FC2ブログ

    「ナイトメアハンター桐野(二次創作長編小説シリーズ)」
    3 吸血鬼を吊るせ(完結)

    吸血鬼を吊るせ 3-6

     ←吸血鬼を吊るせ 3-5 →樹になった龍の昔話


     携帯で消防を呼んだときには、すでに地下室の炎は押しとどめようがなくなっていた。金がなかったせいか、スプリンクラーが不良品だったらしい。警察と消防の事情聴取に、わたしたちは、羽谷姫のミイラが自然発火して地下室に燃え広がり、それを消そうと消火器を使ったものの、炎の前にはどうしようもなく、西方光太郎は炎に巻かれて死亡したと答えた。あらかじめ口裏を合わせてあったことはいうまでもない。防犯カメラはストリゴイが故障させていたうえに死体は二つとも完璧に灰になっていたため、わたしたちが殺人罪や放火の罪に問われることはなかった。これは、かかわった全員がタバコを吸わないため、ライターその他の発火装置を持っていなかったこともあるだろう。炎は博物館全館に燃え広がり、「捨取乞調伏図」を含む貴重な展示品が多数焼けてしまった。残念な話だ。
     戸乱島とY県の警察から解放されたと思ったら、次は東京の警視庁の番だった。わたしは連日連夜厳しい取調べを受けたが、やっていないことは答えようがないし、やったことは話しても信じてもらえるわけがない。大野龍臣が回してくれたのだろう、わたしたちには異常に優秀な弁護士がつけられ、日を置かずして出てくることができた。
     次にやってきたのはマスコミだった。その間の狂騒状態については思い出したくない。やつらがいなくなるまで一ヶ月以上かかった。いや、まだちょろちょろしたのがうろついているかもしれぬ。
     わたしも霞を食って生きていくわけにもいかないので、「桐野メンタルヘルス」も活動を再開した。客がひっきりなしに来るかと思ったのだが、そうでもなかった。あれだけ派手に騒がれると、かえって敬遠されてしまうのかもしれない。患者も、弱い夢魔を二、三匹相手にしたくらいで、大半は軽いノイローゼみたいなものばかりだった。気の毒だったのは小野瀬孝史で、重度の精神病として今も病院にいるらしい。家族がわたしに会わせてくれないのでそれ以上のことはわからない。残念だが当然だ。
     そんな毎日を送っていると、坂元開次が訪ねて来た。
    「どうしたんだ、坂元」
    「また仕事だ。チェチェンのほうへ行く。スポンサーが見つかったんで、バイトをしなくてもよくなったんだ」
    「忙しいのはいいことさ。それにしても惜しかったな。あのとき商売道具を持っていれば、新聞社がバカみたいな高値で写真を買ってくれただろうに」
    「おれは休暇に仕事は持ち込まねえ。ところで……」
    「ん?」
    「遥さんはなにやってんだ」
    「あの人は東京に出てきてイラストを描いているよ。この事件で有名になったからな」
    「拾う神には恵まれてるってわけか」
    「元から才能があったからだと思うが」
     坂元開次は腕を組んだ。
    「気に入っていたんだろ?」
     わたしは答えなかった。
    「どうして押し倒さなかったんだよ」
    「そうできるような性格だったら、今ごろわたしは桐野教授だ」
    「グニャチン野郎が」
     わたしは苦笑いを浮かべた。
    「桐野、また会ったらどうだよ?」
    「それはない。会わないほうがいい」
    「なぜだ?」
    「わたしが吸血鬼だからだろう」
     坂元開次はハッと顔色を変えた。
    「桐野、貴様!」
     わたしは首を横に振った。
    「そういう意味じゃない。わたしが遥さんにしたことを見てみろ。わたしと会ってから、姉を失い、祖父を失い、かけがえのない人を次から次へと失い、平穏な生活まで失ったんだ。これを吸血鬼の所業といわなくてなんだ。坂元、吸血鬼は火刑に処されるべきなのさ。そうでもなければ……」
     わたしは頭を抱えた。
    「絞首台に吊るされる、かだな」

