FC2ブログ

    読書日記

    「純粋理性批判殺人事件」読んだ

     ←「すばらしい数学者たち」読んだ →「眠れる犬」読んだ
    「じゃあ智。マイケル・グレゴリオ『純粋理性批判殺人事件』の感想を言ってみろ」

    「ひとことでいって、バチ当たりですな」

    「ふむ。じゃあふたことでいって」

    「ちょーバチ当たりですな」


    (あずまんが大王より(うそ))


    何度も読もうとチャレンジしては辟易して投げ出していた作品である。それほどまでに、この小説の舞台であるケーニヒスベルクの街は、汚く不潔で胸の悪くなるにおいで充満しており、そしてしびれるくらいに寒く、果てしなく暗い。そんな街で発生した連続殺人事件に、「純粋理性批判」で有名な哲学者イマヌエル・カントがからむわけであるが、このカント像がすさまじくバチ当たり。あの理性の人が墓から甦って暴れるのではないかと思えるほどである。

    語り手兼主人公は、若き判事シュティフェニースなのだが、こいつがまあ押しが弱く、ティム・バートンの映画を彷彿とさせる形でバカスカ起こる連続猟奇殺人に対してほんとに手も足も出ないキャラクターなのだ。

    読み始めから終わりまで、ひたすら出口の見えない悪夢の中を引きずり回されるような感じの小説であり、肝心のカントにしても、笠井潔が書いてくれたらもうちょっとカントらしく思想を語ってくれたんじゃないかと思える書き方で、シチュエーションと素材の取り合わせは最高なのだが、料理法が悪趣味。マイケルはマイケルでも、マイケル・スレイドかよ、という有様。

    一読していわく言いがたい怪作。哲学好きのミステリファン以外に食いつくやつがいたらお目に掛りたい。

    これで「ダンテ・クラブ」並みに面白かったらなあ。うーむ、B級サスペンスとしては、一読くらいならいいんじゃないかな?
    関連記事
    スポンサーサイト






    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    もくじ  3kaku_s_L.png X氏の日常
    もくじ  3kaku_s_L.png 読書日記
    【「すばらしい数学者たち」読んだ】へ  【「眠れる犬」読んだ】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【「すばらしい数学者たち」読んだ】へ
    • 【「眠れる犬」読んだ】へ