ゲーマー!(長編小説・連載中)

    1982年(1)

     ←海外ミステリ49位 スイート・ホーム殺人事件 クレイグ・ライス  →海外ミステリ49位 ドーヴァー4/切断 ジョイス・ポーター
     1982年

     四月になった。早生まれだった修也は、小学四年生になっていた。

     修也は自分の手に入れたゲームに夢中になっていた。それはパソコンゲームでもなければLSIゲームでもなかった。

     お年玉で手に入れた「社長ゲーム」と、誕生日に買ってもらった「Dr.スランプ アラレちゃんゲーム」である。

     小学生のころの一年や二年の差というものは大きいもので、四年生にもなると、修也は昨年の正月に投げ出した「いい旅チャレンジ20,000キロゲーム」のルールも理解し、ふつうに遊べるようになっていた。

     よって、修也はそれらを携えては、自転車に乗って暇そうな友人宅をまわりにまわることになるのだった。

     「社長ゲーム」は、商社マンになるため会社の入社試験を受けるところから始まる。入社に成功し、平社員になると、資本金として200万円ぶんの小切手が渡される。それを使って、商品を買っては売ることを繰り返し、ノルマを達成して、係長、課長、部長、重役とポストを上げていき、一番早く社長に上り詰めたプレイヤーが勝利である。だが、そうは簡単にはいかない。商品相場は、簡単なばね仕掛けのスロットマシンにより、ものにもよるが最大二十倍から最低ゼロ倍にまで変動するのだ。また、役職のポストも人数分用意されているわけではなく、熾烈な足の引っ張り合いが続く。海外に発注する高額な商品は語学研修を受けて外国語に通じていないと買うことができないし、役職を上げるには商社マンとして求められるさまざまな能力も身に付けていないといけない。さらには失敗を繰り返し、社長の怒りを買いすぎると、会社をクビになってまた入社試験からやり直し、ということにもなるのだ。

     使用される最低額の小切手が五十万円、というやたらと景気のいいゲームであった。修也は自分も大人になったらこういう世界に入るのか、と思うとぞくぞくした。それほどまでにこのゲームでは湯水のように金を使うことができた。習いもせぬのに「億」という単位が算数で意味するところまで覚えてしまったほどだ。まさに時代を写したかのようなゲームだった。そんなバブリーな夢がある日突然崩壊するなどとは、日本中のほぼ全員が思っていなかった、ある意味、のどかな時代の産物である。

     とはいえ、修也がルールを完全に読みこなしていたわけではないのはもちろんである。スロットマシンの表示が「〇」であったときには、ゼロ倍、つまり「無料」で買えると思い込んでいたのだ。よってゲームはメーカーの想像よりも果てしなく儲かる、濡れ手に粟な展開となった。

     修也はまだ、「資本主義」というものがなんなのか理解していなかったのである。
    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    【海外ミステリ49位 スイート・ホーム殺人事件 クレイグ・ライス 】へ  【海外ミステリ49位 ドーヴァー4/切断 ジョイス・ポーター 】へ

    ~ Comment ~

    Re: 椿さん

    あのころの人生ゲーム、サラリーマンになってしまったら地獄のような低レベル生活を送らなければならないですが、現行版ではどうなんだろう。

    それにしても「専門職にならなければアウト」というところに、アメリカ人の悪意みたいなものを感じるのは気のせいかな(笑)。

    よし、オトナ帝国にしよう。レンタル屋にあるよな、普通……。

    NoTitle

    社長ゲーム、面白そう(笑) しかし大人になってからやったら苦笑いばっかり出そうです。

    昔の人生ゲームは初めに生命保険に入り大学に入っておけば、破産することはなかったような。
    そう簡単にはいかない今どきの版の方が面白いです(笑)

    横ですがオトナ帝国は私も面白かったです。って横レスばっかりだなこのコメント。

    Re: かえるまま21さん

    やっぱりオトナ帝国ですか。レンタル屋に行って借りて来ようっと。

    アドバイスサンクスです(^^)/

    9レヨンしんちゃん

    9レヨンしんちゃんは、気がつけば、だいたい見てるかもです。
    ポールさんには「嵐を呼ぶモーレツ大人帝国の逆襲」オススメです。大人が耐えられる、というか大人に向けた作品、超大作ではないでしょうか。昭和30〜40年代が舞台になってます。

    ^^アラレちゃん、本当懐かしいですね。

    Re: LandMさん

    人生ゲームはやると必ず貧乏農場一直線になるので、どうも相性が悪くて(笑) 当時の版では「ゴーストタウン」になっていたような。

    「ゴーストタウン 故郷に帰って哲学者になる」

    それがわたしが「哲学」に目覚めた最初の一歩で、いやーゲームとは人生の縮図ですなあ(笑)

    Re: 宵乃さん

    実はあらたまってクレヨンしんちゃんの映画を見るのは初めてです(\\▽\\)

    とりあえず名作と名高い「オトナ帝国」と「戦国大合戦」のどちらかを見るつもりですが、体力あるかなあ(^^;)

    そのおりはよろしく(^^)

    NoTitle

    人生ゲームに私ははまったなあ。。。あれは懐かしい。。。
    お金が夢のように上がっていくのも夢がありますよね。
    懐かしいです。
    ゲームで色々な友達の家に行きましたね~~。

    NoTitle

    アラレちゃん懐かしいです!
    昔大好きでした。

    今月はいよいよ「クレしん」企画ですね。リクエストありがとうございます♪
    最近はあまり観てなかったので、懐かしい作品を観ようか、未見の新しい作品を観ようか迷ってます。
    では来週ご一緒しましょう!
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【海外ミステリ49位 スイート・ホーム殺人事件 クレイグ・ライス 】へ
    • 【海外ミステリ49位 ドーヴァー4/切断 ジョイス・ポーター 】へ