FC2ブログ

    東西ミステリーベスト100挑戦記(ミステリ感想・やや毎週土曜日更新)

    日本ミステリ98位 五十万年の死角 伴野朗

     ←日本ミステリ98位 北の夕鶴2/3の殺人 島田荘司 →剣と魔法の国の伝説 第1章・その7
     最初に読んだのは高校のころ、図書館で借りてだった。それ以来、どういうわけか何回か文庫本を買ってしまったりして、五回以上読んでいる。最後に読んだのは、古本屋に本を売りに行く直前だったから、十年くらい前か。

     というわけで再読。感想であるが、戦中の中国を舞台にした面白いスリラーだが、それだけ、という感が強い。作者は結末にあっと驚く人名を放り込んだりと、やりたいことはわかるのだが、当時は「あっ、あの人か!」でわかるネタが、いま読むと。、「誰?」になってしまうのがつらいところだ。世界史の教科書に載るような人なのだが。

     なんというか、この作品が98位に入れたのは、「僥倖」というやつであろう。江戸川乱歩賞受賞、ということと、冒険小説の読者数が日の出の勢いで伸びていた「冒険小説の時代」にこの85年版「東西ミステリーベスト100」がまとめられたことと、作者の伴野朗自身のネームバリューで、奇跡のようにこの98位に滑り込めたという感が強い。冒険小説としてもスリラーとしても、船戸・北方・志水という熱い冒険小説群に比べると、かなり弱いのだ。また、中国を舞台とした小説では、生島治郎「黄土の奔流」や影山民夫「虎口からの脱出」という痛快編もあり、それらと比べてもいささかワリが悪い。

     個人的に、伴野朗の作品を読むのならば、、この「五十万年の死角」よりも、大航海時代の百年前、明の時代に大洋をまたいで船を出し、はるかアフリカ方面まで船団を率いていった鄭和の航海を、信頼できる資料がまるで残っていない中、想像力と大法螺だけで目の前に見えるかのように描き出した、「大航海」のほうが質量ともにはるかに面白いと思う。「影武者徳川家康」が入るのならば十分許容範囲内の血沸き肉躍る大ロマンだと思うのだが。伴野朗は、やはり本質が歴史作家であり、「五十万年の死角」や、グルメ名探偵陳展望シリーズなどは、歴史小説家として世に出るための「方便」のようなつもりだったのかもしれない。

     というわけで、こんなことを考えながら、今回も、ごく普通にすいすいと北京原人の化石にまつわるこのスリラーを読んでしまったわけだが、うん、こんなに何度も読んでなお普通に面白いというのは、この「五十万年の死角」、やっぱりすごい作品なのかもしれない。古本屋を物色しているうちに、ふと気がつくとカートに入れているような、そういう「ぴったり感」がある。あまり読後に残るものはないが、何度読んでも読んでいる間だけは確実に面白いというのは、エンターテインメントとしては最高の評価ではないだろうか。今度から、古本屋へ行くときは注意せねばならないなあ。あっ、陳展望シリーズ、アマゾンでプレミアついてやがる。あのとき買っとくんだった!
    関連記事
    スポンサーサイト






    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【日本ミステリ98位 北の夕鶴2/3の殺人 島田荘司】へ  【剣と魔法の国の伝説 第1章・その7】へ

    ~ Comment ~

    Re: ひゃくデカ「んぺと」さん

    山城なんてその楽しみを覚えるとドロドロの深みにはまるそうだけど、わたしは足が疲れるからいやであります(笑)

    NoTitle

    >地図を片手になんでもない丘や住宅地を歩き回り、「ふふふ、堀割がすごい
    それ、最近無茶苦茶やりたいんだよねー。
    それこそ、近所にあるし。
    ブリッツさんちの方にも面白そうなとこ、いっぱいあるもんなー。
    城オタク(あらため、天守オタク)は、小学生の頃だったんだけど。
    あの頃、そういう楽しみを教えてくれてたら、友だちとあっちこっち,行って楽しんでたろうになーと思うと、世に言う、世代間格差とはこのことだ!って憤慨しちゃう(^^;
    • #20441 ひゃくデカ「んぺと」 
    • URL 
    • 2019.09/16 14:57 
    •  ▲EntryTop 

