東西ミステリーベスト100挑戦記(ミステリ感想・やや毎週土曜日更新)

    海外ミステリ45位 バスカヴィル家の犬 アーサー・コナン・ドイル

     ←1981年(4) →ぼくの なつやすみ
     大学を中退、実家に帰って間もないころ、古本を買って読んだ。なんてつまらない本なんだろう、こんな殺伐とした文章でつまらぬ事件を延々とやる、ホームズはやはり旧世代のミステリで、こんなのに夢中になるやつは懐古主義者だ、と心底思った。

     病気が落ち着き、ブログなんかを始めるようになって、ホームズ・パロディを書いてみる関係上再読した。そのときに思ったことは、なんだこれは。むやみに面白いではないか。という驚き交じりの感想だった。そこからホームズ譚をむさぼるように読み、今ではホームズ・パロディはうちのブログの1カテゴリーを作るまでになっている。

     今回、ニコ動で、雰囲気づけに昔のホラーアドベンチャーゲーム「白と黒の伝説」のBGMを聞きながらまたまた再読。いやあ、合うねえ。ゆったりとしながらぞくぞくし、至福の時間を過ごすことができた。

     「バスカヴィル家の犬」は「このミス」で、そのトリックがバカバカしいと揶揄され「バカミス」と笑いものにされていたが、いや、それがなくとも闇夜にでかい犬がいきなり襲ってきたらふつう怖いって! 狼よりもたち悪いよ! なにせニューナンブとはいえ、人を襲った犬を殺すのに十数発使ったというニュースが流れて大問題になったのはつい先ごろのことであるからなあ。

     どうでもいいことであるが、ここでワトスンはモーティマー医師のペットであるスパニエル犬とすぐに仲良くなっている。ということは、犬好きの素質があるワトスンは、「緋色の研究」で述べていたように、実際に私生活でも「ブルドッグの子犬を飼っていた」のではなかったか。定説では「私はブルドッグの子犬を飼っています」とは「私は癇癪持ちです」という意味だということになっているが、ワトスンのどこが癇癪持ちなのだ。もしブルドッグの子犬がいたとすれば、その後作品に出てこないのはなぜかだが、あくまでも仮説であるが、ホームズの趣味である化学実験、そこからこぼれた溶液かなにかを、ブルドッグの子犬はなめてしまったのかもしれない。また、空気より重い成分の毒ガスということも考えられる。かくしてブルドッグの子犬は死んでしまい、ホームズの化学実験を止めることなど考えられなかったワトスンは、犬も飼わずに趣味をおさえているのだろう。ホームズと別れて開業医になったときも犬を飼わなかったのは、薬品を使う医師としての義務から、二度と飼い犬を薬死させないように気を配っているのだろう。こう考えると、すべての説明がつく。いやー、犬の敵だな、化学実験ってやつは!

     しかしヒロイン役はかわいそうやったなあ……。なんとかならんかったもんかのう。
    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【1981年(4)】へ  【ぼくの なつやすみ】へ

    ~ Comment ~

    Re: 椿さん

    新潮の延原先生の訳文はいくぶん乾いたところがありますからね。その乾き具合が好きな人にはたまらんのでありますが。

    「恐怖の谷」なんてほとんどハードボイルドのノリでいいですよ(^_^)

    NoTitle

    バスカヴィル面白いです、推理というより冒険かもしれないけど大好きです!

    こじらせて原書に挑戦しましたが、あれどこに行ったっけ、途中まで読んで放置してあります……
    でも、昔話のところがめっちゃ擬古文調で読みにくかった雰囲気あって怖くて面白かったです!
    昔読んだ新潮の訳文ではあの雰囲気、なかったなあ。

    Re: ひゃくさん

    幼少時、近所の家でやたらと吠える犬が飼われていて、おびえにおびえたので、いまだに生身の犬は苦手です。

    おびえずに大型犬と普通に触れ合えるかたがうらやましい。(^_^;)

    NoTitle

    小学生の頃、クラスのほとんどは(ホームズより)ルパンが好きって言ってましたけど、私はホームズ!でしたねー。
    理由は、ルパンは泥棒だからって、どんだけ学級委員会的な子供だったんだろうって思います(笑)

    『バスカヴィル家の犬』もその頃読みましたねー。
    ただ、児童向け図書のヤツだったんで、実際は相当省略されてたりなんでしょうね。
    というか、中身、ほとんど憶えてないんですけどね。
    燐でしたっけ?死んだその犬につけてあったの。
    なんか、そのシーンくらいしか覚えてません(笑)

    犬といえば、こないだ近くの公園で、シェパードをしつけてる人がいたんですけど、いっやー、アレ、シェパード。いいですねー!
    あの大きさがいいですよね。
    欲しいなーって、ネットで見てみたら、なんと、シェパードは犬を相当飼った経験のある人じゃないと飼うのは難しいんだとか。
    そっかーって、落胆しちゃったんですけど、ま、柴もいいし。レトリバーも好きだし、まぁいいやーね。
    って、そもそもマンションだから飼えないんですけどね。
    ま、夢、夢(笑)

    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【1981年(4)】へ
    • 【ぼくの なつやすみ】へ