FC2ブログ

    ささげもの

    竜崎巧の朝

     ←自炊日記・その84(2018年12月) →日本ミステリ73位 黒い画集 松本清張
     薄汚れたアパートの一室の平和を切り裂くように炊飯器のブザーが鳴った。飯が炊きあがったのだ。

     わたしは伸びをしてベッドから這い出した。一年以上女を入れていないベッドは、事務的に仕事をしています、というビジネスホテルのフロントのような面をしていた。

     水を入れた小さなやかんを火にかけ、ビニールに小分けされたマルコメのインスタント味噌汁をプラスチック椀にひねり出した。味噌は未消化物を含んだナントヤラに見えたが、昨晩わたしを悪酔いさせたサントリーの赤ラベルがまだ肝臓に残っているのだろう。

     冷蔵庫を開けた。納豆三パックと、キムチひと瓶、それに卵三個が見つかった。

     わたしは、勝手に、竜崎スペシャル、と呼んでいるものをこしらえることに決めた。

     食器棚からボウルを取り出した。湯が沸くまでに手早くやる必要がある。まず、納豆のパック三つを次々に開け、中身をボウルに放り込んだ。付属のカラシと納豆のたれを入れるのも忘れない。いつ割ったかも忘れた年代物の割りばしを使って、わたしは納豆をかきまぜた。

     適当にかき混ぜ終わったところで、キムチの瓶のふたを開け、中身をかき混ぜられた納豆の上にぶちまけた。賞味期限をとうに過ぎ、いい漬かり方をしていたキムチはスーパーものとは思えない芳香を放った。

     卵三個をパカパカパカと割り、黄身と白身をキムチと納豆の上に落としてから、件の割りばしでデタラメにかき混ぜた。

     やかんが本格的にしゅんしゅんいい出した。わたしは手を止め、味噌の入った椀に湯を注いだ。めんどくさいので、件の割りばしでかき混ぜた。味噌はすぐに湯の中に散った。

     わたしは保温を切ってから、炊飯器のふたを開けた。よく蒸らされた三合の飯を特注品の丼に移す。紅グループの製陶部門特製の、厚くて重くてたっぷり入り、しかも落としても割れない丼だ。

     ほかほか湯気をたてている飯の上に、わたしはボウルに入った、生卵で流動性の強化された納豆をドロドロと注ぎ、件の割りばしでかき混ぜ、味噌汁をひと口飲んでから、半ば流動食となった丼の中身を猛然と掻き込んだ。

     よくぞ日本人の独身男性に生まれたり、という味がした。

     わたしはがつがつと食らい、飯粒一つ残さず、汁の一滴まできれいに飲み干してから、口中をすすぐように味噌汁の残りを飲んだ。

     丼と割りばしとプラスチック椀、それに炊飯器の釜と裏蓋を福引で当てたチャーミーグリーンで洗って、乾燥棚に干してから、歯を磨き、ひげをあたり、顔を洗い、着替えて髪を整えた。

     飯とキムチと納豆の分だけ、今なら全盛期のシルベスター・スタローンと殴り合っても勝てる気がした。

     所長の紅恵美は時間に遅れると嫌味をいう女だ。たまには嫌味を聞いてもいいが、毎日だと飽きる。

     空はよく晴れていた。わたしはいつもの道を紅探偵事務所目指して歩いて行った。
    関連記事
    スポンサーサイト






    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【自炊日記・その84(2018年12月)】へ  【日本ミステリ73位 黒い画集 松本清張】へ

    ~ Comment ~

    Re: LandMさん

    いや普通にうまいですよ。

    次はオクラも入れようかな(笑)

    NoTitle

    ・・・。
    ・・・・・。
    ・・・・・・。
    ご飯が美味しそうな描写ですね。
    いや、素直にそう思います。
    (∩´∀`)∩

    Re: blackoutさん

    朝食は食べたほうがいいよ~

    わたしなんか、朝食食べないと腹が減って飯を食うこと以外の何も考えられなくなるよ~。それが自然な人間というものだよ~。ほんとだよ~。

    「キムチは賞味期限を過ぎてから」です(そうか?(笑))

    NoTitle

    なんて豪勢な朝飯なんだ(オイw)

    ええ、自分は朝食べないヤツですw
    オフの日も同様で、雨とか雪とかヤリ(またまたオイw)でも降らない限りは、数時間ぐらい、ネタ探しと称して外をほっつき歩いてますですw

    はい、喉が渇いたら自販機でドリンクぐらいは飲みますが、固定物や流動体は口にしないですw

    そう言えば気になるのが、キムチの賞味期限が切れてるってことですな(汗)

