FC2ブログ

    「ナイトメアハンター桐野(二次創作長編小説シリーズ)」
    4 天使を吊るせ(完結)

    天使を吊るせ 30-2

     ←天使を吊るせ 30-1 →天使を吊るせ 30-3
     なぜ俊明さんの名前が……と思いましたが、考えてみれば、相手はわたしの心をよく把握していたのだと思います。
     わたしが自らあなたを殺すなり、夢に入れないような重傷を負わせるなりすれば、それによって心の大事な部分を壊されたわたしは、罪の意識と失意から、彼らの意のままになる人形となってしまったことでしょう。
     彼らから、半年という期限を切られたわたしは悩みました。わたしがいうのもなんですが、狂信者には警察も手が出ないものです。
     とにかく、相手が俊明さんの名前を出してきたということは、俊明さんと関わりがある人間たちだということです。
     そう考えたわたしは、俊明さんの診療所を訪れました。その場で聞こうと思っていたのですが、そのときは流れる時間のあまりの楽しさに、つい我を忘れてしまいました。
     その直後のあの事故による入院時に、ようやくユニオンについてお聞きしましたが、それもわたしの心を重くするだけで、軽くするには至りませんでした。
     わたしは抗うつ薬の消費が増えていきました。心の落ち込みがなにかの形でプラスに働いたのか、わたしに対し抗うつ薬は効能どおりの働きをしました。わたしはいつも以上に冷静になりました。それによって講演の様相も変わってきましたが、聴衆のかたがたはあまり気にしていなかったみたいです。条件反射というか、わたしの姿を見るだけで気分が落ち着いて楽になったのでしょう。
     そうしているうちにも期限はどんどん迫ってきます。
     わたしは、俊明さんとの間に「思い出」を作ることにしました。
     小野瀬くんの魂を救ったとき、わたしは俊明さんが思うほど自信があったわけではありません。できるはずだという予感はありましたが、自信などとはとても呼べないものでした。
     だから、あれが成功に終わったときにはほんとうに嬉しかったのです。わたしが柄にもなく俊明さんを自分から誘って身体を開いたのも、その勢いでしょう。あの夜、わたしは生まれてきてからいちばん幸せでした。
     それからわたしは憑かれたように、そうした精神病患者を俊明さんといっしょに訪れては救いました。でも夜を一緒にすることは避けました。喪うものが大きすぎることになるのを恐れたのです。
     しかし、期限を大幅に残したまま、わたしはこの生活を終わりにしなくてはならなくなりました。
     俊明さんが母たちにより殺されそうになったことがそれです。
     俊明さんが探偵事務所とつながっていたことは、母たちによる素行調査の結果を聞かされて知っていましたが、わたしも軽視していました。向いていないと思ったからです。
     あの晩杉内さんが接触してくるまでは。
    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    もくじ  3kaku_s_L.png X氏の日常
    もくじ  3kaku_s_L.png 読書日記
    【天使を吊るせ 30-1】へ  【天使を吊るせ 30-3】へ

    ~ Comment ~

    Re: ネミエルさん

    しまった。だったらアフィリエイトやっておくんだった(^^;)

    ええと、あの原作のRPGと、この小説の設定は、ちょっと違います。1980年代に出版されたそのさらにもとのゲームの設定と、お買い上げになったリメイクの設定とを、いわば恣意的につぎはぎして使っているので(^^;)
    だからキャラクターの能力の設定などにあまり目くじらはたてないでください(^^;)

    さて、後は優秀なコピー機のあるコンビニと、たくさんのサイコロ、それにつきあいのいい友達をそろえるだけだっ!

    要するにRPGいうのは「ルールのあるごっこ遊び」ですので、ルールの正確な適用よりも、その場のフィーリングのほうが大事ですね。

    まずは付属シナリオを試しにプレイしてみることです。この手のゲームにはまるかどうかも、それで決まる?

    がんばって悪夢と戦ってください! ……いやそれとも「送り出す」ほうになるのかな?

    ゲームが面白かったら、ほかのRPGもプレイしてみてね~。

    NoTitle

    深いな。
    非常に深いですぞ、ポールさん。

    そして原作買いました。
    今からわくわくしています
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【天使を吊るせ 30-1】へ
    • 【天使を吊るせ 30-3】へ