FC2ブログ

    映画の感想

    「戦艦大和(1953年)」見る

     ←海外ミステリ141位 白昼の悪魔 アガサ・クリスティー →海外ミステリ141位 ロウフィールド館の惨劇 ルース・レンデル
     カラーかと思ったら、新東宝のモノクロ映画だった。戦艦大和の最期の話は、ちょっと年のいった日本人だったら誰でも知っている。である以上、どう転んでも「なるようにしかならない映画」であるのだが、あとは「なるようにしかならなさ」をどう撮るか、ということになる。

     そういう意味で、戦争を知る世代である、能村副長役の藤田進はじめ映画俳優連は、まさに水を得た魚のように実に「帝国海軍の軍人」らしい役を生き生きと演じられていた。それでも、史実での生存者数は9%にすぎないのだから、「誰が生き残るんだろう」ということを楽しみにでもしないと希望も何も持てない。というわけで見ていたわけだが、沈没後の生存者まで機銃掃射を受けてバタバタ死んでいき、生き残るのはもうお察しください状態。いやはや、「一方的な戦闘で徹底的にやられる」ということの恐ろしさが誰にでもよくわかる。

     当時の金額で200万円かけたセットなど、特撮もがんばっているが、いまのSFXに慣れた目で見ると、正直、「手作りのあたたかみ」を楽しむ視点がないとつらいかもしれない。特に画面がクリアになったため、「大和艦橋を見上げる形での甲板での訓示シーン」では、艦橋と主砲のマットアートがもろわかりになったり、海をゆく大和の雄姿のバックのホリゾントがまるわかりになったりして、時代というものを噛みしめるばかりである。

     しかしほんと、海戦シーンは、海軍なんかに志願するもんじゃないな、という、戦艦サバイバル映画である。主役も端役ももう平等にあっけなく死んでいく。死ぬ前までにはさまざまなドラマもあるけど、死ぬときは一瞬で、ドラマなんか存在しない、というかのような演出だ。死体も安らかな美しさなんかどこにもない。のちに新東宝はグロ演出を売りにするが、その萌芽はここにあったんじゃないか、と思えるほどの死体棄損ぶりである。まあ現実がそうなんだからそうなんだが。

     現在の、「戦場において兵士として生きること」がどういうことなのか、身体的感触ではまったく知らない監督と、俳優陣が作り上げた戦争映画に飽き足らない人は、「もろにその当時にそういう体験をしていた人たちが作った」この手の映画を見るべきだと思う。ヒロイックさも悲壮感もなしに人がばたばた虫のように死んでいく映画、いいですな。
    関連記事
    スポンサーサイト






    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    もくじ  3kaku_s_L.png X氏の日常
    【海外ミステリ141位 白昼の悪魔 アガサ・クリスティー】へ  【海外ミステリ141位 ロウフィールド館の惨劇 ルース・レンデル】へ

    ~ Comment ~

    Re: ECMさん

    それでまた作戦会議で海軍上層部が嬉しそうに大和特攻作戦を発案するんだ(^^;) もうあの場にトミーガンを持って殴り込みたくなった(^^;)

    とはいえ大和が東京湾で砲台になって自沈後、米軍に引き上げられて接収されて改修されて、「イオージマ」とか名付けられて朝鮮戦争に行ったりするのも、日本人としてはまたもにょる未来像ではあります。とほほ。

    NoTitle

     大和ホテルといわれていたころはよかったのですけどねぇ。
     菊水作戦は、通常何通りもの想定をして作戦を立てるのですが、作戦そのものがあってなきがごとし、ただ大和他艦艇を沖縄に特攻させるだけだったそうです。
     死んだ人も浮かばれないですよねぇ。

    Re: miriさん

    役者たちにとってもスタッフにとっても、
    「記録映画のつもりで撮ろう」としたかのようなリアルさでしたね。
    もしかしたら、「イタリア・ネオレアリズモ」の強い影響があったのかな。そう考えると、どこか「戦火のかなた」のような味も……。

    こんばんは☆

    >いやはや、「一方的な戦闘で徹底的にやられる」ということの恐ろしさが誰にでもよくわかる。
    >しかしほんと、海戦シーンは、海軍なんかに志願するもんじゃないな、という、戦艦サバイバル映画である。主
    >死ぬときは一瞬で、ドラマなんか存在しない、というかのような演出だ。死体も安らかな美しさなんかどこにもない。

    仰る通りで、この映画は目で見ていただかないと
    なかなか未見の方には伝わりませんね・・・。

    >現在の、「戦場において兵士として生きること」がどういうことなのか、身体的感触ではまったく知らない監督と、俳優陣が作り上げた戦争映画に飽き足らない人は、

    昨年「アルキメデスの大戦」も映画館で見たのですが
    それはそれは美しくて大迫力で良かったんですが
    戦闘そのもののシーンは、序盤だけだったので
    違う角度から撮っていた感じで、見られました。

    この映画と同じようでは、見られなかったと思います、
    きっと嘘くさいでしょうから(笑)。

    >「もろにその当時にそういう体験をしていた人たちが作った」この手の映画を見るべきだと思う。ヒロイックさも悲壮感もなしに人がばたばた虫のように死んでいく映画、いいですな。

    なかなか覚悟が要りますよね・・・
    私は、オンエアで順番に見ているだけですが
    ある程度の覚悟はもってみたつもりでも、本当に恐ろしかったです。


    .
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【海外ミステリ141位 白昼の悪魔 アガサ・クリスティー】へ
    • 【海外ミステリ141位 ロウフィールド館の惨劇 ルース・レンデル】へ