    Re: miss.keyさん

    納豆とキムチを食べ合わせるとですね……。

    「毒が裏返った。それだけは確かなようだ。
    陰と陽2つの毒素に君の体内の何か
    闘志によって脳から分泌された脳内麻薬か・・・・・あるいは
    そこの立つ恋人が流した涙によってもたらされた多幸感
    そしてその昂ぶりから形造られてしまった化学物質か・・・
    あるいはそれら全てが君の内部で出会ってしまい
    化学反応を起こしスパーク・・・・」

    して、においを中和するんです。烈海王がいっていたからほんとです(笑)

    納豆は許す。がしかし

     朝食でキムチだけはだめだ。スタローンだって鼻抑えて逃げて行くわ。その意味で確かに最強だろうが、同時に最凶だ。電車とバスにだけは乗らないことをお勧めする(笑

    Re: ダメ子さん

    一般人にはご飯1ぜん、納豆1パック、卵1個、キムチ少々で試してみることをお勧めします。いきなり竜崎くんを真似るのは、素人の貧弱なボウヤが「グラップラー刃牙」を読んで気の抜けたコーラと冷えたおじやを食べてフルコンタクト空手大会に臨むようなもんです(^^;)

    NoTitle

    近年の貧乏飯ブームにはピッタリかも
    でもこれだけ食べると結構な額になりそうです

    Re: 椿さん

    竜崎くんは肉体労働担当ですから。

    マンガ「グラップラー刃牙」でいえば、恐るべきはこの3合の飯を事務所に着くまでに消化しきっている、内臓のけた外れの消化吸収能力ですね(笑)

    NoTitle

    竜崎さんだ♪ そして……すごい朝ごはんだ……。
    しっかり朝ごはんを食べることは……大事ですよね……。

    Re:黄輪さん

    納豆菌と乳酸菌は健康の面でも相性がいいらしいですなテレビだと(^^)

    でも生粋の関西人のお口に合うかまではよくわからん(笑)

    生卵を加えると納豆の粘りが緩和されるので、あのねばねばが嫌な人にはいいかもしれませんね。

    竜崎くんみたいなタフな男でもない限り、三合は食べ過ぎです(笑) 食べるなら、ご飯一膳に1パックというところでしょうね。

    Re: 八少女 夕さん

    「改築は遺産とともに」 http://crfragment.blog81.fc2.com/blog-entry-1633.html でも書きましたが、竜崎くんには遠距離恋愛中の彼女がおりまして。設定では山口県にある某大学で社会学の准教授をしていることになってます。だからなかなかほいほいと東京のほうに移ることもできない、という。

    竜崎くんは「残念な男」とは違って、浮気だけは絶対にしないやつなうえ、アパートがロマンティックな空間からはかけ離れているため、「ベッドに女が一年以上入ってない」のです。たまの逢瀬にはホテルを使うのでしょう。

    納豆とキムチは、実際にやってみたらけっこう合いますねえ。今度はこれにオクラを入れてみたいと(まて)

    NoTitle

    何とも哀愁と悪臭漂う粗雑な飯だなぁ、と思うと同時に、ちょっと食べてみたくなる自分がいます。
    流石に三合はヘビーですが。

    NoTitle

    さ、三合? 三合全部を朝食に食べちゃった? す、すごい。
    私は二合を炊いて一週間かかりますが……。
    そして、発酵食×発酵食の組み合わせですが、ええと、ポールさんがトライなさったんですよね。美味しいのかな? 世の独身男性って、こういうのを食べているのかあ。ふむふむふむ。

    という細かい感想は別として、今年も稲妻のごときスピードでのお返しありがとうございました。それも、紅恵美さんの番外編だなんて、嬉しい〜。

    恵美さん、竜崎さんに飯炊き女もといお嫁さんをお世話してあげるなんてことはないのですね。ああ、なさそう。

    Re: 山西 サキさん

    だって、自分で作って食ったこともないような料理のレシピなんて良心にかけて書けるわけがないじゃないですか!(^^;)

    というわけで、最近まともに料理した飯の中から選んでですね、それを3倍に(飯の量は6倍に)変換しまして(←まとも?(笑))

    NoTitle

    なんかこれ、ポールさんの飯ですよね。
    見た目、読んだ目(?)はグロテスクに思えますが、実は美味しい?
    あ、なるほどぉ。彼は竜崎巧なんだ。
    と言うことは、奴がポールさんということに・・・

    「自炊日記」ファンのサキでした。
    ちゃんと見てますよ。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【自炊日記・その84(2018年12月)】へ
    • 【日本ミステリ73位 黒い画集 松本清張】へ