FC2ブログ

    映画の感想

    「ゲームの規則」見た

     ←日本ミステリ94位 石の下の記録 大下宇陀児 →日本ミステリ94位 落ちる 多岐川恭
     買ったり貰ったりしたフランス映画のDVDがかなりたまっている。もろもろの理由により、なんとなく、「フランス映画強化月間」に決めた。まず1枚めは、ジャン・ルノワール監督「ゲームの規則」である。上流階級を風刺したコメディ映画だそうだが、はたしてどうか。

     ……うん。わたしにはきつい映画だった。作者のやりたかったことは、ロッシーニ以前の喜劇のオペラがやっていたような「上流階級と下層階級のからむドタバタ喜劇」を戦前のフランスを舞台に再現することじゃなかったかな、と思うのだが、どうにもこの映画、登場人物が感情移入を拒む。これって、喜劇としては致命的なのではないか。

     まあ、登場人物がそれだけ複雑な思考をしているということで、現代的であるのだが、同じ複雑な思考なら、自分としてはフェリーニの「甘い生活」のほうを取るなあ。やたらと考えすぎ、しゃべりすぎ、オーバーアクションをしすぎ、というのが「舞台劇」ふうで面白い人には面白いんだろうけど、わたしはイライラするだけだった。とにかく、「こいつには無条件で味方しよう」と思うやつが一人も出てこない。登場人物の半数は、自分の下半身にはだらしないくせに他人の下半身には目くじら立てるやつだし、そうでないやつも、過剰に暴力的だったりして、素直にドタバタ劇を楽しめないのだ。挟まれる劇中劇も、「金持ちが遊んでますよ」という雰囲気を作りたかったのだろうが、骨の髄まで生まれついてのルンペン・プロレタリアートで、ちょっと主義に目覚めました系のわたしには腹立たしさしか感じられなかった。

     ラスト、心ならずも殺人者になってしまったある人物に憐れみを抱くが、お前が悪いんだろう、という気もしないではない。とにかく、見て思ったのが、「上流階級なんか全員ギロチンにかけてしまえ」ということで……うーん、こういう感想で、ごめんなさい、ルノワール監督! わたしはネオレアリズモのシンパです!
    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    【日本ミステリ94位 石の下の記録 大下宇陀児】へ  【日本ミステリ94位 落ちる 多岐川恭】へ

    ~ Comment ~

    Re: ひゃく事千里を走るさん

    どうかなあ。日本人、ある方向に傾くときは一気に雪崩を打って傾くからなあ。「団塊の世代と団塊ジュニアは養えないから青酸飲んで身の始末をせよ」とかマジで錠剤配りそうな気がする……。

    Re: miriさん

    めちゃめちゃ狂騒的でしたな(^^;) 第二次大戦前夜の1939年発表ということで、時勢を考えれば監督、よくこれを作ろうと思ったもんです。発表から一年するかしないうちにナチスが攻めてきてパリが陥落するわけですからねえ。

    それを考えると、もうちょっと違った目で見なくてはいけないのかもしれませんが、でもわたしには無理だった(^^;ゞ フランス人のギャグセンス、よくわからん(^^;ゞ

    Re: 宵乃さん

    たしかに、男優も女優も、上流階級の人たち、みんな同じような顔してましたなw 思えばあれも風刺の一環だったのかなあ。

    公開当時不評だったのもなんとなくわかる……。

    NoTitle

    >自分の下半身にはだらしないくせに他人の下半身には目くじら立てるやつ
    世の人なんて、みんなそんなもん(^^;

    >上流階級なんか全員ギロチンにかけてしまえ
    あと、この状態が2、30年続いたら、たぶんそれ、起きるよね。
    ま、ギロチンはさすがにないだろうけど…(^^ゞ
    • #20178 ひゃく事千里を走る 
    • URL 
    • 2019.06/23 14:03 
    •  ▲EntryTop 

    こんにちは☆

    好きな監督ですが、再見したら
    しっちゃかめっちゃかな映画でびっくりしました!

    フランス映画は好き嫌いがあると思うので、
    好感でないのが続くと辛いと思います。
    ご無理ありませんように~m(_ _)m

    あぁ携帯は辛い…
    では、短いですがまたね~!


    .

    NoTitle

    タイトルでかろうじて見たことは思い出したんですが、内容は全然…。感想を読み返したら、わたしも登場人物に共感できなかったようです(そもそも誰が誰だか混乱していたともいう)
    公開当時めちゃくちゃ不評だったようだし、楽しめる方が少数派かも?
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【日本ミステリ94位 石の下の記録 大下宇陀児】へ
    • 【日本ミステリ94位 落ちる 多岐川恭】へ