映画の感想

    「ミロクローゼ」見る

     ←海外ミステリ63位 ヒューマン・ファクター グレアム・グリーン →海外ミステリ64位 ホッグ連続殺人 ウィリアム・L・デアンドリア
     ブログDEロードショーの企画として見る。

     思ったままを書く。

     最初の30分はひたすら退屈だった。意味不明の展開、笑えないジョーク。

     しかし、そこを抜けると、ようやく「この映画の楽しみ方」がわかってきて、そこから先はもう面白くてたまらなかった。

     作中に鈴木清順が出てきたときには「ああ、やっぱり(笑)」と思った。

     この映画の脚本であるが、支離滅裂で意味はない。意味はなくて当然なのだ。脚本も音楽も、すべて「映像」の美しさに奉仕するためだけに存在する。観客は、ひたすら原色が破裂し、色彩が乱舞する映像の祝祭を楽しめばいい。それだけの映画であり、そしてそれだけに絞ったがゆえにこの映画は「その夜の侍」などとは比較にならぬ「映画ならではの面白さ」にあふれている。

     この映画に「ギャグ」はない。画面の美しさを突き詰めていったら、どういうわけか「ギャグ」としか思えないシーンができていた、というのが正直なところではないのか。求めるのは原色にあふれた画面のみである。撮れる映像が面白い、となったら、整合性など捨てて、とにかくその映像に最短距離で持って行けるように、脚本を映像に奉仕させるのだ。

     それは「その夜の侍」の、観客の期待を裏切る方面に脚本を脱線させよう、という意図から来る理不尽な展開により、辛気臭い映像ばかり撮っていた、みみっちくさもしい根性とは根本的に違う。観客の期待など、この映画の脚本は一顧だにしていない。

     絵本のような映像から一転して都会派コメディのような画像に、そしてそこからまた一転してスタイリッシュなSFヤクザ映画に移行する! リアリズムなんぞくそくらえ! もしも映画として「決まりきった物語」自体を破壊したいのなら、脚本段階でここまでやらなきゃ嘘だ。

     童話的でエロチックで都会的で残酷でバカバカしくて……どこまでもカッコいい!

     鈴木清順の映画が見たくなってきた。海外で評価されるのもうなずける。これが日本国内では評価されないでいるのが信じられない。裏を返せばそれだけ日本映画界内部での格付けがおかしいのだ。

     傑作。
    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    【海外ミステリ63位 ヒューマン・ファクター グレアム・グリーン】へ  【海外ミステリ64位 ホッグ連続殺人 ウィリアム・L・デアンドリア】へ

    ~ Comment ~

    Re: miriさん

    コメント遅れて申し訳ありません。

    分かりやすい映画の方が楽しいのはわたしも同じですが、個人的には「ミロクローゼ」のほうがわかりやすい映画だった気がします。「ミロクローゼ」では、作中の人物は素っ頓狂で意味不明なことをしますが、映画中で見せられたキャラクターの人物設定通りの素っ頓狂で意味不明なことをするのである程度安心できる。

    「その夜の侍」では、捕まって拷問されて灯油まかれて火を付けられそうになった人間が、警察に駆けこんだりするのではなく、「あの人を助けなくちゃ」的な反応を見せるのがもう理解不能で……。

    虫の居所でも悪かったのかなわたし(^^;)

    あ、「東京流れ者」見ました。60年代とは思えぬほどムチャな演出やってました。セットでやるアクションシーンが、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の、「色がついた部屋」のギャグみたいな演出をされているんです。クライマックス、真っ白な部屋で真っ白なスーツに身を包んだ主人公が襲ってくる黒ずくめの男たちを次から次へと撃ち倒すアクションシーン、美しいんですけど、当時の人から見たら「なんじゃこりゃ」だったんじゃないかなあ(笑)

    Re: 宵乃さん

    たしかにあのスローは多すぎた(笑)

    陰々滅滅とした「その夜の侍」を見た反動でかなり甘めに評価してしまったかもしれません。それでもあのアクションシーンはカッコよかったなあ、と思うんですよね。

    「オー! マイキー!」は前にCSでかかっていたんですが、毎日深夜に録画するのがたいへんで3話くらい見てやめてしまいました(^^;) 100話以上続く人気シリーズになったみたいで、惜しいことしたな(^^;)

    昨日はコメントを有難うございました☆

    >観客の期待など、この映画の脚本は一顧だにしていない。

    そういう映画が多いのかもしれませんね~。
    「侍」の方も同じかも?

    古い人間ですので、やはり映画にはわかりやすい面白さを
    求めてしまいます。。。

    ただ、この映画、違うときに見たら
    すごく気に入ったかも?しれません、いつかずっと先で再見します☆


    .

    NoTitle

    おはようございます、こちらも観て下さってありがとうございました。
    ポールさんの好みにピッタリだったようでよかったですね!
    美術へのこだわりはすごかったと思います。個人的には、殺陣はもう少しスロー控えめだったらよかったのになぁという感じでしたが。
    この監督さんのTVミニドラマ?「オー!マイキー」も機会があればぜひ。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【海外ミステリ63位 ヒューマン・ファクター グレアム・グリーン】へ
    • 【海外ミステリ64位 ホッグ連続殺人 ウィリアム・L・デアンドリア】へ