FC2ブログ

    「範子と文子の驚異の高校生活(ギャグ掌編小説シリーズ・完結)」
    範子と文子の三十分一本勝負(ギャグ掌編小説シリーズ・完結)

    範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・82

     ←範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・81 →範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・83
    「暑いわね、文子」
    「ほんとだね」
     窓からは日光が差し込んできていた。紅恵高校名物、魔の夏期講習も授業時間を過ぎ、普通の高校生なら全員下校しているところである。そこを理由もなにもなしに居残っているのだから、この二人、暇人であった。
    「もうね、文子、この空気が、もわっとしてるのはなんとかしてほしいわね。考えただけで、暑さが……文子?」
     ふと見ると、文子は、なにか見えないものでも見ているかのようだった。
    「文子? どうしたの、文子?」
    「しっ。……耳をすませて。なにか、わたしたちのほかにも、ここにいない?」
     範子はあきれた、とでもいうように肩をすくめた。
    「いるわけないじゃない。ここにいるのは、というより、あるのは、わたしと、文子と、それとこのもわわわわっとした暑苦しい空気だけよ」
    「それだよ!」
     いきなり、文子は叫んだ。
    「な、なによ、文子?」
    「それよ。ううん。幻想でもなんでもないわ。わたしに語りかけているのは、この暑い空気よ! 暑い空気が、その熱でもって、わたしにコミュニケーションをとろうとしているんだよ!」
    「そんなバカなわけないでしょう。文子、あなた、紫外線に当たりすぎておかしくなっちゃったんじゃないの?」
    「違うよ。そうだな……もしかしたら、風を送ればコミュニケーションできるかも。ここをこうして。ここをこうして。わたしの名前は、下川文子。あやこ。わかりますか?」
     急にそこらの空気をぱたぱた扇ぎだした文子を見て、範子は、ほっといて帰ろうか、と半ば本気で思った。しかし、自分としては本気で好意を抱いている相手を、危うい状況で放り出していいわけがない。少なくとも、病院へは一緒について行かなくてはまずいだろう。
     範子の見ているところ、文子は本格的におかしくなりつつあった。
     笑いながら、なにかとしゃべっているようだ。
    「そうなの。生まれたばかりなのね。でも、あなたにとっては、遠い昔か。淋しくない? ああ、淋しいってことがわからないのね。淋しいっていうのは、ひとりぼっちでいるときに、心の中に芽生えてくる感情のことよ」
     範子はいらいらとしてきた。
    「……文子、なにをごちゃごちゃいってるの?」
     文子は、ちらりと範子を見た。
    「……そうなのよ。あの娘、範子っていうんだけど、ちょっと淋しいことをいってるのよね。いつもはそんなこともないんだけど」
     範子は友人の肩を揺さぶった。
    「ほんとにしっかりしてよ文子! ここにあるのは、さっきもいったとおり、わたしとあなたのほかには、もわっとした空気だけよ!」
     文子は、ぽん、と手を叩いた。
    「……そうだ。あなたにも、名前をつけてあげる。もわっとしてるから、モワちゃんっていうのはどう? 熱と空気分子の持つ『場』でできているあなたに、ぴったりだと思うんだけど」
     範子は頭を抱えた。文子は、どうやら熱射病かなにかのせいで、脳に重大なダメージを負ってしまったのかもしれない。とにかく、スポーツドリンクと、水で濡らしたタオルだ!
     考えたら即行動に移す、というのが範子の基本方針だった。とにかく、まずできること、それは、階下の自動販売機に冷えたスポーツドリンクを買いに走ることだった。
     範子は急いで階段を駆け降り、財布から小銭を抜き出して、なんとかいう弱小のメーカーが出した、怪しげなポカリスエットのコピー商品をふた缶買った。文子のほかに、自分も飲むためである。
     ちらりと空を見上げた。入道雲がもくもくと成長しているのが見えた。
     再び教室に戻ると、文子は表情をこわばらせていた。
    「お別れ……どういうこと?」
     暑いからでしょう、と、範子はつぶやいたが、文子には聞こえていないようだった。
    「空を見ろ……?」
     はっとすると、空は暗くなっていた。
    「さよならって……」
     どっと夕立が降ってきたのは、まさにそのタイミングだった。気温は一気に涼しくなった。
     文子は顔を覆って泣き始めた。範子は……とりあえず文子にスポーツドリンクの缶を渡した。

    「わたしにはまだ信じられないんだけど」
    「モワちゃんはいたよ、絶対に」
     文子は頑固だった。夕立を避けた校舎で、鼻をすすりあげながら、スポーツドリンクを飲んだ。
    「わたしが悲しいのは、モワちゃんと別れたからだけじゃないの」
    「はあ」
    「モワちゃんに、淋しい、という言葉を覚えさせてしまったから、というのもあるの。もしわたしが、そんな言葉を覚えさせなかったら、モワちゃんは……」
    「まあ、しかたなかったんじゃない」
     文子は、椅子に座り込んで、静かに歌を歌い始めた。
     「青葉城恋歌」だった。やがて範子も声を合わせた。

     時はめぐり また夏が来て
     あの日と同じ 流れの岸
     瀬音ゆかしき 杜の都
     あの人はもういない……
    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・81】へ  【範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・83】へ

    ~ Comment ~

    覚え書き

    FIGHT・22でゴキブリを殺して安易にオチをつけたことをこれほど後悔するとは思わなかった(^^;)

    えー……。

    あー……。

    FIGHT・22と今回のFIGHT・82はパラレルワールドで、別な範子で、別な文子です(^^)

    きっと。たぶん。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・81】へ
    • 【範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・83】へ