映画の感想

    「ロスト・ワールド」(1925)再見

     ←ナイトメア・ハンター桐野あれこれ002 →死霊術師の瞳 4-4
     ブログDEロードショーの一環として見る。原作はいわずと知れたコナン・ドイル御大の秘境冒険小説。何度も見た映画である。それでもBGVとしてかけたつもりが、つい見入ってしまった。

     なんといっても恐竜がかわいい。それにつきる。人形アニメでぬるぬる動く恐竜たちは、日本のぬいぐるみによる特撮とはまた違った魅力を持っている。「人間」とは骨格からして違うのに、それが細かいところまで芝居をするからもう楽しくてたまらない。なんでも特技監督のウィリス・オブライエンはこの特撮に七年かけたそうだが、それだけの甲斐はあった。歯をむいて威嚇するアロサウルスもブロントサウルスも、結構強いトリケラトプスもやられ役のイグアノドンも、みんなそれぞれにかわいいのだ。最初にチャレンジャー教授一行が目撃するプテラノドンが飛来してくるシーンなんて、「監督わかってる」としかいいようがない。当時の観客にとっては、「ジュラシック・パーク」でのスピルバーグの特撮以上に、カルチャーショックを与える映像だったのではあるまいか。だって比べるものが他にないもんな。

     ラストシーンで大暴れするブロントサウルスには、もう、「行けー、やれー、壊せー」である。個人的には「キング・コング」の市街破壊シーンよりもこっちの方が好きだ。もう、どれだけものを壊しても、かわいいから許しちゃう。

     伴奏がなかったせいか、監督が狙っていただろう映像よりはいくぶんコミカルに見えているのかもしれない。ショッキングな音楽流せばそうとう怖くてスリリングな作品かもしれないなあ。

     この作品がなかったらゴジラはおろかハリーハウゼンもキングコングも存在していなかっただろう。存在したとしても、かなり遅れてくることになったことは疑うべくもない。

     手作り感、というよりも職人の手作業による芸術品、といったほうがいい迫力と興奮が味わえる秘境冒険映画。音が無かろうと、役者の芝居が時代がかっていようと、白黒だろうと、楽しめることは保証する。人形アニメではあるが、「わくわく動物ランド」よりもよっぽどわくわくな動物のランドだ。こんな面白い映画をタダで貸してくれる土浦市立図書館の太っ腹に万歳。
    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【ナイトメア・ハンター桐野あれこれ002】へ  【死霊術師の瞳 4-4】へ

    ~ Comment ~

    Re: miss.keyさん

    えーと……。

    ごめん。元ネタなんやったっけ(^_^;)

    マジで思い出せへん(^_^;)

    魔法の泉のおばちゃんが哀れ

     主人公の仲間を助ける為に魔法の水を使い切ってしまったお姐さんがいましたなぁ。魔法の水を泉からくみ上げようとしたら泉の水が突然砂になってしまって、お姐さんは一気に老化して哀れ屍に。理不尽なお話にもやもやさま~ずでした。

    Re: 宵乃さん

    版権も切れていることだし、もしかしたらYoutubeに動画が上がっているかな? と思ったら上がっていました。しかも音楽つき。

    残念ながら字幕は英語ですが、話の筋を知っていたら理解できます。

    https://www.youtube.com/watch?v=l7vcKwmMzXA&t=395s

    しかしマローン君、ひどい人だねえ(^^;) ロマンスの存在しない原作に無理やりロマンス入れたからですが(^^;)

    NoTitle

    この作品は未見なんですよ~。
    ぬるぬる動く恐竜、いいですね。そういうの大好きです。
    当時は人々の度肝を抜いただろう作品…映画ファンなら一度は見ないとですね!
    三作品目もありがとうございました♪
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【ナイトメア・ハンター桐野あれこれ002】へ
    • 【死霊術師の瞳 4-4】へ