FC2ブログ

    「ナイトメアハンター桐野(二次創作長編小説シリーズ)」
    4 天使を吊るせ(完結)

    天使を吊るせ 22-1

     ←天使を吊るせ 21-4 →天使を吊るせ 22-2
    22

     北村はわたしが潜入調査を続けるのを許してくれた。しかし、ここまで来たら、わたしは北村との契約なんてそっちのけで沢守澄麗のために全力を尽くすつもりだった。
     とはいえ、宗教活動だけで日々の働きをおろそかにしては、わたしのほうが干上がって日干しになってしまう。というわけで、わたしはまじめにナイトメア・ハンターあるいは精神科医あるいは各種療法師としての義務に励むことにしていた。宗教活動が人間の倫理的レベルを高める好例といえよう。
     であるからして、その日もわたしは『桐野メンタルヘルス』で来ない客を待つことにしようとビートルを飛ばしていた。カーラジオのニュースは、ゆうべの奥多摩での交通事故死を取り上げていたが、わたしには麗澄真理心理学研究所で買ったテキストのことしか頭になかった。沢守澄麗を信じると決めたからには、講義くらいまともに聴かなくては罰が当たるだろう。
     駐車場にビートルを止めた。近所のスーパーで特売だったノーブランドのミネラルウォーターの段ボール箱を抱えて車から降りた。重さにえんやこらと難儀しながらも、なんとも気持ちの良い朝もあったものだ、この宇宙と地球はわたしのためにある、そんな感覚を覚えつつ扉に手をかけた。
     中から、笑い声が聞こえた。
     島田さんは時間に正確で、病院で婦長をつとめていただけに責任感のある性格だ。わたしの診療所はある意味精神科みたいなもので、人と話して笑うなどという余裕がある人間が来るわけがない。そんな中で島田さんが客を迎えて世間話をして笑うなどというのは、ある可能性を除けば考えられない。
     わたしは軽い気持ちでドアを開けた。
    「島田さん、おはよう。余目さんでも来ているのかな?」
     わたしの予想は外れた。余目は来ていなかった。それどころか、わたしの予想は大幅に外れた。来ていたのは、こんなところに押しかけて来るとはわたしが思ってもいなかった人間だった。
    「桐野先生、おはようございます。明るくていいお嬢さんですね」
     島田春江が、心からの笑いを顔に浮かべてわたしに答えた。
     明るくていいお嬢さんは、わたしのほうを振り向いた。
    「桐野さん、お邪魔しています。落ち着いたすてきな診療所ですね」
     沢守澄麗だった。
     わたしは手にしていたミネラルウォーターの詰まった段ボールを取り落とした。
     落ちた下にはわたしの足があった。
     痛かったのなんのって。
     それでも幸せな気分だったのだから、美人の存在というのは恐ろしい。
    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【天使を吊るせ 21-4】へ  【天使を吊るせ 22-2】へ

    ~ Comment ~

    Re: 佐槻勇斗さん

    まあこのまま何事もなく過ぎたら小説になりませんのできちんとひと波乱あって桐野くんはひどい目に遭います(^^)

    その過程で澄麗ちゃんに対する見方がどう変わるかがうまく描ければいいのですが……。

    恋愛ものを書こうとしているのに「人はいかにして宗教にハマるか」みたいな作品になっちまっているのはなぜだ(^^;)

    NoTitle

    痛いですよね先生笑
    わかりますよそりゃあ痛いよ。

    美人はその存在だけで周りを幸せにするものですよね~
    佐槻も、外出先で美人さんに会ったときはついつい目で追ってしまいます。
    というか島田さん、すっかり学長に取り込まれているではありませんかー!!(;;゚;益;゚;;) 
    島田さんだけが先生を正気にさせられる唯一の人だったはずなのになんということだ……汗
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【天使を吊るせ 21-4】へ
    • 【天使を吊るせ 22-2】へ