東西ミステリーベスト100挑戦記(ミステリ感想・やや毎週土曜日更新)

    海外ミステリ96位 お楽しみの埋葬 エドマンド・クリスピン

     ←たまにはバトン →2017年暑中見舞いイラスト!
     この企画をやるうえで、この本を読むのも楽しみだった。なにしろ、恐ろしく長いこと絶版品切れが続いている本なのだ。いまアマゾンで流通価格を調べたら、最も安いもので中古品が2500円からとかいう状態なのだ。国書刊行会や論創社といったところがクリスピンを発掘してはがんがん売り出してもいまだこの作品だけは再版されないのだ。よほど売れなかったらしい。

     というわけで、図書館で取り寄せてもらって再読した。最初に読んだときはたしか松戸の図書館で読んだのだっただろうか。ちょっと拍子抜けした覚えがある。さて今回はどうか。

     にやにや笑いをしながら読んだが、うん、たしかにこれは、出たとしても固定客しか買わないな、というのが結論。こういう、イギリス人の大学教授が趣味丸出しで書いたユーモア・ミステリ、そうしたイギリス人の大学教授が面白がるようなネタを面白がる人しか買わないだろう。例えば本書中で、国会議員に立候補した名探偵フェン教授が、選挙参謀から「中身のない演説」をやってくれ、といわれて、早川文庫版でまるまる1ページ以上を潰して「中身のない演説」を延々とやる、というギャグをゲラゲラ笑えるか、それともつまらんと思うか、そこは趣味の問題であろう。テレビの「空飛ぶモンティ・パイソン」に出てくるようなギャグが好きかどうか、ともいえる。

     もし波長さえ合えば、このエドマンド・クリスピンや、マイクル・イネスといった作家のミステリはハマることこのうえないはずだ。よく練られたプロット、奇人変人だらけの登場人物、どっさりあるくだらないギャグ。そして意外な真相。ミステリとしては申し分ない。ただ、いくらか訳が古くなっているところもあると思うので、改訳作業が必要だろうとも思う。

     そもそもが、この本が絶版品切れということ自体が間違っているのであって、早川書房はこの本の改訳作業に手間取っているから重版をわざとかけていないのだ、と思いたいくらいだ。もっとマニア向けなスラデック「見えないグリーン」が再版かかるくらいだし。

     解説で、訳者がこの本の原題「Buried for pleasure」の訳し方について頭をひねっていたが、そう難しく考えなくても、作品の内容から考えると、フェン教授が幻滅を味わうはめになった「選挙運動」と「政治家転身」というふたつのことを、喜びに満ちながら埋めちまおうぜ、という含みの題だと思うので、「お楽しみの埋葬」という邦題で何も間違っていないんじゃないかなあ。
    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【たまにはバトン】へ  【2017年暑中見舞いイラスト!】へ

    ~ Comment ~

    Re: 椿さん

    著者のクリスピン先生はいわゆる知識人ですので、知識人がよく陥る「ちょっとひねったことをいってギャグにしてみる」という悪癖があり、原書で読むことはおすすめしません(笑)

    マイクル・イネスなんてなるとさらにそれが顕著で、内容はものすごくバカバカしいスラップスティック・ミステリなのに、名だたる翻訳家がそろって音を上げた、という……まあそれじゃ売れるわけもないか(笑)

    Re: 面白半分さん

    好きな人間にはたまらないんですけどね、売れないんでしょうなあ。創元が「愛は血を流して横たわる」を文庫でリリースしたときには、来るかクリスピン新時代!? と期待したものですが。

    クリスピンやイネスの票までバークリーが食っちゃったのかなあ。

    NoTitle

    また面白そうな紹介を……
    図書館でも簡単に見つかりそうもないのが難ですが、原書の方が安いのか…… いや積んである本がいっぱいあるしなあ……

    NoTitle

    これは読んでみたいですなあ。
    波長は合いそうです。

    長らく忘れていましたが
    かつて東西ミステリーベスト100を読んでいたとき気になっていたんでしょう、タイトルはきき覚えがあります。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【たまにはバトン】へ
    • 【2017年暑中見舞いイラスト!】へ