    吸血鬼を吊るせ 了
    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    もくじ  3kaku_s_L.png X氏の日常
    もくじ  3kaku_s_L.png 読書日記
    【吸血鬼を吊るせ 3-5】へ  【樹になった龍の昔話】へ

    ~ Comment ~

    Re: 椿さん

    桐野くんの不幸はまだ続く(^^)

    楽しんでいただければ幸いです(笑)

    そのうち小説から抜け出してきた桐野くんにヘッケラー&コッホで撃ち殺されそうだな(爆)

    NoTitle

    最後、一気読みしてしまいました。
    なるほど、最初からあの人が黒幕だったのですね。納得です。
    それにしても、たくさんの死体が転がる凄惨な事件でした。
    桐野先生……。また辛い目に遭ってしまいましたね。
    坂元さんが変わらない友情で支えてくれるのが救いですが。
    タイトル、桐野先生が「吊るせ」と思ったのは誰? とか、いろいろ考えてしまいました。
    第4シリーズも楽しみに読ませていただきます。

    Re: れもんさん

    小野瀬くんについてはいろいろと考えています。まあとりあえず4をお読みください。まだ連載途中ですが。来月末日にケリをつける予定ですけどもどうなるか……。

    ミステリファンのわたしは、長編小説は、張り巡らした伏線がひとつひとつまとまっていくのが醍醐味だと思っています。もちろんそれが予定調和みたいでいやだってかたもいますけれどもね。

    NoTitle

    小野瀬君が気の毒だよ、やっぱり・・!!

    てなわけで読み終わりましたー!

    面白かったです★
    いつもラストはひきこまれてどっきんどっきんです♪いろいろ全てがつながるのが読んでてすごく面白いです
    しかも、こういう終わり方は好きです

    次は4を読ませていただきますね(・∀・)

    >佐槻勇斗さん

    この小説を最初に書いたときは、まだ北村さんはちょい役のつもりでしかなかったのであまり光が当たっていないのです。すみません(汗)。

    坂元くんは外国にいるので、「4」ではあまり活躍しない……かもしれません。

    かわりに重要なプレーヤーとして出てくるのが北村さんで、あの人のいいところも悪いところも全部出る、という話にしたいと思っています。あくまでも助演の渋い位置というところですが。

    ちなみに今書いているところで、まだメインヒロインが名前と顔しか出てきていません。書いていてつまらないこと(以下略)

    よ、読み終わりましたー!!ヽ(○´∀`○)ノ
    最終的に1番格好良かったのはまさかの坂元氏でしたねv

    呆気ないなぁとすこし物足りなく思えた夢の中のシーンでしたが、実は婚約者に入って(?)いたと!
    ラストは一気でしたね! スピード感が好きですd('ω'〃)

    "4"のほうがもうはじまっているようなので、また次回から拝読させていただきますね♪♪ それでは

    >せあらさん

    ありがとうございます。
    ショートショートも読みに来てくださいね(^^)

    次話は来年なのですね^^
    楽しみにしています♪

    >せあらさん

    とりあえず、小野瀬孝史くんのことはなんとかしないといけませんから、桐野くんの冒険はまだ続きます。
    いちおう全五部作の予定です。第4シリーズは来年1月から連載予定です。
    前にもところどころでコメント欄に書きましたが、次シリーズで、桐野くんは新興宗教の女性指導者と大恋愛して悲惨な目に遭います。恋愛ものなんぞついぞ書いたことがないので不安でいっぱいだったりします(^^;)
    実生活でも経験ゼロだしな(^^;)

    その間ひと月はショートショート書いてますので、どうか読みにきてくださいね~♪

    こんにちは^^

    ここまで一気に読みましたが、最後まで物語の中にどっぷりと浸らせていただきましたv
    欲を言えば、後半が淡々と進んでいたのでもう少し深く掘り下げてほしかったかなーということですが、これもお話が面白かったから言える台詞なんですよね^^
    ↑欲張りすぎです^^;
    「吸血鬼を吊るせ」はこれで終わりのようですけど、次回作はこの続きになるのでしょうか?それとも新しい作品??
    ともかく、また楽しみにしていますねv
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【吸血鬼を吊るせ 3-5】へ
    • 【樹になった龍の昔話】へ