FC2ブログ

    「範子と文子の驚異の高校生活(ギャグ掌編小説シリーズ・完結)」
    範子と文子の三十分一本勝負(ギャグ掌編小説シリーズ・完結)

    範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・48

     ←範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・47 →範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・49
    「ダメなのよね……」
    「ど、どうしたの、範ちゃん。いつもの範ちゃんらしくないよ」
     暗い顔でふさぎこんでいる範子に、文子はあわてた。
    「ダメなのよ……わたし、ダメな人間なのよ」
    「わたしはぜんぜんダメじゃないと思うんだけど、なにがあったのか、話してくれない、範ちゃん?」
     範子はいつもと比べてまるでミイラのようにやつれた顔で答えた。
    「わたしね……趣味でブログをやっていて、相互リンク先の巡回をしてるんだけど」
    「ブログだったら、わたしもやってるよ、範ちゃん」
    「そう。……あとで、タイトル教えてね。それはそうとして、ブログやってるなら、わかるでしょ。なにが一番楽しいか」
    「そうだね……ほかの人がつけてくれた、コメントを読むことだね。レスポンスが返ってくると、やっぱり嬉しいもんね。それから、アクセスカウンタとランキングをチェックして、一喜一憂するのも楽しいね」
    「アクセスカウンタとランキングはいいとして、ねえ文子、自分のコメント能力に自信がなくなったことってない?」
    「コメント能力? コメントを書くのに、能力なんかいるの?」
    「いるわよ。……人を傷つけない能力よ」
     範子の顔はますます暗くなった。
    「落ち着いて、範ちゃん。明るく、もっと明るく」
    「わたしね……相互リンクをしている人のところでは、自分がコメントを読むのが好きだから、ほかの人も好きだろうと思って、時間に余裕があるときはなるべくコメントを書くようにしているんだけど」
    「うんうん。いい心がけだと思うよ、範ちゃん」
    「でも……」
    「でも?」
    「時としてオーバーランして、失礼なことを書いてしまうときがあるのよ」
    「えっ?」
     範子は力なく笑った。
    「ほら、あまり硬いことばかり書いていると、読むほうもつまらないでしょう? だから、苦笑でもいいから笑ってもらおうと、ギャグを混ぜるんだけど」
    「うんうん」
    「そのギャグがあまりにも失礼すぎたんじゃないかって、ときどきすごく不安になって……」
     範子は、机に突っ伏して泣き始めた。
    「わたし、きっと、最後にはとてもひどいことを書いて、友達になった人みんなから縁を切られちゃうんだわ。そうだわ。きっとそうだわ」
     文子は、おろおろとなだめた。
    「考えすぎだよ、範ちゃん。きっと範ちゃんの書いたコメントは、読んだ人に喜んでもらえているよ。だって、わたしのお友達だもん、悪い人じゃないことは、きっとみんなわかってくれているよ」
     範子は、頭を上げ、涙でぐしゃぐしゃになった顔で答えた。
    「ほんとうに……?」
    「ほんとうだって、範ちゃん」
     文子から渡されたポケットティッシュで、涙を拭いて鼻をかみながら、範子はぼそぼそといった。
    「でも、『マカ《デ》ミアナッツ』って小説ブログの人には、ほんとうに悪趣味なジョークを……」
     文子の顔が険しくなった。
    「範ちゃん、今なんて?」
    「え、ほんとうに悪趣味なジョークを」
    「その前!」
    「『マカ《デ》ミアナッツ』って小説ブログ……」
    「範ちゃん。範ちゃんは、なんてハンドルネームを使っているの?」
    「『のりりん』だけど」
     文子の顔がいちだんと険しくなった。
    「じゃあ、昨日わたしのブログに書き込まれた、あの失礼で悪趣味なジョークは、範ちゃんのものだったの?」
    「え? じゃ、じゃあ、『ちょこまーぶる』さんって?」
    「わたしよ」
     激怒のあまり真っ赤になった顔で、文子はすっくと立ち上がった。
    「あんな失礼なことを書く人、知らない! 相互リンクは解消! さようなら、範ちゃん、もう絶交だからね!」
    「そ、そんな、そんな、文子!」
     許してもらえるまでには、範子は徹夜で謝らなければならなかったそうである。
    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    【範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・47】へ  【範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・49】へ

    ~ Comment ~

    Re: ひゃくさん

    まあ誰でもねえ……。

    NoTitle

    ありがち、ありがち(笑)

    Re: ひゃくさん

    いまだにツイッターで似たことを。気が大きくなっちまうんですな。あちゃちゃ。

    NoTitle

    > 範子は、机に突っ伏して泣き始めた。

    あー、私もそう!同じだー(爆)

    まー、何と言うか。
    あくまで笑いをとってるだけで、悪気はホンっト、全然ないんで、笑ってゆるしてやってくだしましー(笑)

    あ、他の人のブログも同じだからねー。
    一応、ついでに(爆)

    あ、みたいなこと書くからキラワレルのか?(笑)

    Re: ぴゆうさん

    振り返ってみればどこでも人様に対し無礼な発言ばかりしているから、もう恥ずかしいというかなんというか。

    だったら行いを改める、というのが普通ですが学習能力がないもので(汗)。

    まったくこのままじゃいつ実生活の重要なところで出てくるか……。

    NoTitle

    思い出すではないかv-391
    短気ぴゆうに火をつけたポール。
    轟々と燃え狂うぴゆうを鎮めたのはポール。
    真摯な態度に畏れ入谷の鬼子母神。
    私はポールと知り合えて良かったと心から思います。
    これからも何卒、宜しくお願いします。
    すぐ点火するぴゆう
    鎮めるポールに
    感謝するなりv-410

    覚え書き

    このネタは日記かエッセイでやるべきだったかも知れない。

    いつもいつもこのことで悶々しているもので。

    だったらわたしもくだらないギャグなどはじめから飛ばさなければいいのだが。

    うむむ。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・47】へ
    • 【範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・49】へ