FC2ブログ

    「範子と文子の驚異の高校生活(ギャグ掌編小説シリーズ・完結)」
    範子と文子の三十分一本勝負(ギャグ掌編小説シリーズ・完結)

    範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・45

     ←範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・44 →範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・46
    「うっとうしい天気ねえ……」
    「そうだね、範ちゃん」
     いつもの紅恵高校の放課後。文子はうなずいた。
    「こううっとうしいと、なにか、気晴らしをしたくなるわね」
    「そうだね、範ちゃん」
    「なにか、いい気晴らしはないかしら? お金がかからないで、楽しくて、時間つぶしになるようなやつ」
    「気晴らし……」
     真剣に悩んでしまう文子だった。
    「オセロは?」
    「ちょっとパス。あれ、やりすぎて疲れた。それに、一度やったことをもう一度やるのは、作者としても避けたいところでしょうしね」
    「範ちゃん。必要がないところでメタフィクションに逃げるのは、作中登場人物として絶対にやってはいけないことだよ」
    「文子もやってるじゃない。あああ、退屈の虫が騒ぎ出す」
    「旗本退屈男は古いよ。範ちゃん、歳を疑われるよ。とはいえ、わたしも退屈だなあ」
     文子は頬杖をついた。
    「範ちゃん、ICレコーダーとか持ってきてない? 小さいの」
    「ないことはないわよ」
     範子はポケットから親指の先ほどの大きさの機械を取り出した。
    「うわ、範ちゃん、これって」
    「うちの会社が作った最新版よ。そういう文子も、なにか持ってきてるの?」
    「えへへ。実は……」
     文子は鞄を開け、中から、ポータブルのCDウォークマンを取り出した。
    「意外ね、文子。そんなことはしないタイプだと思っていたのに」
    「わたしだって、音楽くらい聴くよ、範ちゃん。ヘッドホンもあるから、範ちゃんのやつ聞かせてよ。わたしの聞いていいから」
    「もちろん、いいに決まってるでしょ。文子、いつもどんなの聴いてるの?」
     範子は興味津々といった顔つきでヘッドホンを伸ばして耳にはめた。
    「…………ふんふん。……って、これ、なに?」
    「クレージーキャッツだよ」
    「いつの音楽聴いているのよ! クレージーキャッツなんて、活躍していたのは半世紀近く前でしょう!」
    「いいじゃない、クレージーキャッツ。『スーダラ節』なんか、日本の歌謡界に燦然とそびえる金字塔で」
    「わかってないわね」
     範子はかぶりを振った。
    「クレージーキャッツは、ただの通過点に過ぎないわ。真の音楽は、彼らのさらにその後に存在しているのよ」
    「ふうん」
     文子は口をとがらせた。
    「じゃあ、範ちゃんのやつ、聞かせてよ」
     文子もヘッドホンをつけ、レコーダーのスイッチを入れた。
     三秒後には、その顔がしかめられた。
    「範ちゃん、いったいこの歌、誰の歌?」
    「山本正之に決まっているでしょう」
    「ああ、あのクレージーキャッツのエピゴーネンのアニメ作曲家か」
    「なんてこというのよ山本先生に!」
    「だってそうじゃない!」
    「訂正して山本先生に謝りなさい文子! クレージーキャッツみたいな原始的なグループといっしょになんかしたら、『燃えよ! ドラゴンズ』は歌えないわよ!」
    「歌わなくていいよそんな歌!」
     そして二人は顔をそろってこちらへ向けた。
    「作者さん、どう思う?」
     ……どっちも素晴らしい曲を多数作ったクリエイターたちだから、お前らいつまでも学校に残ってぐだぐだしていないで、家に帰って宿題でもしろ、まったく。
    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    【範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・44】へ  【範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・46】へ

    ~ Comment ~

    Re: ひゃくさん

    浴びると意外といいもんですよ命令電波(そうか?)

    NoTitle

    > ニャントロ星から降ってくる命令電波の影響だ(笑)

    はい、はい。
    命令電波、コワい、コワい(笑)

    Re: ひゃくさん

    人のせいではない。ニャントロ星から降ってくる命令電波の影響だ(笑)

    NoTitle

    > たぶんダラダラしているのは登場人物の意思だと思われ(笑)。

    やーい!やーい!
    人のせいにしてらー(爆)

    Re: ひゃくさん

    このシリーズを書いていたときはほとんど「お筆先」状態の自動筆記みたいなものだったから、たぶんダラダラしているのは登場人物の意思だと思われ(笑)。

    NoTitle

    > お前らいつまでも学校に残ってぐだぐだしていないで、家に帰って宿題でもしろ、まったく。

    いつまでも学校に残らせて、グダグダさせて、家に帰らせないで、宿題させないのは、何より作者のポールナントカだと思う!(笑)

    Re: ぴゆうさん

    植木等氏は、映画第一作の撮影のとき、「振り向く」というシーンをいくら撮っても監督がOKを出さず、困り果ててヤケクソになって振り向きざまに「わーっはっはっは!」と笑ったところOKが出て、以降映画の方向性が決まってしまったそうであります。

    あの人実生活では真面目のかたまりのような人ですから、さぞやつらかったんじゃないのかなあ。

    いや映画も歌も面白いのですけれど。

    Re: ネミエルさん

    たしかによくできたゲームですが、個人的には、ボードゲームはカードを引いたりサイコロを振ったりする要素があったほうが好みです(^^)

    だからネミエルさんもだまされたと思ってあのTRPGを(^^)

    NoTitle

    わたし、日本一のゴマすり男が好きだなぁ。
    植木等は、絶対にグレーの地味な背広は着ないのよねぇ。
    筋はめちゃくちゃなんだけど、好きなのは風景なんだ。
    とても面白くて好き。
    また、見ようかな。
    DVDがあるんにゃv-391

    NoTitle

    オセロ面白くないですか!?
    超面白いですよね!?

    僕大好きなんですけど!!
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・44】へ
    • 【範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・46】へ