私家版 悪魔の手帖

    現代音楽(加筆)

     ←1982年(2) →「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」見る
    現代音楽

    超絶技巧を持ったピアニストが、ピアノを使って絵を「比喩的な意味でなく」描こうとしたものとそれに似通ったものの総称。


    覚書:

    タモリ倶楽部で「現代音楽」の「弾けない楽譜」特集を見た後で、リストの「メフィスト・ワルツ」の動画を見た。リストのピアノはピアニストに超絶技巧を求めるものだということがよくわかった。それが同じ超絶技巧でもどうしてあんな現代音楽の「弾けない楽譜」になるのかな、と思い、もう一度あの番組を見たくなって動画を探した。

    あった。そのときいっしょに見つけたのが同じタモリ倶楽部のこれ、ジョン・ケージ特集だった。



    奇っ怪な楽譜と曲にゲラゲラ笑いながら見ていたのだが、ゲストの教授が真剣な表情で演奏指導をする姿に、わたしはハッとした。

    ジョン・ケージの音楽は、自由奔放に弾けばいいのではなく、指揮者の指示に従って楽譜通りに弾かねばならないもので、そして演奏には「うまい演奏」と「下手な演奏」が存在するのだ!

    これを知ったとき、わたしは頭をぶん殴られたときのような衝撃を覚えた。同時に、腰が抜けて身体が震えるような感動を覚えたのだ。

    あのわけのわからないクラスターにも意味があり秩序があるのだ! わたしに現代音楽がわかるかといったらわからない。美しいとも思えない。だがその感想と同様のものを、モーツァルトの「ドン・ジュアン」を聞いてアクビを漏らしたあの王様と同じことなのではないか。ケージの音楽が美しくないとしたら、それはケージという音楽家がモーツァルトの技法を使うサリエリであり、技法自体はわたしが考えるよりはるか彼方の未来につながるものではないのか。

    ジョン・ケージの音楽や、一般に現代音楽といわれているものには、モーツァルトやリストの血が脈々と流れている直系の子孫なのではないか?

    わたしにはジョン・ケージのやろうとしていることが、「ピアノを使って絵を描く」というようなものではないかと思えた。無論、ピアノは音楽を奏でる道具であり、絵を描く道具ではない。だからといって、「ピアノで絵なんか描くんじゃない」といっていいものであろうか。それは、「計算機は計算をするための道具であって、絵を描いたり音楽を奏でるものではない」と主張するも同様ではないか。

    わたしはそう考え、現代音楽家が少しだけ身近なものに思えた。

    それをまとめたのが上の二行である。

    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    【1982年(2)】へ  【「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」見る】へ

    ~ Comment ~

    Re: ECMさん

    今は、クラスターなり不協和音なりといったものこそが、「現代音楽」の絵画性を如実に表しているのではないかと考えています。

    現代音楽を聴くに当たっては、聴くほうに、「この不協和音はなにとなにとなにとなにの音が合わさって不協和音になっているのか」を即時に判別するだけの音感と音楽的教養がないと理解すらできないようになっているのではないでしょうか。

    ジョン・ケージの時代は、コンピュータもモニターもなかったからしかたありませんが、今、現代音楽を演奏するのなら、作曲者の意図と、指揮者の意図と、演奏者の意図をリアルタイムで解説する解説映像を同時に流してほしいものだと切に思います。アイカメラの映像とか工夫してできないものでしょうか。

    タモリ倶楽部で箱を奇怪な調子で鳴らしていた現代音楽の作曲家の画像に、解説のCGを入れるだけで、「意図」がよりわかりやすくなって、芸人に「うちの子供でもできそうだ」などといわれなくてすむのではないかと思えてなりません。

    わたしの耳のレベルでは、現代音楽の音だけを聞かされても、「わけのわからん不協和音」だという感想しか抱けないと思うので……。

    NoTitle

     タモリクラブを見ましたが、理解不能な楽譜もありますねぇ。
     それを指揮者なり演奏者なりがどう解釈するかが、演奏になってきますが、不協和音になって、落ち着かなくなる音楽になります。
     まあ、そういう音楽が好きだという人もいるのでしょうねぇ。

    Re: らすさん

    和楽器特集とかね。(^^)

    前に誰かのエッセイ本でギャグネタの対象になっていた「エレキ三味線」が、西洋楽器とコラボすることを可能にし三味線界に革命をもたらした大ヒット商品であり、現在の三味線界はエレキ三味線を抜きにしては考えられない、と聞いた時にはびっくりして感動したであります。(妙なところにばかり感動したがる男であった(^^;))

    NoTitle

    こんばんは(*´∀`*)

    「タモリ倶楽部」って時々マニアックな音楽特集をやりますね。
    イージーリスニング特集とか、
    オーケストラ演奏に雑音が混じり込んだレコードの特集とか。
    戦時中のドイツのオーケストラ演奏に高射砲の射撃音が混じっていたのを聞いた時はすごいと思いました。

    Re: かえるママ21さん

    こういうことです。ジョン・ケージが何をやりたかったのかを考えたらこういう結論になりました(^^;)
    https://www.youtube.com/watch?v=eBMKQCOqJOU

    わかった!

    トムとジェリーのこと?

    Re: ひゃくさん

    覚え書きみたいなものです。きにしないでちょ。(^_^;)

    NoTitle

    …!?
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【1982年(2)】へ
    • 【「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」見る】へ