5 死霊術師の瞳(連載中)

    死霊術師の瞳 5-3

     ←死霊術師の瞳 5-2 →マイノリティ
    「西日本?」

    「井垂島のことだ。あの本もたまには帰省くらいしたいだろう」

     わたしは余目の肩をつかんだ。

    「それだ」

    「なにがだ」

     わたしは頭の中に浮かんだことを手早くまとめ、余目に話した。

    「そもそも、奪ったやつが、あの本を使って、なにをしようというんだ? どこへ持って行こうというんだ? 常識的に考えれば、持っていく当てはひとつしかない」

     余目は眉根を寄せた。

    「それで、井垂島か? あまりに安直にすぎないか? だいたい、井垂島にあの本を持って行ったところで、なにができる」

     わたしは首を振った。

    「それはわからない。だが、あの本を効果的に利用する方法があったとしたら、それはあの島に持っていくか、もしくはあの島に手がかりがあると考えるべきだろう」

    「やれやれ」

     余目は、肩からわたしの手を払いのけた。

    「どうせ、どこかから手を付けなければいけない以上は、行動あるのみか」

    「そういうことだ」

    「ならばひとりで行ってくれ。おれはそこまでつきあいきれない」

     わたしはうなずいた。薄々だが、そんな気がしていたのだ。

    「大野老人は……」

    「悪い。もとから膵臓に爆弾を抱えていたが、それが秒読み段階に入っている、と医者はいっていた」

    「癌?」

    「もっとたちの悪い、舌を噛みそうな長ったらしい名前の難病だ。手術する方法もないことはないんだが、肉体がそれに耐えられないだろう」

     余目は、部屋がある程度きちんとなったことを確認すると、わたしから目をそらせた。

    「桐野、いま、おれのおかれている立場はわかるな」

    「想像はつく」

    「傘下の企業や、その他の利権集団が、いま、猛烈な切り崩しに遭っている。それは、おれの統括する、あまり表側には出ないほうの活動でも同じだ。あの方の権力は、あの方の肉体の衰えと同じか、あるいはいくらか上回るスピードで減少しつつある」

     余目はドアのほうに歩きだし、わたしはそれに慌ててついていった。

    「実はな、おれや女房やガキの身体のほうも、それほど安全というわけじゃないんだ。おれはいろいろな連中から恨みを買いまくっているからな」

    「じゃあなんで、わたしをこうして援助してくれたんだ」

     余目はドアノブに手をかけ、振り向いた。

    「わからんのか。『登志子のため』だ」
    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【死霊術師の瞳 5-2】へ  【マイノリティ】へ

    ~ Comment ~

    Re: 椿さん

    そう孤立無援というわけでもないのです(^^)

    どうなるかについてはお楽しみ(^^)

    NoTitle

    今回は孤立無援で戦うことになりそうな桐野先生……
    それでも「登志子のため」か。背負った思いが、重いですね。いやダジャレではなく(^-^;
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【死霊術師の瞳 5-2】へ
    • 【マイノリティ】へ