東西ミステリーベスト100挑戦記(ミステリ感想・やや毎週土曜日更新)

    海外ミステリ83位 男の首 ジョルジュ・シムノン

     ←断捨離 →仕事
     メグレ警部ものの名作であるが、正直、どう評価したらいいのかわからないところもある。まず、純粋な謎解きタイプのミステリではない。次に、ハードボイルドでもない。かといって、警察小説というのとも違う。「シムノンの小説」としかいいようのない独特の世界がここにはある。

     「メグレ警部なんて、想像力だけでできているような男だ」といったのは、誰だったろうか。正鵠を射た表現だと思う。なんというか、その捜査のやりかたときたら、そう……捕物帳的なのだ。論理や行動よりも、「主役のパーソナリティ」だけで話が進み、犯人が捕まる。

     そういう視点で見ると、このメグレ警部に一番近いのは、「鬼平犯科帳」の長谷川平蔵かもしれない。むろん、一介の警察官であるメグレは犯罪組織と戦ったりスパイを操ったりはしないが、長谷川平蔵と同じく、ほぼ「自分の人間性」だけで犯人に肉薄していくのだ。こういう探偵である以上、細かいトリックなどは向いていない。メグレが犯人を暴いたときには、どうしようもない人間の業みたいなものがぽろりとこぼれ落ちる。作者が読者に突き付けたい謎の正体がそれだ。池波正太郎もそのようなことを考えて「鬼平」を書いたのではないだろうか。

     こういういいかたは嫌いだが、「人間の謎」というものが中心となっているとき、それはもはやミステリではなくなってしまうのではないか。たしかにそこにはドラマがあるが、論理のかたまりのような前期エラリー・クイーンにメグレの出会うような犯人たちを捕まえることができるかといったら難しいだろう。そこで悩み抜いてしまったのが後期のクイーンだが、その話は措いておく。

     さて、「男の首」の話に戻るが、これなんか『鬼平』か『剣客商売』のエピソードのひとつにしてもいいようなストーリーである。警察官であるメグレが納得できないという理由だけで、夜中に刑の執行を目前に控えた死刑囚を脱獄させパリの街を泳がせるというのだから、1931年という発表年代を考えても、まあこんな話がリアルに書けた時代なんだねえ、というか、多分に時代劇っぽい。そしてメグレの前に容疑者が現れてからの心理的な闘争は、ぜひとも鬼平となんとか藩の若君との対決に翻案してみたいものである。

     今調べてぶっ飛んだのだが、テレビドラマのメグレ警部役にローワン・アトキンソンってどういうジョークだよイギリス人! そりゃあの人は田舎の警察署長役もやってたけどさあ……。と思って写真を見たら強面でカッコよかった。これもアリかもしれん。
    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【断捨離】へ  【仕事】へ

    ~ Comment ~

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    Re: blackoutさん

    スマートなデヴィッド・スーシェがエルキュール・ポワロを演じられるんですからビーンがメグレをやってもおかしくはないですね。

    メグレといえばジャン・ギャバンというのがこれまでのイメージで、
    https://www.bing.com/images/search?q=%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%ae%e3%83%a3%e3%83%90%e3%83%b3+%e3%83%a1%e3%82%b0%e3%83%ac&qpvt=%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%ae%e3%83%a3%e3%83%90%e3%83%b3+%e3%83%a1%e3%82%b0%e3%83%ac&qpvt=%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%ae%e3%83%a3%e3%83%90%e3%83%b3+%e3%83%a1%e3%82%b0%e3%83%ac&qpvt=%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%ae%e3%83%a3%e3%83%90%e3%83%b3+%e3%83%a1%e3%82%b0%e3%83%ac&FORM=IGRE

    ビーンの顔でどこまでできるのか、と思って写真を見たら、
    http://www.imdb.com/title/tt5017060/

    おお、なかなかイケてるじゃん! と(^^)

    ミステリチャンネルでやるのが楽しみです。

    NoTitle

    ローワン・アトキンソンて、あのローワン・アトキンソンですよね?
    ミスタービーンの?

    でも、キャラで犯人を捕まえるような展開だったらハマる気がしますねw

    個人的には、人間は論理で動かない生き物だと思ってます
    もちろん自分も含めて

    なので、ヴィトゲンシュタインの思想は、どうも響かないわけです
    なお、個人的に親近感を感じるのが、ニーチェ、カント、フロイトあたりですかね

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【断捨離】へ
    • 【仕事】へ