FC2ブログ

    「範子と文子の驚異の高校生活(ギャグ掌編小説シリーズ・完結)」
    範子と文子の三十分一本勝負(ギャグ掌編小説シリーズ・完結)

    範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・57

     ←範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・56 →範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・58
    「…………っ」
     薄暗い教室。彼女は目を覚ました。机には、小さなチューブが載っている。ヘア・カラーだった。髪を黒く染めるものだ。
     誰もいない、がらんとした教室を見渡した。さすがに、夕方ともなると、さびしいものだ。
     帰るとするか……。
     彼女は、鞄を取って立ち上がろうとした。
     なかった。
     鞄がなかった。
     たぶん、親友が持っていったんだろう。まったくあの娘は……。
     あの娘?
     彼女は、名前が思い出せないことをいぶかしく思った。
     なんていったっけ。範子だっけ……文子だっけ……。
     彼女は凍りついた。
     わたしは誰だ?
     思い出せなかった。

     記憶喪失だろうか。彼女は、乱れる心を意志の力で抑えながら、なんとか論理的に考えようと努めた。
     わたしは、宇奈月範子か、下川文子のどちらかだ。それはわかっている。
     しかし、どちらなのかがわからない。
     彼女は、自分の髪を見た。
     黒かった。
     宇奈月範子は、日本人にしてはどこか金色がかった髪であるのに対し、下川文子は、烏の濡れ羽色という形容がぴったりの黒髪だ。
     だったら、わたしは下川文子だと考えて、間違いないだろう。
     だが。
     彼女は、机に置かれたヘア・カラーのチューブを眺めた。
     もしも、わたしがこれを使ったとしたら、わたしは宇奈月範子である可能性もありうる。
     鏡。
     だめだ。宇奈月範子も、下川文子も、鏡を持ち歩いてはいるが、どちらも鞄の中に入れている。
     彼女は窓を眺めた。
     ガラスは全て取り外されていた。教室をどうとかするということで、一時的に外されているのだ。
     自分の顔が満足に映るようなものはなにもない。
     誰だ。
     わたしは誰だ。

     そういえば、と彼女は思い出した。
     フランスの小説家、セバスチャン・ジャプリゾのミステリーに、シンデレラの罠、という作品がある。
     探偵で被害者で証人で犯人、という一人四役を狙った、大胆な作品だった。
     ある娘が、瓜二つの娘を殺してその娘に成りすますのだが、その過程において記憶を失ってしまい、自分がどちらの娘なのかわからなくなってしまう、という筋だ。
     自分もそれと同じだ。
     だが、論理的思考を積み重ねていけば、真相にたどりつけるはずだ。
     自分が座っている席は、下川文子の席で間違いない。
     やっぱりわたしは、下川文子なのか。
     だが、宇奈月範子は、下川文子のことが好きである、という態度を鮮明にしている。
     そうなると、下川文子の席に座っていたとしてもおかしくはない。
     だめだ。論理的思考にも、限界がある。
     彼女は立ち上がった。
     出よう。とにかく、この教室を出よう。出て、鏡を探そう。
     だが……。
     わたしは、鏡を見て、自分の顔を判別できるだろうか?
     怖い。
     わたしはすごく怖い……。

     よろよろと、彼女は教室の出口へ向かった。
     扉に手をかける。
     しかし、力を入れる前に、扉はすっと開いた。
     目の前に、見慣れた顔があった。手には、鞄を二つ持っていた。
     その瞬間、彼女は全てを思い出した。
     体育館に、ふたりで鞄を置き忘れてきたのを、この親友が取ってきてくれたのだ。
     しかし、それはもうどうでもよかった。
     彼女は、不思議そうな顔をしている親友の首にかじりつき、ただひたすら、泣き続けた……。
    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・56】へ  【範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・58】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle

    こ、怖い・・・(いろんな意味で

    しかも、なんか難しいです;こんがらがる;
    え?結果的にというかどっちだったんですか!?

    NoTitle

    う~ん、むづかしいですね。どっち?

    PC,帰ってくるんですね?
    しかし、この状況で毎日の更新、すごいです。

    NoTitle

    えっとつまり?
    どういうことなんでしょうか。

    え、なにこれ。

    今回難しい。

    NoTitle

    うーん。
    自分さえわからないのに、
    範子と文子の特徴もよく知っている。
    フランスの小説家、セバスチャン・ジャプリゾのミステリーを
    覚えているの。
    倫理がぶっ飛び過ぎだと思うv-12
    視点を変えれば、ポールの今の状態がいかに大変なのか、
    よくわかる作品かもね。v-391

    NoTitle

    PCショップから電話。明日の夜にはPCのオーバーホールを終えて返却できる由。

    じゃあ、今日さえ更新すれば、毎日更新が続くじゃ~ん!

    と考えてネカフェから更新中。

    単に依存症ともいう(笑)。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・56】へ
    • 【範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・58】へ