FC2ブログ

    東西ミステリーベスト100挑戦記(ミステリ感想・やや毎日更新)

    海外ミステリ155位 ナイルに死す アガサ・クリスティー

     ←海外ミステリ155位 太陽がいっぱい パトリシア・ハイスミス →「この世界の片隅に」再見
     クリスティーはうますぎて嫌いである。そんなクリスティーばかり読まされて、もう、わたしは半分めろめろ状態だ。ほんとに、ミステリファンがどこをどう押したら喜ぶか、それを知悉している嫌味なおばさん作家なのである。本作「ナイルに死す」はたしか、デビッド・スーシェのドラマでもやってたし、「ナイル殺人事件」という映画にもなっていたが、内容、全く覚えていない。初読でもあるし、まあ、適当に読んでくか、と夜の10時にページを開いた。

     なめていた。クリスティーのストーリーテリング能力はまさに天才的である。やたらと長い登場人物紹介シーンも、ナイル川のクルージングも、のびのびとした自然描写と、次から次へと巻き起こるハプニングの数々で飽きさせない。そして、巻半ばにしてとうとう殺人事件が勃発するころには、明日の仕事のことなどすっかり忘れて読みふけってしまっていた。まったくもう、やな婆さんだなあ。

     殺人事件が勃発した後で気がついたのだが、クリスティーの作品がなぜにマニアには軽視されがちなのかであるが、クリスティーの作品では、アメリカのクイーンや後続のブランドなどに比べて、「仮説の容赦ないクラッシュアンドビルド」をほとんどやらない、というところが「甘い」ように見えるのだろう。だがいってしまえば、仮説のクラッシュアンドビルド合戦を楽しもうなんてのはマニアだけであって、一般の読者にしてみれば、事件の様相がうっすらと見えかけてきたところで狙いすましたように繰り出されるクリスティーの「新たな事態」というやつのほうが読んでいて面白いのだ。「仮説」なんか立てている暇はない。次から次へと容疑者たちは怪しげな動きをして、事件をどこまでも混沌状態に持っていこうとする。この、どこまでも続く混沌状態、クリスティーの魅力はここにあるのではないか。それだから、最後に「ものの見方をほんのわずか、しかし決定的に変える」だけで、混沌状態がウソのように鎮まり、すべてが明晰になるポアロの推理が冴えてくるわけである。そういうことをやらせたら実にうまい婆さんであるなあ。うらやましい。

     この「ナイルに死す」であるが、日本のミステリ界の至宝ともいえる「あの作品」を思い出しさえすれば、犯人を見破るのは簡単である、というか、「あの作品」のほうが、「ナイルに死す」を焼き直したのだろう。ただし、「あの作品」も、焼き直しの仕方がまさに天才的であり、それによって「ナイルに死す」以上の読み応えある作品になっているわけだが。だが、この「ナイルに死す」は、そうした犯人がある程度わかったうえでも、クリスティーの芸術的なまでの犯人の隠し方や、伏線のちりばめ方、登場人物の何気ない言葉の裏、そしておまけでわかってくる謎めいた旅行者たちの正体、など、読みどころがいっぱいである。そうしたさまざまな「おまけ」については、「ナイルに死す」のほうがサービス精神が豊かであるように思う。1937年、イギリスが燦然と輝いていた時期だったし、そこは富み栄える国に住んでいる人間の余裕、というものだろう。

     早川文庫版の分厚いやつを読み終えてほっと吐息をつくと、やや、もう夜中の2:00を回っているではないか。おのれクリスティー。寝不足で、明日の仕事がうまくいかなかったりミスをしたら、あんたのせいだからな! これを「心を悪魔のために開く」ような考え方という。ポアロのやつはいつも正しいのだ。ううむ、ほんとにクリスティーの作品、うますぎて嫉妬の念がメラメラ燃えてしまうなあ……。
    関連記事
    スポンサーサイト






    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    もくじ  3kaku_s_L.png X氏の日常
    【海外ミステリ155位 太陽がいっぱい パトリシア・ハイスミス】へ  【「この世界の片隅に」再見】へ

    ~ Comment ~

    Re: 椿さん

    この犯人、とにかく運が悪い人というか、減刑の嘆願書くらい喜んで書くのになあ、と思わせるところがありますね。こういう繊細なところを図々しく書いてみせるのでクリスティはやっぱりすごいわ。尊敬するわ_φ(′ω`;A)

    NoTitle

    この犯人は魅力的ですよね。
    しばらく読み返していなくても、パッと名前が出てくるのでそれだけ印象が強いのだろうなあと思います。
    メインのドラマがしっかりしているのでサブのドラマも引き立つのかもしれないですね。

    Re: 椿さん

    犯人が被害者を殺す理由がしっかりと書かれていて、そこにいちばんほろりときてしまったです。

    こういう理由なら、たしかにこんな人間でも人を殺そうと考えるよなあ、と。そういう心理描写ムチャクチャうまいですなクリスティー。

    そんな人間観察を悪意でもってさらにフィルタリングするとルース・レンデルになります(そうか?(笑))

    NoTitle

    この分厚い本を私は何度読んだことか(笑)
    乗客ひとりひとりが書き込まれていて飽きないんですよね。
    どうでもいいですが「契約書はきちんと読め」というのをこの作品でリネットから教わりました。大事なことですね。でも新しいアプリの認証時には読み飛ばしがちになってしまう……長くて疲れるので……(^^;
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【海外ミステリ155位 太陽がいっぱい パトリシア・ハイスミス】へ
    • 【「この世界の片隅に」再見】へ