FC2ブログ

    「範子と文子の驚異の高校生活(ギャグ掌編小説シリーズ・完結)」
    範子と文子の三十分一本勝負(ギャグ掌編小説シリーズ・完結)

    範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・83

     ←範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・82 →範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・84
    「困ったわ」
    「なにが困ったの範ちゃん?」
     紅恵高校、夏期講習後の教室。範子は深刻な顔をしていた。
    「もうネタがないのよ」
    「それは前から何度となくいってることだよ、範ちゃん。前からずーっと、ネタがないネタがないとかいいながら、これまで八十回以上やってきたよね。だからこれからも大丈夫だよ」
    「甘いわ。それは希望的観測というやつよ」
     範子はびしっといった。
    「このままでは、もしかしたら、あまりのネタのなさと読者数の少なさから、このショートショートは気がついたらアダルトものになってしまっているかもしれないわ」
     範子は頭を抱えた。
    「もしもそんなことになったら、相互リンクしていただいているサイトの皆様のうち、少なくとも半数から絶交されて、わたしたちは目標の百話までいかずに路頭に迷うことになるのよ。それだけは避けなくちゃ」
    「うーん……」
    「だからとにかく、今はだべって時間を稼ぎ、なにか天啓が降りてくるのを待つの。いいこと?」
    「うん」
    「よろしい」
     範子は腰に手を当て、うなずいた。
     しかし、天啓が降りてくる気配は一向になかった。
    「文子、なにかしゃべってくれない」
    「なにについてしゃべればいいの、範ちゃん?」
    「もうなんでもいいから! 相撲だろうと熱中症だろうとなんとかサンシャインだろうとなんでもいいから!」
    「範ちゃん、あんな番組見てるの……いい年して」
    「いい年だろうと面白いものは面白いのよ。……ほら、会話が回転してきた」
    「そうかなあ? なんか、ちっとも盛り上がらないお見合いみたいだよ、これって」
    「そうそう。破談目指して一直線みたいな」
    「破談か……」
     文子は、そういった直後、はっと思いついたかのように範子に向かった。
    「そういえば、範ちゃんって、財閥の令嬢だよね、たしか」
    「そ、そうだけど?」
     文子の目が妙な色で光った。
    「じゃ、これまでにも、お見合いとかしたことあるんじゃない?」
    「そ……それは」
    「あるんだ」
     文子は興味津々、とでもいいたげに範子の目を見た。
     その姿は、まるで獲物に向かう肉食獣である。
    「どんな人だったの?」
    「どうって……」
     範子は懸命に思い出そうとしていた。
    「一回や二回じゃないから……」
    「一回や二回じゃない!」
     文子の目からはなにか光線でも出ているかのようであった。
    「それは聞き捨てなりませんね範子さん」
    「テレビの芸能リポーターみたいなことをいうのはよさない、文子?」
    「よさない。こんな面白い話ないもんね。大丈夫、駒子ちゃんたちには黙っているから」
     範子は文子の顔をじっと見た。
     かぶりを振った。
    「ウソよウソだわ絶対ウソだわ」
    「ウソじゃないよ、範ちゃん。第一回目は、いつ?」
    「小四……」
    「小四!」
     文子の顔に驚きの色が。
    「ちょっとそれ、どこのロリコンのペドが相手なの?」
    「そんなわけないでしょう。相手はわたしより年下の、小学三年生だったわ」
    「ああ、そうだね、普通そうだよね。で、そのお話は?」
    「破談。とにかく、甘やかされたガキで、デブで、出された菓子に文句をつけて、代わりにポテトチップスを大袋で三つも食べるようなやつだったわ。あれで、見合いとか、いいなずけとかに対し、深刻な疑念を抱くようになったわね」
    「はあ」
    「あれ以来よ。寄ってくる男に嫌悪感しか抱かないようになったのは。まったく、うちの親も、最初の人選には気をつけてほしかったわね」
    「てことは……」
    「見合い話はこれまでことごとく破談。でも、それがよかったのかもね」
    「え?」
    「だって……いや、なんでもないわ」
     範子は顔を赤らめた。
     これからさらに文子によって追及は続くのであるが、見合いだけに後は若い二人に任せておきましょう。
     ……ってひどいオチだなまったく。
    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・82】へ  【範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・84】へ

    ~ Comment ~

    Re: limeさん

    エキゾチックで時代錯誤といったら、「自由恋愛」という言葉もありますな(^^)

    明治大正昭和初期に至るまで、ずっと大人たちの眉をひそめさせてきたこの言葉が、もう今に至ると(^^)

    今では事態がさらに上をいっていて(^^)

    limeさんならお見合いなんかやらなくたって、もてるのではありませんか?(ニヒヒ(^皿^))

    NoTitle

    そういえば、今もいいなずけって、あるんでしょうかね。
    なんだか悲しい響きもありますが、ちょっとエキゾチックで時代錯誤でいいですね。←勘違いしてるかな?

    お見合いって言うのも、一度もやったことがないので、一度やってみたかったです。
    いえ、やってみたいです(おい)

    Re: ネミエルさん

    相手のガキも生意気でしたが、当の範子ちゃんのほうもけっこうきついことをいったのではないかと思います。

    趣味が趣味ですからねえ。


    とりあえず今はハミガキ粉のようにがんばります。

    Re: トゥデイさん

    あのふたりは、書いていると勝手にしゃべってくれるので、書くことに詰まったときにはありがたいです。

    その前に、原稿も頭も真っ白な状態でPCに向かう、というのをなんとかすればいいだけかもしれませんが(笑)

    百話終わったときには燃え尽きていたらやですが……。

    Re: ミズマ。さん

    まあ時事ネタではありますが(爆)

    あの番組、最近の子供番組の中で一番面白いので好きです(いい年して……(爆))

    NoTitle

    いいじゃないですか
    小4とかぶちのめしたいぐらいに生意気なときですよね。
    よく弟泣かしてました。
    トゥデイさんも言うとおりに良いキャラばかりじゃないですか。
    僕もまともなキャラ作れないのに
    ケチャップのごとくがんばってください。
    • #1677 ねみ(Why did you do?) 
    • URL 
    • 2010.07/26 23:08 
    •  ▲EntryTop 

    良かったですね。うまいこと話が転がって。
    やっぱ持つべきものはいいキャラクターだ。私まともにキャラクター作れないもん。
    金持ちネタは今までも割と使ってましたよね。頑張ればもう少し絞り出せるんじゃないですか。
    マヨネーズのごとく頑張って下さい。

    なんとかサンシャインはあれですか。
    池袋でも、ガ○ダム(それはシャイニングだッ!)でもなく、
    彼女ひとりだけいればみんなの心の花を守れるんじゃなかろーか、と私に疑念を抱かせた黄色い子ですか。
    かわいいんだけど、ピンクとブルーの存在意義が……。

    なんつって!
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・82】へ
    • 【範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・84】へ