「範子と文子の驚異の高校生活(ギャグ掌編小説シリーズ・完結)」
    範子と文子の三十分一本勝負(ギャグ掌編小説シリーズ・完結)

    範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・15

     ←範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・14 →お知らせ
    「よい子のみんな寄っといで~紙芝居だよ~」
     でっかいスケッチブックを抱えた範子に対し、文子は醒めたまなざしを送った。
    「範ちゃん……『ゲゲゲの女房』見たでしょ」
     範子はそれに対し、鞄からなにかを出して答えた。
    「お嬢ちゃんアメを買ってね~」
     文子は範子が出したものを見た。そこには、駄菓子屋で売っているソースせんべいと、スーパーで売っている水飴の瓶があった。
    「範ちゃん、よくこんなもの買ってきたね……」
     水飴などをなめるのも久しぶりである。ちょっと好奇心がうずいた文子であった。
    「いくら、範ちゃん?」
    「お嬢ちゃんは美人だからサービスしちゃうわよ~」
    「範ちゃん、それってちょっときわどい台詞だよ」
     とはいえ、まあいいや、と文子は思った。範子は慣れているとはとても思えない手つきで水飴の瓶を開け、割り箸を突っ込み、袋を破いて取り出したせんべいに水飴を押しつけた。
     文子は渡してくれたせんべいをかじり、水飴をなめてみた。どこか郷愁を感じさせる味がした。
    「出し物は、皆さんおなじみ、正義の味方、『巫女バット』だよ~」
    「なによそれ」
     範子が大きく開いたスケッチブックには、金色ドクロの頭に、巫女の装束をした、なんともけったいな姿のヒーロー……なのか、ヒロインなのかわからぬ姿の人物が描かれていた。
     範子は日めくりカレンダーの要領でスケッチブックをめくり、次の絵を出した。どうやら、画用紙の一枚一枚の裏に、台詞がかかれているらしい。
    「凝ってるね、範ちゃん」
     文子はいった。
     範子の妙な独り舞台がはじまった。
    「その日、太陽エネルギーを研究している来栖川博士は、国際会議に出席するため、娘の桜と船上の人となっておりました。『わしが研究している太陽エネルギーは、世界平和のために使われなくてはならんのじゃ』」
    「最近は飛行機じゃないの?」
     文子は、いってはいけないツッコミをした。範子は当然、無視して話を進める。
    「するとそのとき、波間をググーッと割って、巨大なロボットのようなものが姿を現しました。おおっこれこそ、ヒメー博士が作り出した『アマノ怪タンク』ではありませんか」
     強引な展開に、文子はあっけに取られた。
    「怪タンクは船上から博士と桜を引っつかむと、奇怪な音を出しながら空を飛んでいきました。ゴンゴンゴンゴンシュー」
    「…………」
    「二人が連れて行かれたのは、悪の天才、ヒメー博士の秘密基地でした」
     文子はもうなんといったらいいかわからなかった。
    「『ふふふ来栖川博士、あなたの発明した太陽エネルギーの秘密をしゃべるのだ。わたしが作り出した月ロケットと組み合わせれば、わたしたちは世界を征服さえできる』」
    「どうして月ロケットと太陽エネルギーで世界を征服できるの……?」
    「『太陽エネルギーは貴様などには絶対に渡さん!』『ふふふいつまで強がっていられるかな? 娘さんがどうなってもいいのかな?』奇怪なマジックハンドが桜をつまみあげます。ガチャーンガチャーン」
    「…………」
    「『ひ、卑怯だぞヒメー博士! あなたはそれでも科学者なのか!』ヒメー博士のマジックハンドが、桜の服にかかりました」
    「まさか範ちゃん、一線を越えて描いてしまったの?」
     文子はおろおろした。
    「『ああっ、しいたけさん、しいたけさん、助けて!』」
    「なんでしいたけなのよっ!」
    「『わははははははは!』笑い声も高らかに、突如現れた正義の味方、『巫女バット』! 続きは次回のお楽しみ!」
     文子は疲れきった。飴をなめる。
    「範ちゃん、最後まで描ききれなかったのね」
     範子は首を振った。
    「さて、次の話!」
     ページが繰られた。
     結局文子が家に帰れたのは夜遅くだった。
    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・14】へ  【お知らせ】へ

    ~ Comment ~

    Re: ひゃくさん

    人間にはこういうバカなことばかり考える時間も必要で(笑)。

    NoTitle

    これは、ある意味、吉本のギャグですね(笑)
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・14】へ
    • 【お知らせ】へ