FC2ブログ

    読書日記

    「ウォーターシップダウンのうさぎたち」読む

     ←暑中見舞い2020受け取りました →自炊日記・その103(2020年7月)
     動物を題材にした児童文学の古典的作品である。「冒険小説の傑作」として読める、と聞いていたので中学生のころ上巻を図書室で借りて読んだが、下巻は置いていなかったのでそのままにし、古本屋で上下巻を買ってからも積読のままにしておいた。で、積読本消化キャンペーンとして読んでみたら、

     ものすごい本だった。

     いや、冒険小説っていうから、うさぎが逃避行する、ネズミではあるが「ガンバの冒険」みたいな話かと思っていたら、とんでもない。そこに展開されていたのは「三国志」であった。何の変哲もないイギリスの田舎の村の10マイル四方は、数多のうさぎの英雄豪傑たちが智謀のかぎりをつくす恐るべきバトルフィールドだったのである。

     いやー、やられた。どこが「児童文学」やねん、である。「守り人シリーズ」のチャグム皇子パートと同等以上のシリアスな危難と冒険がこれでもかとばかりてんこ盛りで、締めはもちろん「合戦」シーンである。災厄に見舞われた故郷を捨て、苦難の道の果てにウォーターシップダウンの丘陵地に新たな国を建設した若き英雄であり指導者の野うさぎヘイズルが、圧倒的な敵軍に対して取った捨て身の作戦、曹操孟徳もビックリである。脇を固める豪傑、軍師、参謀、吟遊詩人、いずれも綺羅星のごとき人(?)材ぶりで、その気になれば天下も取れたのではないかとまで思う。

     とにかく、冒険小説ファンならずとも、「食って寝て繁殖することしか考えない」うさぎたちの、濃密なまでの英雄叙事詩、絶対に満足できると断言する。光栄がシミュレーションゲームにしないのが理解できぬ。イラストはもちろん、小林源文先生に「キャット・シット・ワン」のノリで描いてもらおう。

     今日はこれだけでもうお腹いっぱいだ。おすすめ。
    関連記事
    スポンサーサイト






    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    もくじ  3kaku_s_L.png X氏の日常
    もくじ  3kaku_s_L.png 読書日記
    【暑中見舞い2020受け取りました】へ  【自炊日記・その103(2020年7月)】へ

    ~ Comment ~

    Re: miss.keyさん

    なんたって主人公が平然と食いますからねえ。

    しかも翻案した吉川英治も嬉々として書いてるし。

    アジア人、食うものに対してのタブーってまったくないですなあ(笑)

    兎の丸焼き食べ放題

    捕虜は焼いて晩飯だ!!確かに壮絶やねぇ。まあ三国志でも人喰ってたし(いや、比喩じゃなくて・・・

    Re: 椿さん

    評論社の邦訳児童文学、ほんとハードなのが多くて。「指輪物語」もそうですが、巻末広告読んでるとほんとにクラクラ来ますね(^^;)

    うわさでは、ガーナーの「ふくろう模様の皿」などの一連のファンタジーが、「指輪」ほどの舞台の広さはないもののドラマがものすごく深く、読んでるとそのペシミズムに諦観まで抱くようになるとか……。

    図書館で見つけたけど怖くてまだ読めないヘタレ(笑)。

    NoTitle

    あー、これも一度読みたいと思いつつ読んでいない本……。
    児童文学は大好きなのですが、なぜか縁がなく。と思ったら評論社なのですね、なるほど。岩波・福音館を中心に読んでいたのでご縁がなかったんですねー。
    ポールさんのおすすめでしたら読み応えありそう。図書館に行けるようになったら(自分が力尽きてる)探してみます。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【暑中見舞い2020受け取りました】へ
    • 【自炊日記・その103(2020年7月)】へ