    Re: 秘密戦隊ひゃくレンジャーさん

    城を見るのは城オタクではないのだった。

    城オタクというのは、地図を片手になんでもない丘や住宅地を歩き回り、「ふふふ、堀割がすごい。さすがは太田道灌の縄張り」とかぶつぶついってニヤニヤ笑う「ブラタモリ」のようなことをするやつをいうのだった。

    中学のころはいった史学部で、「城を見に行く」といわれて見事にダマされたもんなあ(笑)

    NoTitle

    >滋賀県
    滋賀県って、考えてみたら一度も行ったことない!(通り過ぎるのなら、何度もあるんだけどw)。
    琵琶湖の北の辺りとか、よさそうだけどなー。
    あと、密かに城オタクでもあるので、いろんな城を見まくりたいなぁ~(^^)/
    • #20403 秘密戦隊ひゃくレンジャー 
    • URL 
    • 2019.09/01 16:03 
    •  ▲EntryTop 

    Re: ひゃく・にち・べにさん

    どうでもいいけど滋賀県へ行って「近鉄」に乗ると「近江鉄道」に乗れるぞ。

    NoTitle

    大和観光? ←ブリッツさんにわかるかな?(-。-)y-゜゜゜
    • #20383 ひゃく・にち・べに 
    • URL 
    • 2019.08/25 16:09 
    •  ▲EntryTop 

    Re: イエローひゃくマリンさん

    その答えだと日光の手前ですな(こら)

    NoTitle

    >記事を書いたのに少しは反応しろ
    あれ?どっかに書いてあったの???
    それは全然見落としてしまって、申し訳ない(^^ゞ

    飯能はねー、土浦とは方向が違うから… ←意味不明w

    • #20358 イエローひゃくマリン 
    • URL 
    • 2019.08/18 15:19 
    •  ▲EntryTop 

    Re: ひゃくの惑星さん

    あのあと一気に盛り上がって記事を書いたのに少しは反応しろ(笑)

    NoTitle

    >記事を書いちゃおうか
    是非!是非!
    どこからそんなの知るねん?っていうのも残らず全部!(^^ゞ

    Re: ひゃくぺりあぁ ~決して一人では見ないでくださいさん

    気になるんだったらおもしろいから記事を書いちゃおうか。

    NoTitle

    >全然別人
    なるほどです。
    隆慶一郎って、そういえば記憶ある。
    なんか読んだな(憶えてないけどw)

    >伝奇小説ベスト
    伝奇小説って、ほとんど知らないんで(八犬伝、それも「新」の方くらいw)、jどんなのが出てくるのか興味ありますので、ぜひ!(^^)/
    • #20307 ひゃくぺりあぁ ~決して一人では見ないでください 
    • URL 
    • 2019.08/04 16:05 
    •  ▲EntryTop 

    Re: 面白半分さん

    どちらかといえば本領は歴史作家のように思えますし。

    オチの人の名前をこないだ「タモリ倶楽部」で見て、ええー、と思った(笑)

    NoTitle

    これは面白かったなあ
    でも他の作品は読んでいないかもしれません。

    Re: ひゃくそしすとさん

    これは書き方が悪かった。「影武者徳川家康」は隆慶一郎先生の作品。全然別人です。

    同じ伝奇小説なら、という意味でここでは上げました。

    伝奇小説ベスト、とか組みたいけど、それほど読んでないからなあ。

    NoTitle

    >「影武者徳川家康」が入るのならば
    あぁその著者がこの人なんだ。

    >アマゾンでプレミアついてやがる
    アマゾンの古本、上がったよねー。
    ま、前の値段が異常に安かったというのはあるんだろうけど、それが当たり前になっっちゃっただけに、高い!高すぎる。
    ていうか、絶対、便乗して上げすぎちゃってる!(~_~;)
    八王子の某出品者なんて、実はアマゾンがサクラでやって、全般に古本の値段を釣りあげてんじゃねーのか―、なんて思っちゃうぞ。

    • #20290 ひゃくそしすと 
    • URL 
    • 2019.07/28 15:06 
    •  ▲EntryTop 
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【日本ミステリ98位 北の夕鶴2/3の殺人 島田荘司】へ
    • 【剣と魔法の国の伝説 第1章・その7】へ