映画の感想

    「散り行く花」見た

     ←ロック →海外ミステリ80位 ナヴァロンの要塞 アリステア・マクリーン
    ブログDEロードショー「感涙映画祭」2作目。あの「イントレランス」のグリフィス監督の作品である。

    「恋愛もの」の「悲劇」で「泣ける」作品と聞いていたので図書館で借りたのだが、うーむ、これはなんというか、「悲劇」ではあるが「恋愛もの」ではないのではないか。広義の恋愛ものではあるが、「仲むつまじい恋人たちが」という映画では断じてない。どちらかといえば、フェリーニの「道」を彷彿とさせる、社会的に問題がある三人の男女が織りなす人間ドラマである。いや、フェリーニがこの映画からアイデアを得たんだろうな、きっと。

    主人公は三人。ひとりは、中国から非暴力と愛に満ちた仏教の教えを伝えるための伝道師としてアメリカにやってきたものの、夢やぶれて今では阿片を吸い無気力な生活をしている雑貨屋の店員の東洋人。

    もうひとりは、粗暴な性格で女と酒が大好きで中国人に差別意識丸出しのボクサー。

    最後の一人は、ボクサーが取り巻きをしていた女のひとりに産ませた娘で、しじゅう虐待を受けていて笑い方さえも知らない少女(演じるのはリリアン・ギッシュだ、もちろん)。

    この少女を演じるリリアン・ギッシュの演技が神懸かり的である。無声映画ならではのオーバーアクションなのだが、怯えることしか知らず、いつも父に殴られて、恐怖に満ち満ちた表情を、こんなに生き生きと演じる女優なんてリリアン・ギッシュくらいだろう。その恐怖をグリフィス監督は監督ならではのアップの多用で強烈なまでに描く。

    あまりのボクサーの折檻から逃げ出した少女は、たまたま扉に鍵をかけ忘れていた東洋人の店に転がり込んで意識を失う。かねてから少女の美しさに気づいており、同情していた東洋人青年は必死で看護し、美しい衣服を着せ、食事を取らせる。このとき鏡を見せられた少女の「わたし……これがわたし?」という感じの表情の演技がまたすばらしい。リリアン・ギッシュ、妖精のように美しい。

    生まれて初めて親切にされ、安らいだ顔で眠る少女を見て、青年が必死で理性を保ち、悪しき欲望と戦っていたりするころ、ボクサーのもとに密告者がやってきて、

    「あんたの娘は中国人の家にいるぜ」

    「なんだと! 許しちゃおかねえ。試合が終わったらそいつの家へ殴り込みだ!」

    その後の壮絶きわまる展開についてはあえてここでは書かない。毛穴まで見えるようなグリフィス監督の過激なまでのクローズアップの演出といい、恐怖に駆られて泣き叫ぶリリアン・ギッシュの恐るべき演技といい、たしかにこれは百年先まで残してしかるべき作品だ。

    とまあ、この映画は「恋愛」というよりは「DV」と「コミュニケーション不全」と「移民問題」という、百年前からアメリカ社会が直面している問題を正面から取り扱っているのだ。

    「泣ける」映画というよりは、静かに、じわじわ、「現代社会ってこれでいいのか」と悲しくなってくる映画。

    そういうのが嫌いなかたは、素直に本作における天使のようなリリアン・ギッシュを愛でましょう(^_^)

    どうでもいいけど「シャイニング」で斧を握って襲ってくる狂気の父親の元ネタは、絶対この映画だ(笑)
    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【ロック】へ  【海外ミステリ80位 ナヴァロンの要塞 アリステア・マクリーン 】へ

    ~ Comment ~

    Re: えぐさん

    おお、ご覧になられましたか。リリアン・ギッシュ、笑うにしても泣くにしてもすごかったですね(^^)

    13歳の女の子を演じているリリアン・ギッシュが当時26歳で、さらにそれが違和感がない、というものすごさ(^^) 15年後、この映画のリメイクを作ることになったグリフィス監督は、役者選びの時、当時40代のリリアン・ギッシュに電話をかけ、制作会社からクビといわれたそうな。

    今日は「東への道」を見ましたが、リリアン・ギッシュ、グリフィス監督にとっては「運命の女」だったんでしょうなあ。それが監督の悲劇のもとだったんだと思います。

    Re: blackoutさん

    あの作品見てないんですよ……(^^;)

    この映画は、どちらかといえば天童荒太の小説が扱うようなテーマですね。

    恋愛よりもドメスティック・バイオレンスと、コミュニケーションの断絶のほうを強く感じた映画でした(^^)

    NoTitle

    ネットで検索をかけてYouTubeでもみてみました。ネタバレも…
    なんとも悲劇というか悲しい映画ですね。
    リリアン・ギッシュ、なんとも演技が素晴らしい!
    最近知った台湾映画「クーリンチェ」も何とも言えない映画です。
    実際に起きた少年事件を題材にしたものですが
    これも恋愛が絡んだ悲しい事件を引き起こすところは
    「散りゆく花」に似たものがあります。
    シャイニングは映画そのものより
    ジャックニコルソンの斧を持って追っかけて来る顔が怖かった~(ーー;)

    NoTitle

    この記事を見て、レオンを思い出しました
    ええ、ナタリー・ポートマンとジャン・レノです

    あれも恋愛といえば恋愛な気がしますが、ジャン・レノはナタリー・ポートマンの想いを受け取れてないですし、ゲイリー・オールドマンはむしろ犯罪者でしょ?的な感じですし、あれも、これでいいわけ?…いや、こんなもんだ、これでいいんだ、って思ったりします

    ※続き更新しました
    自分の視点は、汚染された世界で生きる3人の人間たちを俯瞰している感じです
    まぁ、ギャグや笑いをつけるのは映画やアニメに委ねればいんじゃない?って思ってるので、気の済むように、神への復讐と刺し違えを描くことにします
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【ロック】へ
    • 【海外ミステリ80位 ナヴァロンの要塞 アリステア・マクリーン 】へ