FC2ブログ

    「ショートショート」
    SF

    無限遡行―『神』の犯罪

     ←おれが洗濯されたとき →カッサンドラは誰も信じない
     白昼、路上でひとりの女が刺された。犯人はノイローゼ気味の浪人生だった。さすがに日本の警察は優秀で、即座に取り押さえて逮捕したが、この犯人は、なぜ自分がそんなことをしたのかについて明確なことをいえなかった。
     これが現在われわれにわかっているミクロな話である。だが、マクロに目を移すと、それは意外な展開を見せるのだった……。

     『地球』にとって、その事件は、アルファ・ケンタウリにある惑星に対するあるメッセージを送ろう、という思考そのものだった。人類をはじめとする全生命と、鉱物などの無生物、さらには空気の一分子までが複雑なネットワークを構築し、『地球』のうえに、一体となった、ある意味『集団知性』とでも呼ぶべきものを形成していたのである。『集団知性』は、人類に恒星間飛行をさせるための宇宙船を作らせることになる。

     『地球』がアルファ・ケンタウリと連絡を取るという事実は、それよりもさらに巨大な銀河系知性の意識にとっては『島宇宙間戦争』という意味を構築する意志の一分子にすぎなかった。銀河系は一兵卒として、この戦争に参加するのである。地球の運命などミクロなものにすぎない、食うか食われるかの戦いが始まろうとしていた……。

     『銀河系』を含む島宇宙が戦争状態に入ろうとすることは、全ての島宇宙を含むこの宇宙全体の意識としては、パラレル・ワールドとしての他の『宇宙』との生殖活動をしようという意志の一部分にすぎなかった。宇宙間にある『ゆらぎ』が、また新たなるビッグバンを引き起こすであろう……。

     小松左京がその著書『果しなき流れの果に』で夢見たものと酷似した、それら存在可能な全ての世界を集めた『超・超意識』とでもいえるひとつの集合知性は、これら全ての原因となるひとつの思考を行った。『神』としかいえないこの知性は、ある罪を犯したのだ。
     われら、卑賤でミクロな目から見れば、この罪は『食い逃げ』に相当すると思われる。
     世の中そんなもんだ。
    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    【おれが洗濯されたとき】へ  【カッサンドラは誰も信じない】へ

    ~ Comment ~

    Re: くさのまさん

    ほかにも壮大なくせに短いネタはあります。

    無謀なまでの大風呂敷ってSFのロマンですよね(そうか?(^^;)

    自作ですが、現在のところSF史上最も短い宇宙史と自負している作品。 http://crfragment.blog81.fc2.com/blog-entry-649.html

     黒葉雅人の『宇宙細胞』という作品を思い出しました。もし未読でしたらお勧めです。
     こちらは壮大だからこそ短い、というのが良いですね。

    Re: YUKAさん

    解説:読んでの通りです(笑)

    要するに、よくあるじゃないですか、われわれ人間の行動や意識の全てが、地球や大宇宙の知性の一部に過ぎない、っていう考え方。

    それをおちょくった代物であります。

    おはようございます^^

    。。。壮大過ぎるw( ̄△ ̄;)wおおっ!

    グルグル廻っちゃいました(笑)

    返コメでの解説を楽しみにしてもいいでしょうか?^^
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【おれが洗濯されたとき】へ
    • 【カッサンドラは誰も信じない】へ