FC2ブログ

    映画の感想

    「M」見る

     ←おかず戦争の支作戦として筋トレはじまる →今年のプリキュアスタッフ、どうしたんだいったい
     相互リンクしてくださっているmiriさんのところの感想がものすごく面白そうだったので、図書館から借りて見てみた。

     キョーレツな映画だった。なによりもシナリオの勝利だろう。先にあらすじを語ったりしてはいけない映画なのである。

     つまりは、「サイコスリラー」+「ギャング映画」の悪魔合体のような代物で、「ギャング映画要素」が出てきてからの、ほんとうにまったく予断を許さない展開は見てのお楽しみである。それでまたエンディングは人間ドラマとして泣かせるんだよなあ。

     と思ったら、1951年のアメリカ版のリメイク作品だったことに気づいて、土浦市立図書館に頭(#^ω^)ピキピキ状態ですよ。英語ばっかり出てくるうえ、テレビみたいなのも出てくるし、88分で時間が合わないな、とも思ってたんだ。おのれ図書館が。くそう、このネタは、フリッツ・ラングの原バージョンで見たかったよう。明日図書館に文句言っちゃる。ぶつぶつ。

     くそっ、調べてみたらくやしいことにたしかに、蔵書目録でも監督はジョセフ・ロージーになっていた。くそう。文句すらいうことができん。おのれ。おのれ。くそう。くそう。もうダメ立ちあがれないっす……。_| ̄|○lll
    関連記事
    スポンサーサイト






    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    もくじ  3kaku_s_L.png X氏の日常
    もくじ  3kaku_s_L.png 読書日記
    【おかず戦争の支作戦として筋トレはじまる】へ  【今年のプリキュアスタッフ、どうしたんだいったい】へ

    ~ Comment ~

    Re: miriさん

    うん、なんだかんだいってすごく面白かったですしね(^^)

    でもなんか、工藤栄一監督の「十三人の刺客」を見ずに、三池監督の「十三人の刺客」を見てしまったようなもにょもにょ感が残っちゃって(^^;)

    ダイエットが一段落したら、あとでDVD10枚組セット買います~。なにより安いしな!(笑)

    こんばんは☆

    お天気も悪いのですが、暗くなりましたね~!

    >相互リンクしてくださっているmiriさんのところの感想がものすごく面白そうだったので、図書館から借りて見てみた。

    そう言っていただいて、有難うございます☆

    >つまりは、「サイコスリラー」+「ギャング映画」の悪魔合体のような代物で、「ギャング映画要素」が出てきてからの、ほんとうにまったく予断を許さない展開は見てのお楽しみである。それでまたエンディングは人間ドラマとして泣かせるんだよなあ。

    うんうん、そうそう・・・。

    >と思ったら、1951年のアメリカ版のリメイク作品だった
    >蔵書目録でも監督はジョセフ・ロージーになっていた。
    >くそう。文句すらいうことができん。おのれ。おのれ。くそう。くそう。もうダメ立ちあがれないっす……。_| ̄|○lll

    いえいえ、1951年版は日本では劇場未公開だから
    鑑賞されたのは、かなりラッキーだったのでは?
    (もちろん、今現在はDVDがあるけど)

    それにその監督さんも、なかなかの作品を作る人ですから
    その作品を鑑賞されたことは、それはそれで
    良かったのではないでしょうか?

    フリッツ・ラングのは、またいつか機会があれば是非ご鑑賞くださいね☆
    でも、今回は今回で良かったと思いますよ~♪
    そんなに落ち込まないでくださいね~!


    .
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【おかず戦争の支作戦として筋トレはじまる】へ
    • 【今年のプリキュアスタッフ、どうしたんだいったい】へ