FC2ブログ

    「範子と文子の驚異の高校生活(ギャグ掌編小説シリーズ・完結)」
    範子と文子の三十分一本勝負(ギャグ掌編小説シリーズ・完結)

    範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・52

     ←範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・51 →範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・53
    「ああ……あ。さんごく……」
     放課後の教室。どこか夢見がちな目をしていた範子に、文子は後ろの席から声をかけた。
    「三国がどうかしたの、範ちゃん?」
    「いや、ね」
     範子は振り向いた。
    「昨日、徹夜して、三国志ものの漫画を読んだんだけど」
    「うん」
    「それで思ったのよ、三国一の美女に生まれたらいいだろうなあって」
    「?」
     文子は首をひねった。
    「範ちゃん、範ちゃん、それって、つながり的におかしくない? 普通、三国志を読んだんだったら、三国志の中に出てくる美女になれたら、って思うのが普通じゃないの?」
    「文子」
     範子は苦笑いした。
    「この小説は、三十分で書き終えなければならないのよ。三国志に出てくる美女のほとんどは、一発変換されないような漢字を使っているのよ。三国志を代表する美女を語るのに、いちいち『呂布を誘惑して主君を討たしめた美女』なんて書くのは、めんどくさい上に、彼女にとっての侮辱だわ。それとも、文子、あなた、あの字書けるの?」
    「……書けないですごめんなさい」
     文子は頭を下げた。
    「それならいいんだけど。……あああ、わたしも三国一の美女と呼ばれたいなあ。三国一の美少女でもいいけどさあ」
    「範ちゃんだったら、それなりの素質があるんじゃないかなあ? なんたって、きれいでかっこいいもん。行動的なのは、今の世の中での美人の必要条件だもんね」
    「文子?」
    「なあに、範ちゃん?」
    「あなた、心の中で、『でもわたしほどではないけどね』って、思ったでしょ?」
     文子はぶるんぶるんと大きく首を振った。
    「そ、そんなことないよ、範ちゃん。ないったら」
    「どもるところがまた怪しいわ。まったく、肩がこりそうな……」
     範子は文子の胸元を見た。
    「だから、肩なんてこってないってば。もう、範ちゃん、そんな目で見るのはやめてよ」
     ……まさか、範ちゃんって、自分の容姿に対して、なにかコンプレックスでも持っているのかなあ。こんなに素敵なのになあ。わからないもんだなあ、と思う文子であった。
    「そういえば範ちゃん、三国一の三国って、どことどことどこなんだろう?」
    「知らないわ」
    「そんなあっさり!」
    「いいこと文子」
     範子は噛んで含めるようにいった。
    「今、作者の部屋にある本棚には『広辞苑』があるから、引こうと思えば一発で引けるけど、残り時間はあと十四分しかないの。貴重な時間をロスするのは惜しいのよ。ルシェルシェー?」
    「ルシェルシェー。……って、ルシェルシェー、って、なんなんだろう?」
    「だいたい今みたいなときにいう言葉らしいわよ」
    「英語って、奥が深いね」
    「これはフランス語らしいけど」
    「範ちゃん?」
    「なあに、文子?」
    「思うんだけどさ、わからないことについて、知ったかぶりすることもないと思うよ。誰もそんなことしたって感心なんかしないんだから」
    「…………」
    「範ちゃん」
    「なに?」
    「後、何分?」
    「十分ちょっとというところよ」
    「時間をロスしたね」
    「そうね」
    「じゃ、本題に戻って。範ちゃんは、どんな三国だったらいいなあと思う?」
    「そうだね……まず、日本でしょ」
    「自分の国だから当然だね。三国一の美女なんていわれて、となりのお姉さんに負けたりしたら恥ずかしいもんね」
    「そして……フランスかなあ」
    「範ちゃん、あんなところがいいの? だってあそこって、もとはといえば属州ガリアでしょう?」
    「いきなり古いところにいったわね……」
    「やっぱり、文明国じゃないと。だから、残り二国は」
    「?」
    「エジプトとシュメールだよね」
    「なんじゃあその通好みのシチュエーションはあ!」
    「え……文明国」
    「それは数千年前の話じゃない!」
    「じゃあ、もっと範囲を狭めて」
    「うんうん」
    「三時間目の国語の授業で一番美人」
    「あんたとはやっとれんわ! ええかげんにしなさい!」
     と、やったとたんに、範子と文子の顔には沈んだ色が。
    「こんなオチで……いいの?」
    「いいのよ、文子、作者がまともなストーリーを考えるまで、名もなく貧しく美しく、わたしたちは生きるのよ……」
    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・51】へ  【範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・53】へ

    ~ Comment ~

    Re: ひゃくさん

    調べたら中国・インド・日本だそうで。魏呉蜀などとはスケールが違った(笑)

    NoTitle

    だから、こういうお話にまでヘソ曲げちゃうのが、某隣国なんじゃないかと…(爆)

    Re: ネミエルさん

    ドイツもそうらしいですね。ビールとソーセージでぶくぶくに太るそうであります。もっとも、そうしたおばはんのほうが向こうの人にとっては「たくましくて頼りになる」ように見えるのかもしれません。わからんけど。

    NoTitle

    ロシアの女の人は16が花らしいです。
    そっからは劣化が激しいんだとか

    Re: ぴゆうさん

    中国にしろ西洋にしろ日本にしろ、「古典」というものは、胸に残る逸話の宝庫ですよねえ。

    だから面白く読まれてきたわけですが。

    NoTitle

    名もなく貧しいと云う割な二人。

    三国志の逸話は、本当に好き。

    心にズンと響く、ズンズンと
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・51】へ
    • 【範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・53】へ