ゲーマー!(長編小説・連載中)

    1983年(1)

     ←「燃えよドラゴン」見た →戦争映画ベストテン
     1983年

     修也はPB-100を持て余していた。

     嫌っていたわけではない。それはどこまでも魅力あふれる存在だった。だが、修也には、それをどう使用すればいいのかがわからなかったのだ。

     ひとくちにBASICといってしまうと、非常に簡単な、初心者向けの代物に思える。まあ、その通りではある。文字を打ち間違えたりプログラムをミスすれば、必ずエラーを返してくれるし、多くのパソコンにあった「機械語」のように、コンピュータを暴走させてしまうわけでもない。痒い所に手が届く、いってみれば、実によくできたパソコン言語であった。

     裏を返せば、BASICを学んでプログラムを組めるようになるということは、「外国語をひとつ覚えること」に等しい作業なのだ。これに修也はめげた。修也の頭は、完全に日本語だけで動いていたようなものだったからだ。

     膨大な英語の命令! それにもまして、どう使えばいいのかもわからぬ膨大な関数! 小学生の修也には、ディグリーとラジアンとグラジアンの違いすらわからなかった。まあ、これは「わかれ」というほうが無理だったろうが。

     修也はマニュアルの分厚さと難解さとに頭を抱えた。マニュアルが無理だったら、ステップアップ方式の教科書である、付属の「パソコン必勝法」を読んで独習すればいいものであるが、修也にとっては残念なことに、修也には「根気よく何かを習う」ということができなかったのである。学校の授業でも、すぐに、注意があちらこちらにそれ、教科書の20ページを読んでいたかと思えば急に60ページをめくり、そこから5ページに戻って、興味の赴くままに教科書を読む、という読み方をしていた。修也の学校の成績はそう悪くはなかったが、それはそうした具合に「教科書をエンターテインメント小説かなにかと勘違いしたかのような」読み方により、いくらか人より読み返した回数が多かったからであろう。

     いずれにせよ、そうした読み方で小学四年生にBASICが身に着いたらこれは奇跡である。むろん、奇跡は起こらないからこそ奇跡なのだ。

     修也はマニュアルを投げ出し、

     10 PRINT”SHUUYA”
     20 PRINT”KOBATA”
     30 END

     などと恥ずかしいほどに原始的なプログラムを書いては、無為に遊ぶことに時間を費やすのであった。

     そしてもう、わけがわからなくなって、修也は本に従う学習をやめた。
    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【「燃えよドラゴン」見た】へ  【戦争映画ベストテン】へ

    ~ Comment ~

    Re: 椿さん

    ここでシャープのPC-1500とかが渡されていたら、それこそちんぷんかんぷんで修也くんはパソコン大嫌いになっていたんじゃないかと思います。いや、作者としての考えですが(笑)。

    この小説はあくまでもフィクションで(笑)。

    NoTitle

    修也くん頑張って……た??(^-^;
    4年生でBASIC独習はムリですよね……解説本も大人向けだろうし。
    そう言う自分も16行のプログラム組むのがやっとでした。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【「燃えよドラゴン」見た】へ
    • 【戦争映画ベストテン】へ