FC2ブログ

    東西ミステリーベスト100挑戦記(ミステリ感想・やや毎週土曜日更新)

    日本ミステリ35位 猫は知っていた 仁木悦子

     ←ブログ月刊誌「Stella」を読もう! →自炊日記・その76(2018年4月)
     中学生のときに最初に読んだが、そのときはつまらないミステリだとしか思えなかった。驚天動地のトリックが使われているわけではなく、ユーモア・ミステリの割に笑えない作品、という印象しか残っていない。

     さて、それから三十年くらいぶりの再読である。ポプラ文庫からの再版を入手して読んだ。結構根強い人気はあるらしい。

     読んだ感想であるが、思っていたよりははるかによくできたミステリだった。よくいうコージー派を日本を舞台にやってのけた作品であり、作者である仁木悦子は、たしかにコメディリリーフとして、ワトスン役の仁木悦子という人物を出してはいるが、ユーモア・ミステリを書くという発想はなかったであろう。どちらかといえば、アガサ・クリスティーの世界に近い感じがする。

     とはいえ、これが1985年版で35位、2012年度版で77位のランキングに見合うミステリか、と聞かれたら、ううん、と考え込んでしまうのも事実。少なくともわたし好みの作品ではない。2012年度版でこれを入れるのなら、まだしも戸川昌子か夏樹静子のほうがミステリ的にも冒険しているしまだ妥当なのではないかと思う。

     どうも仁木兄妹は、兄の雄太郎も妹の悦子も、常識人すぎて好きになれないんだよなあ。最初に読んだ作品が悪かったのかな。短編「弾丸は飛び出した」という強烈なインパクトを持つ不可能犯罪ものだけど、それで過剰な期待をして見事に裏切られた経験があるので、ネガティブイメージが先行しているのかもしれない。内容は忘れてしまったが、仁木兄妹ものでは「林の中の家」も読んだけれど、あれも陰惨な作品だった気がする。

     否定的なことは書いたけれど、本作はかっちりとしたロジックでもって、ひとつの家庭で起こった事件を描いた堅牢な作品でありながら、ワトスン役である仁木悦子のはつらつとした語りで非常に読みやすく仕上がっている、「トリックよりロジックを」という都筑道夫の主張を先取りしたかのようなよくできた作品である。実質上、新人作家の登竜門としての江戸川乱歩賞としては最初の受賞作であるこれを書いたとき、作者の仁木悦子は、4歳の時に発症した重度の胸椎カリエスで実に25年間にわたって寝たきりの生活を送っていた。よくもまあこんなみずみずしい作品を書けたものだ。

     これは仁木兄妹ものをシリアスなミステリとして読み直すべきなのだろうか。図書館にある全集にまとまっていることだし。うーん、どうしよう。宿題にしておくことにしたい。
    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    【ブログ月刊誌「Stella」を読もう!】へ  【自炊日記・その76(2018年4月)】へ

    ~ Comment ~

    Re: 山西 サキさん

    仁木兄妹の事件は、出版芸術社からハードカバー4巻本に全部まとまっているので、文庫本をチェックするよりはこちらのほうが確実だと思います。

    https://www.amazon.co.jp/仁木兄妹の探偵簿―雄太郎・悦子の全事件〈1〉兄の巻-仁木-悦子/dp/4882931281

    https://www.amazon.co.jp/仁木兄妹の探偵簿―雄太郎・悦子の全事件〈2〉妹の巻-仁木-悦子/dp/488293129X

    https://www.amazon.co.jp/仁木兄妹長篇全集―雄太郎・悦子の全事件〈1〉夏・秋の巻-仁木-悦子/dp/4882931788

    https://www.amazon.co.jp/仁木兄妹長篇全集―雄太郎・悦子の全事件〈2〉冬・春の巻-仁木-悦子/dp/4882931796

    「猫は知っていた」は、あの円谷の伝説的なドラマ「恐怖劇場アンバランス」で一時間のドラマにもなりましたが、見た友人の感想によると、「つまらん」だったそうで……さすがにこの内容を一時間では無理だ(^^;)

    Re: 面白半分さん

    きっちりとしたいい謎解きミステリですよね。ところどころに「赤い館の秘密」のリスペクトなんかが入ったりして。

    仁木兄妹シリーズは復刊されて全作が読めるのはいいのですが、あまりに事件が地味すぎるきらいがあるので、手を付けようかどうか今も迷っています。

    NoTitle

    家ではママさんが文庫本を可能な限り集めています。
    「猫は知っていた」をラジオドラマでなんとなく聞いていて、え?これ、ミステリーだったんだ!と驚いたのが収集のきっかけだそうです。
    書かれた時期が古いせいで古さが目立つ部分も有りますが、サキは、とても品質の良い作品だと思っています。
    家に有る作品はみんな読んでしまいました。

    NoTitle

    本作は勝手なイメージとは違い”本格”であったことに驚きました。
    「林の中の家」もやはりポプラ文庫で買っていますが未読です
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【ブログ月刊誌「Stella」を読もう!】へ
    • 【自炊日記・その76(2018年4月)】へ