FC2ブログ

    東西ミステリーベスト100挑戦記(ミステリ感想・やや毎日更新)

    海外ミステリ141位 狂気のモザイク ロバート・ラドラム

     ←海外ミステリ141位 明日に賭ける ウイリアム・マッギヴァーン →ニーチェにとって科学とは何だったのかを考える
     読み返した「暗殺者」に興奮していた高校生のとき、古本屋で見つけて迷わずゲットした。しかしこの本、めちゃくちゃ厚かった。それでもまだ体力気力のある高校生のわたしは、果敢にチャレンジし、読んだ。内容は期待にたがわず、めちゃくちゃ面白かった。ちょっと陰謀の真相が脱力感を覚えるものだったが、それでも面白かったのだ。その後何冊かラドラムは読んだが、面白さでは本書と「暗殺者」と「マタレーズ暗殺集団」を超えるものは無かったと記憶している。記憶は正しいか。上下巻千ページに不安になりながら再読。

     読んでみたわけだが、うん、引退した情報部員マイケル・ハブロックが急に命を狙われ、ヨーロッパを転々と逃避行する第一部、アメリカにわたり、愛する人と再会したハブロックの苦闘に曙光が差してくる第二部と、ラドラムの独擅場ともいえる、陰謀に巻き込まれた男の孤独な戦いを描くスリルたっぷりの逃避行だぜ……と読んでいたら、第三部でいきなり陰謀が明らかになり、ハブロックが反撃を始める、という展開にびっくりした。いや、反撃に転じるのはいいのだが、ここまで強引な持って行きかたはいいのだろうか、と。登場人物がなにせ総出で手のひら返しをするのである。その裏付けとなる陰謀がまた、破滅的な事態をもたらすことはよくわかるが、「こんなものでよく千ページも持たせようと思ったものだ」と思わざるを得ないような脱力の真相で、死線を次々とくぐり抜けてきたハブロックがほんと、かわいそうに思えてくる。そして、ここが肝心なのだが、本書で一番面白い部分がこの第三部なのである。活動を開始したソ連の潜入工作員との知恵比べから始まって、陰謀の鍵を握るキーマンの正体が明らかになるまで、ページを繰る手が止まらない、スリルたっぷりのマンハントものなのだ。これで、この最終段階で明かされる真相もまた脱力ものでなかったらもっとよかったのだが……。

     だが、そんなことは瑕瑾にすぎない。本書は、「暗殺者」には及ばないものの、読み始めたらやめられない徹夜本であり、全盛期のラドラムが精力を込めて書き下ろした力作長編である。やっぱり前に思った通り、本書、「暗殺者」、「マタレーズ暗殺集団」はラドラムという作家のひとつの頂点なのだ。そして残念なことだが、頂点を迎えた作家はあとは下るしかないのである。「暗殺者」の続編「殺戮のオデッセイ」は冗長で読むに堪えない代物であった。ジェイソン・ボーンシリーズの最終作である「最後の暗殺者」は読む気にもなれない。

     映画「ボーン・アイデンティティ」の成功によるものか、エリック・V・ラストベーダーという、海外では実力派の人気作家として知られているものの、日本ではカルトなカン違い日本風小説の作者として名高い男が、ジェイソン・ボーンシリーズの続編を、ラドラムの死後書いていたが、邦訳を読んでわたしは怒った。これはないだろう、という人物処理である。ダメじゃん、なのである。海の向こうでどれだけ売れたかは知らないが、どうしてそっとしておいてやれなかったのか、である。転落にさらにとどめを刺すようなことを、それも後ろから撃つみたいなやりかたでしなくてもいいだろう、と。

     とにかく、全作とはいわないものの、本書、「暗殺者」、「マタレーズ暗殺集団」だけは再刊するなり電子書籍化するなりして流通にのせてほしいものである。こんな面白い作家が映画まで公開されていて邦訳が全作品切れ絶版なんて耐えられない。それは我慢するとしても、ラストベーダーの作品だけは図書館から駆逐してくれ。お願いだあああ。
    関連記事
    スポンサーサイト






    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    もくじ  3kaku_s_L.png X氏の日常
    【海外ミステリ141位 明日に賭ける ウイリアム・マッギヴァーン】へ  【ニーチェにとって科学とは何だったのかを考える】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【海外ミステリ141位 明日に賭ける ウイリアム・マッギヴァーン】へ
    • 【ニーチェにとって科学とは何だったのかを考える】へ