FC2ブログ

    映画の感想

    「この世界の片隅に」再見

     ←海外ミステリ155位 ナイルに死す アガサ・クリスティー →海外ミステリ159位 ゼロ時間へ アガサ・クリスティー
     面白かった。けれどつらい。前半の、繊細なタッチで描かれた美しい広島の街。あれが全部灰になるわけだから、初見時のような平静な気持ちではとても見ていられなかった。

     また、不発弾のあのシーン、やっぱり目を覆ってしまった。初見時は何も知らなかったから普通に見られたけれど、展開を知っているとまともに見ていられない。

     いつかコロナが落ち着いたら改作版も見に行こう、とか思っていたが、こうして、再見してみると、まともに見られるかどうか心配になってきた。

     それと、全く関係ないことだが、監督、すずさんが楠公飯の前に、調達してきた雑草で作ったうまいわけなどまったくない飯、よくもまあうまそうに描くものだなあ、と感心してしまった。「おしん」の大根めしみたいなもので、令和の人間が食えたものでは絶対にないぞ、あれ。
    関連記事
    スポンサーサイト






    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    もくじ  3kaku_s_L.png X氏の日常
    【海外ミステリ155位 ナイルに死す アガサ・クリスティー】へ  【海外ミステリ159位 ゼロ時間へ アガサ・クリスティー】へ

    ~ Comment ~

    Re: LandMさん

    「郷愁」を「郷愁」だけで終わらせないところがこうの先生のすごいところですよねえ……。

    現代に対するスタンスがしっかりしているからでしょうね。

    この映画もまたしかりで……いい作品なので見てみてはどうかな。

    NoTitle

    こうの史代氏の作品は良く読んでいますね。
    専門学校の学生時代に毎年広島に行ったな。
    戦争と原爆について、
    学生同士で討論などたくさん行いましたね。
    これから医療に携わる人間として、
    戦争と原爆についてどう向き合うか、
    その答えを見つけて欲しいというのが、
    専門学校の校長の方針ではあったので。
    教養の授業のウェイトは結構、
    がっつり戦争と原爆についての勉強をやったな。。。

    ドラマやアニメの方は観てないですけど。
    原作の漫画の方は読ませていただきました。
    今でもたまに読んでは、学生時代のことを思い出して。
    とても懐かしい気持ちになります。

    Re: 宵乃さん

    「この世界のさらにいくつもの片隅に」ですね。監督が作品の都合上泣く泣く削ったシーンも全部入れてのディレクターズカットバージョンです。すでに公開されて久しいですよ。

    料理に、道の野草を少し入れると、たしかに春の香りがしておいしくなりますが、本作のすずさんの戦中の手料理は、「とってきた道の野草の、料理全体に占める量がハンパではない」うえに、それを「明らかに欠乏している調味料で料理する」という代物で、どう見ても、喜んで食いたくなる、というものではありません(笑) それを監督は、実に楽しそうに料理するすずさんを使って、「そんなものでもごちそう」に見える銃後の一般人の視線を実にうまく再現してみせているんですよね(笑)。ひどいよ監督(笑)。

    Re: ECMさん

    ここはすずさんの設定をあのようにした原作者の勝利でしょう。これが橋田寿賀子みたいな人間設定だったらだれがそんな恐ろしい映画見ようと思いますか、ですな(笑)

    それと見返して思いましたが、すずさん、あれはあれで傷つきやすいハートの持ち主ですよ。芸術家なんだから繊細で当たり前ですが、「天然ボケ」のせいで誰もそうと気づかない、という、ある意味いじられキャラになりがちな、気の毒な人だと思います。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    NoTitle

    改作版なんてものがあるんですか。見に行く予定だったということは、劇場公開ってことですよね?
    それほど人気のある作品ということなのかな。
    この手の作品は重くて10年くらい空けないと再見する気にならないです。

    >雑草で作ったうまいわけなどまったくない飯

    それが何の雑草だったか覚えてませんが、私はみそ汁の具が足りない時などベランダのプランターに勝手に生えてくるハコベを使ってます。柔らかくて癖がなくて栄養豊富で美味しいですよ(笑)

    NoTitle

     火垂るの墓ほどではないですが、つらい部分がありますね。
     でもすずさんが比較的明るい人なので、救われる面があります。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【海外ミステリ155位 ナイルに死す アガサ・クリスティー】へ
    • 【海外ミステリ159位 ゼロ時間へ アガサ・クリスティー】へ