エンペドクレスかく語りき

    断章 3

     ←日本ミステリ23位 事件 大岡昇平 →日本ミステリ24位 檻 北方謙三
     エンペドクレスは町の広場に出た。

     広場では男が人を集め、隣国の脅威を語っていた。

    「やつらは愚かなことを説く宗教を信じ、それに対して信教の自由を認めている我らを襲おうとしている」

     男はエンペドクレスの姿を認め、いった。

    「おお、あなたはエンペドクレスさまではないですか。物事の本質を見据え、愚昧を憎悪するあなたなら、やつらの愚昧がわかるでしょう。ここでわたしとともにその愚昧を攻撃してください」

     エンペドクレスは答えた。

    「やつらとは誰か、わたしは知らない」

    「やつらとは隣国のものです」

    「隣国のものだからといって愚昧であるかどうかはわたしの判断できることではない」

    「でも、やつらは愚かにも宗教を信じています」

    「他の宗教の存在を許さぬことは愚かなことだが、その宗教の説くこと自体が愚昧であるかどうかはわたしの判断できることではない」

    「エンペドクレス殿、宗教は愚昧ではないのですか」

    「もし、完全に宗教を持っていない人間が、自分でもどうしようもない怒りにかられたとする。それに対して宗教を持っている人間が、『神よ、愚かにも怒りに駆られてしまったことをお許しください』と何者かに相談して自分の心にワンクッション置くことができたら、どちらがより良い人間と呼べるだろうか」

    「しかしわれわれは信教の自由を」

    「その信教の自由それ自体が、『すべての宗教活動に対する蔑視』によって構成されているとなれば、それは人間の考えだした中でももっとも恐ろしい考えではないか」

    「でもやつらは愚昧なんだ!」

     エンペドクレスは答えた。

    「その考えはたしかに愚昧ではない。ただ単に、最悪であるだけだ」

     男はエンペドクレスの言葉を理解できないようだった。

     エンペドクレスは次の町へと向かうことにした。
    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【日本ミステリ23位 事件 大岡昇平】へ  【日本ミステリ24位 檻 北方謙三】へ

    ~ Comment ~

    Re: blackoutさん

    ハードですか。

    後で読ませてもらいますね~。

    ちょっとこの頃鬱々とするニュースばかりなので鬱々としているまだ若き吉宗であった。

    NoTitle

    ええ、最悪であると同時に単に隣国の連中を愚かだと思い込んでるだけかなと
    そして、自身の愚かさを露呈してるだけ

    個人的にはそんな気がします

    そういえば新作書き始めました
    たぶん、これまで書いたなかでもベスト3に入るハードな出だしかなと(汗)
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【日本ミステリ23位 事件 大岡昇平】へ
    • 【日本ミステリ24位 檻 北方謙三】へ