    ~ Comment ~

    Re: LandMさん

    三年くらい時代がずれていますね。

    当時はまだアーケードのドンキーコングすら姿を見せておりませんたしか。

    ドンキーコングは衝撃的なゲームでしたなあ……。

    NoTitle

    名前は聞いたことがありますね。
    自分はプレイしたことがなかったのですが。
    もっぱら、マリオにはまっていたけど・・・少し時代が違うかな?

    Re: 椿さん

    あのころはミッキーマウスのデジタルウォッチ、というだけでステータスアイテムになってましたからねえ。そもそもスヌーピーがあんなクリアでシャープな絵で画面に出てくる、ということが驚きでしたからねえ……。

    ゲーム&ウォッチのドンキーコングはよくできてましたな。スイッチを入れてクレーンに飛び移るところではいつもはらはらしたものです。ゲームバランスと面白さと操作性の面では、携帯ゲームではあれがひとつの到達点だったでしょう。あの到達点を突破するのには、ゲームボーイの登場を待たなくてはならないのですが、それは今の話ではありません(^^;)。

    Re: 鍵コメKさん

    わたしもゲーセンではパックマンもインベーダーも1面クリアしたことがないです(^^;) あれ難しいよほんと。

    だけど他人のパックマンやインベーダーのプレイを3時間ずっと見ていても飽きない、という、そういう人間だったんでしょうね修也くんは(などと人のせいにする(笑))

    Re: キングハナアルキさん

    ファイアは持っておらず、友達のを借りて遊んでましたねわたしは。

    しかしここらへんは、まだ「牧歌的」でしたなあ。

    1981年になると「あれ」が日本中に洗礼者ヨハネのごとく(笑)

    NoTitle

    ゲーム&ウオッチきた! 自分はスヌーピーがテニスするヤツを持ってました。あとドンキーコング(妹のだったけど私の方が長くやってた気がする)。
    確かにゲームバランス良かったですね。延々とやってても飽きなかったですものね。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    NoTitle

    ああっ、懐かしいっ!
    ゲームアンドウォッチのファイア、持ってました。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【ナーヴァ「The death of friends」備忘録日記】へ
    • 【ナーヴァ「The death of friends」備忘録日記2】へ