FC2ブログ

    ささげもの

    陶芸家からのラブレター

     ←新聞でいっていたように →自炊日記・その108(2020年12月)
     ラブレターが届いた。

     ぼくが毎週のように工房を訪れては皿を買っている、若い女性陶芸家からだった。

     愛の言葉とともに、

    『あなたが口下手な人で、シャイな性格なのは知っています、

     それでも黙ってわたしの絵皿をいつも買ってくれて、ありがとう、

     今度お家にお邪魔したいです』、と、

     そう書き添えられていた。

     そして食卓用の真っ白な皿が一枚。

     そう。ぼくは彼女の絵皿を毎週のように買っている。

     彼女の絵皿がなければ、ぼくの人生は味気ないものになっていただろうと思う。

     工房ではほとんど口は利いていないが、彼女の人柄や性格は、ぼくも好ましく思っている。

     ぼくは自分の部屋の棚一面にあるパズルコレクションを見て、ため息をつく。

     このコレクションさえなければ、ぼくは喜んでこちらから彼女を迎えに行くだろう。

     こんな趣味さえなければ、まったく。

     ぼくは彼女の皿が飾ってある棚の一角を見る。

     ほんとうに、彼女の皿は美しく割れてくれる。

     彼女の絵皿を粉々にたたき割って、その破片を接着剤でつないでいくのは何物にも代えがたい素晴らしいパズルなのだ。

     ほかの皿では満足できない。彼女が焼いた皿でないとだめなのである。もう、ぼくは彼女の皿なしではいられない。しかし、そんなことを彼女が知ってしまったら……。

     ぼくは彼女が贈ってくれた食卓皿を見る。

     皿は妖しげにぼくを誘惑してくる。

     割りたい。

     割りたい。

     割りたい……。


    ※ ※ ※ ※ ※

    「scriviamo! 2021」参加作品。
    関連記事
    スポンサーサイト






    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    もくじ  3kaku_s_L.png X氏の日常
    もくじ  3kaku_s_L.png 読書日記
    【新聞でいっていたように】へ  【自炊日記・その108(2020年12月)】へ

    ~ Comment ~

    Re: 八少女 夕さん

    この主人公に激高されて、感想なんか書いてやるもんか! というくらいにまで怒り狂って無視することにしたのではないか、と想像してびくびくしていたチキン野郎であります(笑)

    これからお邪魔して拝読させていただきます。はたして幸せをつかめるのかこの非道主人公!(笑)

    うわ、ごめんなさい!

    いの一番に拝読して、感想を書いたつもり……で、書いていませんでした。申し訳ないです。

    陶芸家としては、思いもよらない使い道ですけれど、パズル愛好家としてはアリなのかも……。彼女にしてみたら、なぜ私のだけ壊すのよ! ってところでしょうか。そんな特別扱いはいらないわって……(笑)

    毎回難しいお題ですけれど、今回はせっかく壊すという意外な行動を使ってくださったので、それに関連してのお返しを考えてみました。ツッコみどころは多いにあるでしょうが、お許しくださいね。

    今回も難易度高い作品でのご参加ありがとうございます!

    Re: 山西 サキさん

    宇宙飛行士の訓練用という触れ込みで、ピースの形が違うだけであとはまったくの無地のジグゾーパズルが実際に売られてますからねえ。

    パズルマニアの遊ぶ究極の作品として、「色が違うだけであとはまったく同一の形をしたピースのみで作られたジグゾーパズル」が売られていたこともありましたから……。

    まあこの掌編の語り手には、割れた瀬戸物の破片から原形を再現する「修復士」とか「金継師」の仕事でも斡旋したいところですなあ……。

    https://hicbc.com/tv/backstage/archive/200209/

    こんにちは。

    え?でも彼女、真っ白な皿を送ってきたのでしょう?
    これって自分の皿がどのように使われているかをすでに知っていて「これをあなたの作品に出来ますか?」と挑戦状を送っているようにもみえます。
    素直に部屋に招き入れて彼の作品を見せれば、事態は新たな展開を見せるのでは?
    それとも・・・
    う~ん・・・色んなケースが浮かんできます。

    今年もよろしくお願いします

    Re: TOM-Fさん

    昔なにかで読んだパズル作家のエピソードで、小学生のころにSPレコードを叩き割っては元通りに組み直して一日中遊んでいた、というものがあって、すげえ、と思ったことがあります……。

    そのくらいでないと一流にはなれないのかもしれませんな……。

    明けましておめでとうございます

    scriviamo!参加作品、拝読しました。

    うん、これは確かに、彼女を部屋に招くわけにはいきませんね。百年の恋も醒めるだけじゃなく、以後、皿を売ってもらえなくなりそう。
    彼女をとるか、趣味をとるか、究極の二者択一ですね(笑)

    愉快なショートショート、楽しませていただきました。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【新聞でいっていたように】へ
    • 【自炊日記・その108(2020年12月)】へ