「範子と文子の驚異の高校生活(ギャグ掌編小説シリーズ・完結)」
    範子と文子の三十分一本勝負(ギャグ掌編小説シリーズ・完結)

    範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・10

     ←範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・9 →範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・11
    「む~」
    「う~」
     範子と文子は必要以上に顔と身体を近づけていた。近づくどころか密着である。
    「範ちゃん……」
    「なによ」
    「狭いね……」
     文子は身動きの取れない身体をよじりながらいった。
     その通りだった。
     いまや「教室」は、二人の人間をなんとか押し込むだけでいっぱいいっぱいの大きさにまで縮んでいたのである。
     身体を密着させ、ヨガでもやっているかのように手足を変なふうに曲げて、それでもなおろくに身動きすら取れなくなっている二人だった。
    「下手にしゃべらないほうがいいわよ、文子」
    「どうして?」
    「酸欠で死ぬ可能性があるわ」
    「…………!」
     文子も理解したようだった。
    「酸欠はやだよ、範ちゃん」
    「だから黙っていてって」
    「うん、黙る」
     二人とも黙った。
     範子は現在の状況を、言葉に出さずに呪った。こんな状況でなければ、文子と身体をくっつけるのを大いに楽しみにしただろうに。
     まるでナチスの収容所だ。
    「範ちゃん……」
    「しゃべらないでっていったでしょう」
     文子は身をよじった。
    「範ちゃん、かゆいよ……」
    「我慢するのよ、文子」
    「かいてくれない?」
     なんでこんなときにこんなおいしい状況が。
     本気で天と運命を呪う範子だった。
    「どこらへん?」
     それでも、かゆさに文子が精神の平衡を失っても困る。範子は文子の身体の上で手をそろそろと動かした。
    「ここらへん?」
    「右。もっと右」
     まるで床屋で頭を洗っているかのような台詞である。
     ようやくのことで文子のかゆいところを見つけ、かいていると、文子が聞いてきた。
    「ねえ、範ちゃん。どうして、教室がこんなに小さくなったの?」
    「教室が小さくなったというより、あたしたちが大きくなったのかもしれないわ。どっちかはわからないけれど」
     だんだんと息苦しくなってくる恐怖をごまかすかのように、範子は説明した。
    「こうなったのにもなにか原因が……ないわね。あの作者のことだもんね。なにか、小さくなるものがあればいいんだけど」
    「小さく……そうだ! あれ! こないだの!」
    「こないだの……?」
     範子は記憶をたどった。
     文子は身をよじりながら、人差し指を小さな机のひとつにおしつけ、けし粒ほどのなにかを指に貼り付けると、勝ち誇ったように範子の前に持ってきた。
    「これよ! こないだの、『DRINK ME』って瓶! わたし、あれから『ふしぎの国のアリス』を読んだんだ!」
     範子は、ああっ、と声を上げた。
    「それなら小さくなれるかもしれないわね!」
    「一緒に飲もうよ、範ちゃん」
     二人は、文子が苦労して二人の顔の前に持ってきた人差し指に、唇を近づけた……。

    「あ~、生き返った。背伸びできるって、いいね、範ちゃん!」
    「まったくね、文子。ああ、太陽がすがすがしいわ」
     二人は大きく伸びをした。
    「ところで、これ、どうする?」
     二人は学校だったものの残骸を見下ろしていった。
    「緊急避難だもの、しかたないんじゃない? まさかあの薬が、『さらに大きくなる』薬だなんて思わないわよ普通」
    「そうだよねー」
     二人は、笑いながら校庭にごろ寝した。
    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・9】へ  【範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・11】へ

    ~ Comment ~

    Re: ひゃくさん

    ということはご存じなかったのですね。

    「筑波山はおろか全世界を探しても四六のガマは現在のところ一匹も確認されていない」という事実を(笑)。

    NoTitle

    大丈夫です。
    全然、ご存じ、ご存じ(笑)

    だから、ブリッツさんとことは結構近いんですって(笑)

    Re: ひゃくさん

    ご存知ないかもしれませんが筑波山には四六のガマという妖怪が(笑)

    NoTitle

    > わたしもごろ寝したい……(^_^;)

    筑波山でも行って、木陰で寝てきたらいいんじゃな~い?(笑)

    Re: ひゃくさん

    わたしもごろ寝したい……(^_^;)

    NoTitle

    ごろ寝が一番!
    てことで、おやすみなさ~い(笑)

    Re: 小説と軽小説の人さん

    これを書いたころはまだ体力があったんでしょうね。使えるものはなんでもいいから使ってしまえ、みたいな勢いがありましたから。

    今は使えるものはなんでも使わないと明日の更新すら難しい状況です。とほほ。

    文子のかゆいところがどこだったのかは、ご想像にお任せします(笑) 世の中には伏せておいたほうがいいこともある(笑)

    DRINK MEまだあったんですか(笑)
    文子はどこを掻いたのか気になって眠れない……げふんげふん。
    • #10775 小説と軽小説の人 
    • URL 
    • 2013.06/30 21:23 
    •  ▲EntryTop 

    Re: 神田夏美さん

    何度も書いておりますが、このシリーズのもとになっているアニメが、「百合アニメの代表選手のひとつ」みたいな存在なので……。
    ついついひきずってしまうのであります(^^)

    起きたばかりなのでまだメールボックスをチェックしていませんが、これから至急チェックさせていただきますね~

    NoTitle

    ↑この流れからすると私も言っておくところでしょうか。これなんか(・∀・)イイ!

    まさかあのアリスがこんな伏線だったとは(笑)予想外なオチに吹きました。
    それにしてもやっぱりこの二人は百合っぽいなあ。何だか別の方向に妄想を広げてしまいそうです(え)^^

    ~と、投稿小説先程送らせて頂きました!><
    何というか、相変わらず駄目な行動しかとらない奴で本当にすみません。謝るのは完璧にこちらの方ですすみません<(_ _)>

    ……こんな奴ですができれば見捨てずにやって頂けると泣いて喜びます。
    ポール・ブリッツさんのようにしっかりした人になりたいものです><

    いつもありがとうございます。

    Re: がたがたさん、ネミエルさん

    ありがとうございます。

    前に教室をめちゃくちゃ広くしたときに呆れられたようだったので、今度はめちゃくちゃ狭くしてみようかと。

    やっぱり呆れますかねあはは。(^^;)

    NoTitle

    なんかこれ(・∀・)イイ!

    NoTitle

    これなんか(・∀・)イイ!
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・9】へ
    • 【範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・11】へ