ゲーマー!(長編小説・連載中)

    1983年(9)

     ←死霊術師の瞳 1-4 →あけましておめでとうございます
     次の朝、修也は寝床から飛び出すと、着替えや朝食もそこそこにPB-100の置いてある居間へと向かった。

     修也はPB-100に「RUN」と打ち込んだ。

     ゲームが始まった。

     修也は敵を探した。高移動力のファイターモードで、どこかに存在する敵を探すのである。

     画面上に「・」のキャラクターが現れた。敵だ。それが、今はグラージだかリガードだかはわからないが、ゼントラーディ軍の戦闘ポッドなのだ。

     修也はバルキリーを加速させ、敵に接近を試みた。

     敵のキャラクターが「+」になった。接近したことにより、いくらか大きく見えてきたのである。

     とにかく敵を照準に収めなければならない。修也はバルキリーを左右に動かしながら、敵を「( )」の中に収めようとした。



      *( )



       〇 )



       ( 〇



       ( R

     敵はリガードだ! この位置からは敵も撃ってくる。修也はバルキリーをバトロイドに変形させた。とはいっても、画面の表示が「F」から「B」に変わっただけであるが。



      R( )



       R )



       ( )R



     修也は歯ぎしりした。おのれちょこまかと。バルキリーの動きと敵の動きはうまく噛み合わず、なかなか照準にとらえることができない。

     反射神経が鈍いのではないか、というのは高性能な今のゲーム機に慣れているからいえることである。だいいち、この「バトロイドバルキリー」というゲームは、アクションゲームではなかった。数値を入力して反応を見るという、ある意味ボードゲームに近いものだったのである。



       (R)



     ついにリガードが照準に入った。修也はビームを撃った。

     撃墜!

     これが修也が最初に倒したPB-100のゲームの敵であった。
    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    【死霊術師の瞳 1-4】へ  【あけましておめでとうございます】へ

    ~ Comment ~

    Re: 椿さん

    なにしろ桁が12しかないので、遊ぶ側にも想像力が求められたのです。メモリーも変数入れて2KBと、かなり厳しい制限がありましたしね。

    しかしあのころのPBユーザーの想像力にはすさまじいものがありまして(笑)

    カシオさん再販してくれないかなあ。プログラムリストつきで……「子供の科学」でもいいから(笑)

    NoTitle

    * (
    ( 〇
    ( R 
    可愛すぎる……! 近付いてくる感が……!!

    画面表示が「F」から「B」に変わっただけとか、アクションゲームではなくある意味ボードゲームとか……面白い(^O^)
    自分で苦労して打ち込んだゲームだから、遊ぶのもより楽しいのでしょうね。

    Re: LandMさん

    わずか十二文字しか表示できない上にPCGすら存在しないのに、このポケコンで「エッチなゲーム」を作った猛者がおりまして、プログラムを入力して高校にポケコンを持って行ったら大人気でした(笑)

    世の中想像力です(笑)

    Re: 宵乃さん

    なにせRAMが変数入れても2kbしかないので(^_^;)

    そこらへんのPB事情についてはおいおい書きます(`・ω・´)


    ファンタジー映画、なにを見ようかなあ。レンタル屋で悩みそうです(^_^)

    Re: ECMさん

    やりました。複数入れるやつ。

    でも変数が使い回しだから管理しないとハイスコアが消えてしまったり(笑)。

    昔のプログラムの本が売ってないかアマゾンとヤフオクを見てみましたが、あのころのマイコン関連書籍、なんかものすごい稀覯本になっているみたいですね。取っときゃよかったと後悔しています(^_^;)

    NoTitle

    昔はあれですよね。
    こういうシンプルなゲームに夢や期待を膨らませるものでしたよね。
    今はなんだ・・・映像も馬鹿みたいにレベルアップしたから、
    想像や夢を膨らませることがなくなりましたよね。

    あけましておめでとうございます

    シンプルなゲームですね~。実際にこういう文字を見て遊んでいるというのが伝わってきて面白かったです。
    ところで、1月20日(金)から今月末まで、恒例の「真冬のファンタジー企画」をやります。よかったら今年もファンタジーやSF映画で盛り上がりましょうね~。

    NoTitle

     PB-100のゲームでは想像力が必要になりますね。
     PB-100は10種類までプログラムを登録できるので、一度入力したプログラムを、消さずに別のプログラムを入力できるのがよかったです。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【死霊術師の瞳 1-4】へ
    • 【あけましておめでとうございます】へ