ゲーマー!(長編小説・連載中)

    1984年(1)

     ←オフ会しようぜ! →海外ミステリ79位 見えないグリーン ジョン・スラデック
    1984年



     不幸な事件があった。修也の通うはずだった中学校で、自殺事件があったのだ。むろん、原因は「非行」と「いじめ」である。修也にとっては「どこの学校でもあることじゃないかな」程度の認識であったが、両親にとっては違ったらしい。

     かくして、修也は家では一切の「ゲーム」を禁じられることになった。M市内にある、県内では名門の私立中学校の受験をするためだ。小学生に否も応もない。塾通いが始まった。

     幸運なことに、修也自身は、学校の勉強は「できる」ほうに属した。学校で行われた「知能テスト」を、修也は楽しく解いた。「ゲーム」のつもりだったのである。問題の中には1ページを全問解いてまだ時間が余ったものもあった。修也は、結果が非公表であることに不満を持った。後に教師がホームルームの時間に、「先生は、勉強ができないのに努力している人は素晴らしいとは思いますが、勉強ができるのに怠けている人はいけないと思います」と説教した。修也はいつものようにノートの隅に落書きしながら聞いていた。誰だろう、その努力していないいけないやつというのは、などとぼんやりと考えながら。

     「ゲーム」の禁止は家とゲームセンターとに限られていた。それが修也には唯一の救いだった。小学校も高学年に上がると、小学生の行動範囲は飛躍的に拡大する。

     修也は、友人のMやSと連れ立って、遠距離通学をしている隣町のNの家にちょくちょく遊びに行くようになった。目当てはもちろん、Nの家にあったファミコンである。

     Nは昔から心臓に持病があった。少しでも激しい運動をすると生命にも危険が、というレベルのものである。家から出られないNは、その代わりとして、かなりの量のファミコンのカセットを持っていた。「ドンキーコング」「ドンキーコングJr.」「マリオブラザーズ」「ポパイ」「ベースボール」といった、当時手に入る主なカセットを。

     修也はアクションゲームは好きだったが、けっしてうまくはなかった。

     「マリオブラザーズ」でファイヤーボールへの激突を繰り返すたびに、修也は口惜しがってうめいた。Nは笑ってひらりとルイージをジャンプさせ、こぼれてきたコインを拾った。

    「難しいなあ、これ」

     三人目のマリオを失って、コントローラーをSに渡した修也に、Nは笑顔を向けた。その間も指はコントローラーの上で目まぐるしく動いていた。

    「やってれば、そのうちうまくなるよ」

     Nの言葉に、もっともだ、と修也はうなずいた。問題は、自分の家にファミコンがないことと、近い将来やってくることもないだろうということである。
    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【オフ会しようぜ!】へ  【海外ミステリ79位 見えないグリーン ジョン・スラデック】へ

    ~ Comment ~

    Re: らすさん

    あれは楽しかったですね。

    ファミコンの持つ高度なスクロール能力のせいで時代がスーパーマリオになり、固定画面式の元祖マリオブラザーズが完全に忘れられてしまったのはゲーム界でも痛恨事ではないかと思います。

    今やってもおもしろいもんなあ(^^)

    NoTitle

    こんばんは(*'ω')

    小学生の時に友達の家で初めてプレイしたファミコンソフトが、
    「マリオブラザーズ」でした。
    2人同時プレイではお互い協力することも邪魔することもできる。
    こんな楽しいゲームがあるのかと興奮しました。
    あれから30年余、ゲームも劇的に進化しましたね~

    Re: LandMさん

    我々の世代では誰もが通る道でしょう(笑)

    このゲーム禁止のお達しはさらにまた修也くんを苦しめることになるのですが、それはまた後のお話(笑)

    Re: 椿さん

    勉強は好きではありませんでした。「退屈」だったので。我ながらやなガキですね(^^;)

    ここで取り上げている「マリオブラザーズ」は、スーパーマリオではないのです。スーパーマリオが現れて一世を風靡するのはこの翌年になります(^^) 確かこないだ発売されたミニファミコンに入っていたかな。床を頭突きして敵を動けなくしてから蹴っ飛ばして倒す、二人同時にプレイできる協力型ゲームなのですが、なぜか恐怖の殺し合いに(笑) ゲームセンターでは大人気でしたね。なにせ50円ワンコインだけで二人同時プレイができたので。任天堂は商売上手でありますな。(笑)

    NoTitle

    ゲーム禁止は結構酷ですよね。。。
    子どもにとっては。
    期間限定ではともかくとして、ずっとというのは難しいですからね。
    ゲームする習慣がない子どもはともかくとして。
    私も期間限定でゲーム禁止令を出されました。
    \(゜ロ\)(/ロ゜)/

    NoTitle

    子供が命を落とす事件は胸が痛むので、心配するご両親のお気持ちは分かりますが……
    ゲーム禁止は厳しい(^-^; 子供にとっては厳しすぎる措置ですね。勉強が嫌いではないのが救いですが。

    マリオは3を持っていてよくやりましたがステージ2までしかクリアできなかったです。アクションやシューティングが上手い方は尊敬します。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【オフ会しようぜ!】へ
    • 【海外ミステリ79位 見えないグリーン ジョン・スラデック】へ