FC2ブログ

    ゲーマー!(長編小説・連載中)

    1985年(3)

     ←自炊日記・その82(2018年10月) →映画映画ベスト10
     というわけで修也の初めてのコンピュータRPG体験は惨憺たるものに終わったわけだが、それでもゲームに対する情熱は消えたわけではなかった。ベーマガには毎号のように新しいペーパーアドベンチャーが載っていたし、新しいRPGの記事が次々と紹介されていた。本屋へ行けばゲームブックが山積みされていた。黎明はまさに昇る太陽と変わった。アドベンチャーだとかRPGだとか名がつけばどんなクソゲーでも飛ぶように売れ、ゲームブックと名がつけば、どれだけパラグラフ管理がいいかげんで誤植だらけで、なおかつそこらのライターがひと晩で書き上げたような代物でも、出せばベストセラーになる時代だったのである。

     修也はNの家でファミコンのコントローラーを操作していた。

    「うまく動かないよ、このヘリコプター」

     修也がプレイしていたのは、ハドソンが満を持して発表した、アクションゲーム「バンゲリングベイ」であった。進んでも進んでも果てがない広大なマップを、ヘリコプターで探索しながら、敵の工場を爆撃して破壊するという、プレイヤーの自由度が非常に高い、当時としては野心的なゲームである。

     野心的なのはいいのだが、このゲームには、「独特なヘリコプターの操作方法」という、いささかのとっつき悪さがあった。修也も、それに悪戦苦闘していたのである。

     Nは笑った。

    「練習すればできるようになるさ」

     修也からコントローラーを受け取ったNは、なめらかかつ優雅にヘリコプターを操り、猛禽のように工場に襲いかかると、激烈なる爆撃により工場を破壊した。

    「すごいなあ」

     修也はなんとなく腹が立った。2プレイヤー用コントローラーを手にして、マイクに叫んだ。「ハドソン、ハドソン」

     呼びかけに答えるかのように飛行機の大群がやってきた。Nはにやりと笑うと、コントローラーを目まぐるしく操作し、たちまちのうちに飛行機を全機撃墜してしまった。

    「すごいなあ」

     修也は、今度こそほんとうに心からそういった。

    「こんなこと……」

     Nは、リセットボタンを押すと、修也にいった。

    「合格したんだって?」

    「うん」

     修也は答えた。極楽とんぼの気があった修也には、まだ自分が合格したことの意味がピンとこなかった。

    「また……中学に入っても、また遊びに来てくれる?」

    「うん」

     修也は答えた。

     Nはどこか大人びた表情を見せた。

    「次、なにをやる?」

    「あ、あれやろうよ。『エキサイトバイク』。やってみたかったんだ」

    「いいよ」

     Nはカセットを挿し変えた。

     画面には、モトクロスのバイクが映し出された。

     修也はジャンプとウイリーを使って、コースをクリアしようとしたが、坂を上り切れなかったり、コースアウトしたりで、さんざんな目に遭った。

    「コースを作ってみようか」

     Nが切り出した。

    「え? できるの?」

     できた。一定の範囲内でならコースのパーツを組み合わせることで、オリジナルのコースを作ることが可能なのである。

     修也は見栄えのするジャンプ台を山ほど入れた。Nは呆れたようにいった。

    「すごいコースだな」

     二人は顔を見合わせて大笑いした。
    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    【自炊日記・その82(2018年10月)】へ  【映画映画ベスト10】へ

    ~ Comment ~

    Re: 椿さん

    きれいにジャンプをしても、「このスピードでは登れるわけがない角度のジャンプ台の手前に落ちる」とか、訳の分からないコースでしたね(笑) そういうバカな遊びができるゲームでした。

    あの頃のファミコンはまさに毎日jが新しいゲームの実験場でしたねえ。

    NoTitle

    修也くん合格したのですね、でもNくんとの友情の行方は……(気になる)
    運動神経がなさすぎる自分はこういう系のゲームはさっぱりなのですが、コースを作ったりできたのですね。
    ジャンプ台満載コース楽しそうですね。クリアは難しそうですが(笑)

    Re: ECMさん

    マスターシステムというとセガですね。わたしはセガのコンシューマ機はあまり触ったことがありませんでした。「北斗の拳」が出たころに2、3回くらいかな。難易度があまりにも高すぎて、シンはおろかハートすら倒せないありさまでしたから。

    そこらへんのこともいずれ書くと思います。

    NoTitle

     究極タイガーならTOWNS版をやったことはあります。
     バンゲリングベイはプレイしたことないし、ファミコンでなくマスターシステムしか持っていなかったしなぁ。

    Re: miss.keyさん

    あったなタイガーヘリ。やったことないけど。

    ヘリが主役のゲームでは、わたしは学研のLSIゲーム「スーパーコブラ」に一時期ハマって、何周もしてして10000点取ってスコアカウンターが一回りして我に返りました(笑)

    だけどアーケードのスーパーコブラは難しすぎた。「スクランブル」より難しい。あんなのどないして攻略せえいうんじゃ(汗)

    バンゲリングベイぃぃぃぃぃぃ

    爆弾投下しても命中判定がタイト過ぎてさっぱり当たらない。あのコントロール仕様も癖がありすぎてサッパリ攻略できなかったげな。時に、タイガーヘリ(アーケード版)知ってます?弾除けが猛烈に熱かった。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【自炊日記・その82(2018年10月)】へ
    • 【映画映画ベスト10】へ