FC2ブログ

    「範子と文子の驚異の高校生活(ギャグ掌編小説シリーズ・完結)」
    範子と文子の三十分一本勝負(ギャグ掌編小説シリーズ・完結)

    範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・54

     ←範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・53 →ネカフェより愛をこめて(またかい)
    「勝っちゃったわね」
    「そうだね、範ちゃん。ワールドカップ予選リーグ……」
     放課後の紅恵高校の教室。範子の言葉に、文子はうなずいた。
    「で、それなんだけど」
     範子は机から身を乗り出した。
    「サッカーってどんなルールだったんだっけ?」
     文子は椅子から転げ落ちそうになった。
    「範ちゃん、知らないの?」
    「そ、そりゃあ、知ってるわよ。単に聞いただけじゃない」
    「じゃあ、サッカーに関するルールをちょっといってみて」
    「え……」
     範子は考えるモードに入った。
     ぽくぽくぽくぽくちーん、と、昔のアニメ「一休さん」に出てきた効果音が聞こえたような感じを文子は覚えた。
    「わかった!」
    「ほんと、範ちゃん? というか、普通、サッカーの基本的なルールで悩むなんてこと、ありえないよ、範ちゃん」
    「いいじゃない、そんなこと」
    「じゃ、サッカーに必要な道具は?」
    「ボール!」
    「ほかには?」
    「……いるの?」
     文子は頭を抱えた。
    「まったくもう、範ちゃんってば……あれ? そういえば、範ちゃんって、『キャプテン翼』のコミックスを持っていたはずだよね」
    「ぎくっ」
     文子は、なんともいえぬ目で、範子を見た。
    「範ちゃん、それじゃ、サッカーのルールがわからないはずないじゃない。まったくひどいよ。わたしを笑わせようとしたんだろうけど、ちょっと、それはないんじゃないかなあ」
    「……ごめん、文子。でも、世の中に、知ってそうで知らないスポーツのルールって、けっこうあるわよね」
    「そうだね」
    「わたし、『オフサイド』のルールっていうのが、何回聞いてもちょっとよくわからないんだけど。敵陣に伏兵として味方を入れておくのは、戦法の常道のような気がするし」
    「常道なのは戦争のときの話でしょう、範ちゃん。たぶん、その作戦が有効すぎて試合がつまらなくなるから入れられたルールじゃないかと思うんだ、わたし」
    「そういうものなの?」
    「わからないよ。でもそうじゃないかなあ」
     範子はちょっと不服そうだった。
    「だったら、フェアかどうかでは、PK戦のルールはどうなわけ? たしか、なんとかいう偉い作家が、『PK戦などというアンフェアの極みみたいなルールがあるからサッカーはもっとルールを抜本的に変えるべきだ』といっていたような記憶があるんだけど」
    「うろ覚えの記憶による孫引きは避けたほうがいいよ。PK戦がそんなにアンフェアなルールだとは思えないけれど、じゃあ、フェアにするためにどうすればいいと思う?」
    「まず、ゴールに入れたら得点、というシステムをきれいさっぱり忘れる」
    「え……?」
     範ちゃん、またなにか突拍子もないことをいい出した、と文子は思った。
    「審判を三人にして、旗を持たせる」
    「……………………」
    「ゲームは二本先取で、それぞれ、『一本』『技あり』『有効』『効果』を……」
    「範ちゃん?」
    「こういうシステムにすれば、日本ももっと勝てるように……」
    「なるわけ、ないでしょっ! そっちのほうがアンフェアだよ。イエローカードを『教育的指導』とかいうわけ?」
    「あっ、それも面白いわね」
    「面白くないっ! 範ちゃん、このところギャグが低調だよ。このままでは、また読者が離れていっちゃうよ」
    「それはいやね」
    「だから、サッカーで勝ったときくらい、サッカーヨイショの発言をして、読者を呼び込むべきなのよ!」
    「…………だめ。文子、わたし調子が出ない」
    「なんで?」
    「日本対デンマーク戦を早起きして見ていたので、ふらふらなのよ。お願い。寝かせて。ZZZ……」
    「ピピー! レッドカード! 早く教室から退場なさい!」
    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    もくじ  3kaku_s_L.png X氏の日常
    【範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・53】へ  【ネカフェより愛をこめて(またかい)】へ

    ~ Comment ~

    Re: ひゃくさん

    ユニフォームがカッコ悪いんじゃなくて、

    「選手が似合わない」方が大きいんじゃ……(^^;)

    オリンピックの衣装は毎回カッコ悪いけど。昭和の東京オリンピックの時からして、紋付羽織袴でよかったんじゃないのかなあ、と思うぞわたしは。

    NoTitle

    ここだけの話、日本のサッカーのユニフォームって、なんで、いつもあんなにカッコ悪いんだろ?(爆)

    Re: ネミエルさん

    要するに、岡田監督も、プロのサッカーの監督だったということですよね。

    それにしても、交流戦4連敗のときの「岡田降ろせ」コールにもめげずにここまでやってのけた岡田監督は、ものすごくタフな人だったんですね。

    あの肝っ玉の一部でも今の政治家たちにあれば……うむむ。

    NoTitle

    サッカー勝ちましたねぇ。
    びっくりですよ。
    なんでしょうか。
    不思議ですよね。
    岡田さん馬鹿にしてすいませんでした。

    Re: ぴゆうさん

    逆に言えば、

    時事ネタはすぐに風化する、

    ということでもあるんですよね……。

    時事ネタ政治ネタ大好きなので特にそう思います。
    時事ネタマンガで風化しないのはいしいひさいち先生くらいだ。

    Re: あめふらしさん

    ワールドカップの勝利はめでたかったですが、マスコミやファンの、岡田監督に対する手のひらを返したような対応には腹が立ってならないであります。わたしがW杯からはある程度距離をおいていたからかも知れませんが。

    「ウォーロック」誌には、単行本になっていないゲームブックがけっこう訳載されたり日本人作家の新作を載ったりしていました。

    山本先生の未単行本化作品では、名作とわたしは思っているのですが、南米のジャングルで半裸の女の子と探検をする「ロスト・ワールドからの脱出」という痛快な作品も持っているので、またなにかあったらお送りしますね~♪

    イラストは、ぜひうちの看板娘、宇奈月範子と下川文子をお願いします……! というところなのですが、

    外見の設定については、

    範子「(髪が)つややかに輝き、どこか金色がかって見える」

    文子「すらりとした黒髪の少女」
    「範子に、肩がこっているんじゃないかといわれながら胸元を見られることがよくある」

    という以外なにも決まっていない、という罠が。

    これじゃ無理ですか……?(汗)

    「アニマルタイフーン」はやはり日本ゲームブック界の黒歴史です(笑)。

    NoTitle

    この文を何年か経って、読み返すと、

    時事を思い出す、よすがとなりそうな。

    そんな側面もあるショートだよねv-410

    NoTitle

    どうもです、お久しぶりです(^◇^;)

    ワールドカップ、予選突破しちゃいましたね!めでたい笑

    ところで、送って頂いた例のブツが、今日、出版社より私の手元に届きましたのでご報告させて頂きます!

    本当にありがとうございました!!

    頂いた贈り物もやはり見たことのないレアものでしたのでとても嬉しかったです♪

    お返事、少し遅くなってしまうかもしれませんが、必ずさせて頂きますね!

    よかったらイラストリクエストをどうぞ(笑。

    取り急ぎ、お礼まで!
    では、お互い頑張りましょう!!
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・53】へ
    • 【ネカフェより愛をこめて(またかい)】へ