映画の感想

    「燃えよドラゴン」見た

     ←J・P・ホーガン 星を継ぐもの →1983年(1)
     またもブログDEロードショーの音楽映画祭参加作品である。音楽が印象的な映画ということで、「燃えよドラゴン」を見た。だって、あの音楽がかかって、「アチョー!」といわない人間が存在するとは思えない(笑)。これは立派な音楽映画だ。(そうか?)

     いったいこれで何回目になるかわからんが、いやー、何回見ても面白い。あからさまに低予算がにじみ出ているのだが、ブルース・リーというスターがひとりいるだけで、21世紀の今もこうして人を楽しませるのだから、まさにB級映画の鑑みたいなものである。

     しかし何回も見ると、ブルース・リーの身体、たしかに痩せすぎだ。筋肉もりもりという身体ではもとからないが、筋肉が断食の行をした後の修行僧みたいになっておる。それがばきばき動いて押し寄せる敵を片端から倒す、かっこええ。もしブルース・リーが万全の体調でこの映画を撮っていたら、逆に世界的なヒットはしなかったのではないだろうか、そんなことまで考える。

     ブルース・リーの顔には虚無感も漂っているしなあ。「死相一歩手前」という言葉がぴったりくるようなあの虚無感と、そこからにこっと笑った時のあの菩薩のような感じ、それが絶妙に組み合わさってあの映画の雰囲気は作られているような気がする。そう考えると、公開当時の香港では不入りだった、というのもわからんではない。病気になる前のブルース・リーの肉体と動きに慣れ親しんでいたものには、あの映画でのリーは悲しすぎたのではないだろうか。

     まあいい。われわれはあの映画の、あのテーマ曲がかかったら、「アチョー!」と反射的に叫ぶということをこれからも何十回となく繰り返すだろうし、おそらくは、人類が絶滅でもしない限り百年先でも「アチョー!」といっていることだろう。

     ああ面白い映画だった。明日も見よう。
    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    【J・P・ホーガン 星を継ぐもの】へ  【1983年(1)】へ

    ~ Comment ~

    Re: ECMさん

    デブゴンないんですよ近くのレンタル屋に。(T_T)

    個人的にはサモ・ハン・キン・ポーよりはリー・リン・チェイのほうが好きです。サモ・ハン・キン・ポーのつけた殺陣で演じるリー・リン・チェイの映画も見ましたが、やっぱりなにやっても美形は映えますな(^^)

    NoTitle

     燃えよドラゴンのついでに、そのパロディーの『燃えよデブゴン』もぜひ観て感想をお願いします。

    Re: 宵乃さん

    黄色いジャージは別の映画だったりします(^_^;)

    「死亡の塔」だったっけ。

    NoTitle

    聴けばすぐに映画が思い浮かぶ曲って素晴らしいですよね。この作品もそんな曲に出会えて幸運でした。
    この作品は、ブルースリーとこの曲と黄色いジャージで出来ていると言っても過言ではない!(笑)
    3作品目もご参加ありがとうございました♪
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【J・P・ホーガン 星を継ぐもの】へ
    • 【1983年(1)】へ