FC2ブログ

    TRPG奮戦記

    「吸血鬼の洞窟」「シャドー砦の魔王」プレイする

     ←世の中がクソの塊に見える日 →「ヒーリングっどプリキュア」第41話見る
     ネット友人の化夢宇留仁さんを介したり、ネット通販などで手に入れたりして、昔懐かしのゲームブックを今さらながら手に入れて遊んでいる。

     まあ、これも、広義のRPGといえるだろう。というわけで、その中からミドル級とでもいうべきボリュームの、東京創元社「ゴールデンドラゴンブックス」をやってみた。このゲームブックのシリーズの特徴は、そのシンプルな戦闘システムと、王道ともいうべきファンタジー世界での冒険を扱っていることにある。プレイヤーはたいてい、人格高潔な騎士となり、危険な冒険に旅立つのだ。

     まず、このシリーズでも最も簡単なという位置づけの「吸血鬼の洞窟」から順を追ってプレイしてみる。「吸血鬼の洞窟」は、30余年前の昔、まだ中学生のみぎり持っていたので、どれだけ覚えているか、という興味もあった。

     森の中に立つ異様な屋敷に入ってから、ダンジョンをくぐって、要所要所でアイテムを手に入れたり使用したり、戦闘を行ったりして、吸血鬼テネブロン卿を打ち倒してクリア。覚えているもんだなあ。

     きちんとサイコロを振ってみたが、サクサク進んで楽しかった。

     その勢いのまま、二巻目である「シャドー砦の魔王」に挑戦。こちらは初プレイである。これも主人公は騎士。国王不在の王国で、摂政の魂を汚染し、国土を荒らして権力をほしいままにする邪悪な魔術師を、遠征からお忍びで帰ってきた国王の命をうけ討ち果たしに行くというストーリーである。

     化夢宇留仁さんのリプレイなどを参考に挑んでみる。サイコロを振りながら何度も死んで道を覚えていくわけだが、うーむ、サイコロを律儀に振っていたら十年たっても解けそうにない。これではなんなので、チートモード発動である。すべての能力値チェックには成功したものとし、すべての戦闘には勝ったものとして、パラグラフを自由に行き来して、まあ、インチキしてクリアの道をつきとめるのだ。

     で、道らしいものが見えてきた。ということで、実際にサイコロを振って遊んでみる。

     ……サイコロの目が悪くて死亡。

     ……サイコロの目が悪くて死亡。

     ……サイコロの目が悪くて死亡。

     なんてことだ。著者のオリバー・ジョンソン、まじめにプレイヤーを殺しに来てる。少なくとも、成功するにはぎりぎりのヒットポイントしか残らないようにして本を書いているとしか思えない。

     いや、危険を冒すと書いて冒険である以上、これくらいでないとスリルとサスペンスに満ち満ちた冒険とは呼べないんだろうな、と、好意的に解釈することもできるだろうが、サイコロの出目ひとつでは、最強のキャラクターでもあっさり殺してしまうこのバランス感覚は厳しすぎる。ほんとにこれが「シリーズで二番目に簡単な」代物であろうか。

     何度もサイコロに裏切られては死亡、を繰り返しているうちに、自分の中ではある決意がふつふつと起こってきた。

     やっぱり、「サイコロで勝負を決める」ゲームブックなりソロシナリオは間違っている。幸運不運も選択肢で決まるようにし、戦闘をやるにしても、スリリングであるが「正しい道を選んでいればまず9割5分は最後の敵に行き着けて必ず勝てる」ようなバランスにしておかないと、フラストレーションしかたまらない。

     そう考えると、西東社はやはり偉大な先達だった。あの会社のゲームブックに立ち返るような作品を書かなければ、ゲームブックはマニアしかプレイしない、歴史のあだ花として再度消えてしまうであろう。

     「ファイティング・ファンタジー」シリーズがハードカバー復刊されるいまが最後のチャンスなのだ。

     というわけで、書く情熱が再び盛り上がってきたので、またやってくれないものだろうか、ソロアドベンチャーコンテスト……。
    関連記事
    スポンサーサイト






    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    もくじ  3kaku_s_L.png X氏の日常
    もくじ  3kaku_s_L.png 読書日記
    【世の中がクソの塊に見える日】へ  【「ヒーリングっどプリキュア」第41話見る】へ

    ~ Comment ~

    Re: 椿さん

    つまらないザコ敵との戦いでヒットポイントがごっそり持って行かれたときは泣きたくなります(笑)

    それに加えてバランスがシビア、というねえ……(^^;)

    イギリス人ゲームファンってMなのかなw

    NoTitle

    私はかなり最初の時点からゲームブックでサイコロを振るのをやめてしまった勢です……(^^; ゲームブックは本なのかゲームなのか、で意見が分かれるかもしれませんが、自分はゲーム要素は選択肢を選べるだけで満足するのでサイコロの運試しはここぞというところだけでいいかなあ。
    連続サイコロ死は読んでいるだけでキツさが伝わりました(笑)
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【世の中がクソの塊に見える日】へ
    • 【「ヒーリングっどプリキュア」第41話見る】へ