FC2ブログ

    「ショートショート」
    その他

    ブラッドベリを知ってるかい

     ←四本のマッチ →ゆきおんな
     ブラッドベリを知っているかな。アメリカのSF作家だ。たくさんの印象的な作品があるが、ぼくは、特にその中でも「七年に一度の夏」という話が好きだ。なんというか、この物語は、ひとごとと思えないのだ。
     ストーリーは単純だ。毎日が分厚い雲と雨の中、七年に一度だけ夏がやってくる金星。植民地ではみんなが夏を楽しみにしている。そんな中、ある学校で、ひとりの少女がいじめに遭い、七年に一度きりの夏を、地下室に閉じ込められて過ごさなければならなくなるという、救いようのない話だ。
     ぼくも、似た話を知っている。あえていうなら、これは「七十年に一度の夏」というところかな。
     ある平凡な地方都市に、これまた平凡な高校があった。ぼくが平凡だというのは、なにも起こらなくて平凡、というわけじゃない。この平凡な高校にも、平凡な高校らしく、それなりに問題というものがあった。もちろん、平凡な高校だから、平凡に問題はもみ消され、なかったことになっていた。
     戸田恵子、という女の子がいたということにしておこう。別に名前なんかどうだっていいんだけどね。宇多田ヒカルでも、中川翔子でも、ミラ・ジョボヴィッチであってさえ、どうでもいい。しょせん取替え可能な記号に過ぎないし。でも、女の子Aでは、ちょっと気の毒というものだろう?
     戸田恵子を見舞った、学校につきものの問題とは、いじめだった。なぜいじめられていたか? それには無数の理由がある。去年雨が多かったからだし、カラスがカアと鳴いたからだし、ハシが転んだからだし、アメリカが国連安保理で横暴だったせいもあるし、その他もろもろ。もっと聞きたければ、いくらでも教えてやるけど、別にいいだろ?
     戸田恵子にしてみれば、まったく、学校中が敵みたいなものだったろうね。最近では、ケータイとネットというものがあって、それをうまく使うコツさえ知っていれば、誰でも簡単に人ひとりを地獄の底に追いやることができるんだ。そうした有形無形の暴力と、圧倒的多数派からの無視というもうひとつの暴力を浴びて、とうとう戸田恵子は、学校に来られなくなってしまった。
     それと同時期に、この平凡な高校に、平凡でないことが起こった。野球部が、なんの間違いか、とんとん拍子に県大会予選を突破して、あろうことか甲子園に行くことになってしまったんだ。そりゃあ学校中が沸き立った。
     それで? ああ、学校中が甲子園に応援に行ったよ。なんといっても七十年に一度といってもいいような、もしかしたらこれ以降一度もないかもしれないイベントだもんな。全校生徒はおろか、OBまでもがどこからか湧いてきて応援団に加わったものだ。
     戸田恵子を別にして。
     試合は、やっぱり初出場だけあってそれなりの成績に終わった。要するに一回戦敗退だ。選手は泣いて、女の子も泣いて、応援団は皆、がっかりしたものの、それなりに大満足で夏を終えた。
     戸田恵子を別にして。
     ブラッドベリの小説では、全てが終わった後、いじめに遭った子を探す先生の前で、加担したクラス中の子供たちが、一様にいたたまれない気持ちになって終わるんだけれど、現実はそうじゃない。戸田恵子を、七十年に一度の夏から追放したクラスの連中は、自分が悪いことをしたなんてことは一切考えないで、幸せにその後の一生を全うすることだろう。それが人間の世の中というものさ。
     戸田恵子は?
     戸田恵子が、ぼくみたいにいじめに耐えかねて自殺していれば、こんな話などすることもない。だが、戸田恵子は、ぼくなんかより幾万倍も強い子だった。彼女は死を選ぶことなどなく、生きて、考えたんだ。
     ひとりの人間が考えられることなど、たかが知れている。ひとりの人間の考えで、歴史が動くわけがない。それはもっともな話だ。
     だが、ぼくには希望がある。それは戸田恵子の希望だ。戸田恵子のように、いじめられてもそれに耐え、生き延びた人々が必死で考える、その考えの積み重ねが、人類のモラルを一段でも二段でも高みに押し上げてくれるかもしれないという、かすかな希望だ。
     それがあるから、ぼくはこうして成仏もせずに傍観を続けているのかもしれない。
     二度と読むことができないブラッドベリを思いつつ。
    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【四本のマッチ】へ  【ゆきおんな】へ

    ~ Comment ~

    Re: ダメ子さん

    わたしもです。そのために書きました。いるよね、こういうものいわぬ犠牲者……

    私の高校も甲子園に出ました
    私は応援にいかなかったけど…

    でも、甲子園より応援したいものが…
    戸田さんのこととか

    Re: のくにぴゆうさん

    またまたお読みいただいてありがとうございます。

    この小説は、書いて読ませたとき、友人から、「ショートショートなのにオチがないじゃん」といわれたのがちょっとショックでした(^^;)

    まあこれも「野性のカン」だけで書いたようなものなのでお恥ずかしい出来なのですが。

    ぴゆうさんの小説の感想は、ちょっと待ってください。

    なにぶん長くて、どこから手をつけたものかちょっとためらっている次第で……(汗)。

    NoTitle

    またまた、深いですねぇ。
    マリアナ海溝か日本海溝です。
    発想がすごい。
    文学のキュービズムを見てる気がしました。
    一つの物を再構成する面白さ、
    ポール、ピカソですね。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【四本のマッチ】へ
    • 【ゆきおんな】へ